前へ 1 次へ
8件中 1 - 8件表示
  • 群馬県

    群馬県から見た中毛中毛

    県域南部は関東平野の北端に当たり、中毛・西毛・東毛の三地域に分けられる。他の関東地方平地部と同様に夏季多雨、冬季少雨を呈する。中毛地域の前橋市は畜産業などの農業が盛んである。西毛地域の高崎市は商工業を中心に発展しており、群馬県における交通の要衝である。前橋市や高崎市周辺は県の施設が多数設置され県の中心地域となっている。群馬県 フレッシュアイペディアより)

  • 陸上交通事業調整法

    陸上交通事業調整法から見た中毛中毛

    東武鉄道については、1943年5月に下野電気鉄道(現在の東武鬼怒川線)、同年7月に越生鉄道(現在の東武越生線)、1944年3月に総武鉄道(現在の東武野田線および東武バスイースト。ただし、京成ブロックにかかる柏 - 船橋間は分断せず)を合併している。バスに関しては、子会社の東武自動車が東武本線と東武東上線沿線の群小会社を整理統合し、また同社は陸運統制令に基づき調整地区外の埼玉県(秩父地区を除く)、群馬県(東毛・中毛・北毛地区)、栃木県(栃木小山・両毛地区)の統合主体となっていたが、上記の総武鉄道合併に伴い直営と東武自動車の二本立てとなっていた。1947年6月、東武鉄道は東武自動車を合併して直営とした。陸上交通事業調整法 フレッシュアイペディアより)

  • 焼きまんじゅう

    焼きまんじゅうから見た中毛中毛

    焼きまんじゅう(焼き饅頭、やきまんじゅう)は、群馬県地方の郷土食の一種。前橋市・桐生市・伊勢崎市・太田市・館林市などの中毛・東毛地区が本場とされる。焼きまんじゅう フレッシュアイペディアより)

  • 東毛広域幹線道路

    東毛広域幹線道路から見た中毛中毛

    東毛広域幹線道路(とうもうこういきかんせんどうろ)は国道354号の交通混雑解消と群馬県の中毛・西毛地域(県央地域)と東毛地域の連絡強化のために計画された高崎市から邑楽郡板倉町に至るバイパス群の総称である。東毛広域幹線道路 フレッシュアイペディアより)

  • おっきりこみ

    おっきりこみから見た中毛中毛

    北毛や西毛では味噌を使ったつゆが多いが、東毛では醤油が多く、中毛ではどちらも用いられる。東毛は醤油生産が盛んで、おっきりこみを食べる機会が少なかったため、醤油が高価だった時代にも用いることができたという背景がある。古くは味噌が主流だったが、醤油が一般家庭に普及すると、次第に東毛から醤油ベースのものが伝播していった。おっきりこみ フレッシュアイペディアより)

  • 高崎市

    高崎市から見た中毛中毛

    焼きまんじゅう・・・本場は群馬県中毛・東毛地区とされる。高崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 国道354号

    国道354号から見た中毛中毛

    群馬県佐波郡玉村町付近から茨城県坂東市付近までを利根川とほぼ並走する。群馬県では中毛・西毛地域と東毛地域を連絡する路線として交通量が多いが、市街地を経由したり右左折する箇所が多いこともあり、通勤・帰宅時には混雑する。そのため、バイパスとして高崎市と邑楽郡板倉町を結ぶ東毛広域幹線道路が計画され、整備が進められている。国道354号 フレッシュアイペディアより)

  • 北毛

    北毛から見た中毛中毛

    なお、渋川市と北群馬郡の榛東村・吉岡町は中毛に含まれる場合がある。北毛 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 次へ
8件中 1 - 8件表示

「中毛のできごと」のニューストピックワード