1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
87件中 81 - 87件表示
  • 中東

    中東から見たパレスチナ

    以降、欧米諸国では、「中東」はほぼアフガニスタンを除く西アジアとアフリカ北東部の国々を指す概念として用いられ、具体的には、アラブ首長国連邦(UAE)、イエメン、イスラエル、イラク、イラン、エジプト、オマーン、カタール、クウェート、サウジアラビア、シリア、トルコ、バーレーン、ヨルダン、レバノンの諸国、及びパレスチナ自治政府の管轄地域がその概念の中に含まれている。中東 フレッシュアイペディアより)

  • 中東

    中東から見たワールドトレードセンター (ニューヨーク)

    こうしたアメリカの中東への介入によりイスラム原理主義勢力はアメリカに対する憎悪を深め、2001年にアメリカ同時多発テロ事件が勃発、アメリカの富の象徴、ニューヨーク・マンハッタンの世界貿易センタービル(ワールド・トレード・センター)、並びにアメリカの国防機関の中枢、国防総省へのテロが発生し、時のジョージ・W・ブッシュ大統領は、このテロを「新しい戦争」と呼び、ますます中東への介入を強めた。中東 フレッシュアイペディアより)

  • 中東

    中東から見たレフコシャ

    1 2(トルコ語:'') - レフコシャ中東 フレッシュアイペディアより)

  • 中東

    中東から見たアフリカ

    中東(ちゅうとう、Middle East または Mideast)は、狭義の地域概念では、インド以西のアフガニスタンを除く西アジアとアフリカ北東部の総称。西ヨーロッパから見た文化の同一性や距離感によって、おおまかに定義される地政学あるいは国際政治学上の地理区分。中東 フレッシュアイペディアより)

  • 中東

    中東から見たヨーロッパ

    2 ヨーロッパにも分類され得る中東 フレッシュアイペディアより)

  • 中東

    中東から見た不安定の弧

    冷戦崩壊以降、国際安全保障環境は民族・宗教対立の表面化、核拡散、国際秩序の地域分化などが顕著となった。アメリカは、産油国でありながらかつ紛争の絶えない中東への介入を強め、湾岸戦争を皮切りにリビア、イランとの対立を深めてきた。2001年における4年ごとの国防見直し(QDR)においては中東から東アジアにかけての広い地域を不安定の弧と位置づけ、対アジア戦略の中枢に据えてきた。中でも中東は紛争の絶えない地域でありアメリカの世界戦略の軸とされてきた。中東 フレッシュアイペディアより)

  • 中東

    中東から見たインド洋

    20世紀前半の中東は欧米列強の侵略に悩まされた地域であり、日露戦争において日本が欧米列強の一員であるロシアに対して勝利した事は、中東諸国を含めたアジア諸国に大きな希望を抱かせた。植民地支配からの独立後、また中東戦争時に欧米諸国が一斉に人材や資本を引き上げた時に西側諸国として唯一、政府開発援助や国際協力機構(JICA)による人を通じた国際協力を続けたため親日感情を持つものも多いという事実がある。特に日本にとっては豊かな産油国であるこれらの国との関係はエネルギー安全保障上において重要なパートナーであり、日本から東南アジア、インド洋、そして中東にかけて伸びる海洋交通路即ちシーレーンの防衛が課題となっている。中東 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
87件中 81 - 87件表示

「中東」のニューストピックワード