前へ 1 2 3
25件中 1 - 10件表示
  • 東濃

    東濃から見た中濃中濃

    中央本線・国道19号・中央自動車道が、幹線交通路として横断する。このため、岐阜市など県内の他の地域よりは、名古屋市や春日井市など国道19号(旧下街道)沿線や、瀬戸市など国道363号(旧中馬街道)沿線の市町村との交流が圧倒的に深い。西濃および岐阜地区へ行くには小牧JCTや名古屋駅など一旦、愛知県内を経由した方が早いケースが多い。これは高山本線・太多線の岐阜駅?多治見駅が非電化で本数、両数が少ないのと、木曽川に沿って県境が北に弧を描く様に引かれているのが大きな要因である。但し、東海環状自動車道豊田東JCT?土岐JCT?美濃関JCTの開通により、中濃および愛知県西三河地方との交通アクセスが向上し、交流関係にも変化が見られる。また、東側で接する長野県(特に中信・南信)とも繋がりが深く、文化も共通する部分が多い。東濃 フレッシュアイペディアより)

  • めぐみの農業協同組合

    めぐみの農業協同組合から見た中濃中濃

    2003年に中濃地域を管轄する5つの農協(JA中濃、JA郡上、JAおくみの、JA美濃加茂、JA可児)が合併して結成された。めぐみの農業協同組合 フレッシュアイペディアより)

  • 陸上交通事業調整法

    陸上交通事業調整法から見た中濃中濃

    中京圏では、法制定に3年先立つ1935年に名古屋鉄道(名岐鉄道と愛知電気鉄道が合併)が誕生した。既に名岐鉄道は美濃電気軌道(現在の名鉄名古屋本線笠松?名鉄岐阜間、後の岐阜市内線など)、各務原鉄道(現在の名鉄各務原線)などの合併によって愛知県尾張北部から岐阜県中濃地方にかけての鉄道網をほぼ独占しており、私鉄統合の基盤は確立していた。法制定後、名鉄は瀬戸電気鉄道(現在の名鉄瀬戸線。1939年)、渥美鉄道(1940年)、三河鉄道(現在の名鉄三河線。1941年)、知多鉄道(現在の名鉄河和線)、東美鉄道(現在の名鉄広見線)、竹鼻鉄道(現在の名鉄竹鼻線。1943年)などを合併。1944年の碧海電気鉄道(現在の名鉄西尾線の西尾以北)、谷汲鉄道の合併によって、現在に至る路線網を形成するに至った。なおこの時、路線を国家買収された豊川鉄道・鳳来寺鉄道(現在のJR東海飯田線の南部)も合併している。終戦後、名鉄は大東急や近鉄、京阪神急行のように分割されることもなく、旧渥美鉄道を傍系の豊橋鉄道に譲渡(1954年)したに留まり、中部唯一の大手私鉄の地位を築いていくことになる。陸上交通事業調整法 フレッシュアイペディアより)

  • 朴葉寿司

    朴葉寿司から見た中濃中濃

    朴葉寿司(ほおばずし)は岐阜県の飛騨地方の南部から東濃・中濃地方、長野県木曽地方の郷土料理。奈良県の吉野地方でも作られている。朴葉寿司 フレッシュアイペディアより)

  • 大垣市民病院

    大垣市民病院から見た中濃中濃

    そのほか診療面の特徴として、本院は病院の規模が大きく手術数が全科的に非常に多くなっている。脳神経外科においては近隣に常時手術を行える病院がないため、緊急の場合には西濃地域のみならず三重県北部や滋賀県北・東部から搬送されてくることも少なくない。循環器科に関しては虚血性心臓病の症例数が非常に多く名古屋大学関連病院としては最多、全国でも有数の症例数となっている。形成外科に関しては本科自体の設置病院数が少ないことと常勤医3名という充実した診療体制もあり、診療圏は滋賀県東部から岐阜・中濃地域、愛知県西部にまで至っている。また癌診療においては地域がん診療連携拠点病院に指定されており胃がん・直腸がん・結腸がんなど消化器系の癌においては、いずれも全国でも最多クラスの症例数となっている。内科分野に関しては、血液内科において無菌室が7室備えられているほか、化学療法や造血幹細胞移植など高度な診療水準となっている。また呼吸器科に関しては、1996年より近隣の医療機関と協力して西濃喘息研究会を立ち上げ、西濃地域における喘息での死亡者数を0に近づける努力が行なわれている。そのほか放射線照射に関しても日本でもトップレベルの実施数となっている。そのほか地域災害医療センター・小児救急医療拠点病院・第二種感染症指定医療機関・西濃地域リハビリテーション広域支援センターなどの指定を受けており、西濃地域の基幹病院としての重責を負っている。大垣市民病院 フレッシュアイペディアより)

  • 北濃

    北濃から見た中濃中濃

    地域として北濃と呼ぶ事は少なく、中濃地区に含まれることが多い。しかし、行政、文化面、人的交流等でも他の中濃地区とは全く異なり、別の地域と解釈して北濃と呼んでいるようである。最近では奥美濃と言われることも多い。北濃 フレッシュアイペディアより)

  • いももち

    いももちから見た中濃中濃

    通常米を炊く要領で、皮をむいた里芋と米(餅米ではない)を一緒に炊き上げる。炊き上がったものを棒などでつぶして混ぜ合わせ、それを丸餅形に整形する。すりおろした生姜と醤油を混ぜて作ったタレで餅を味付けして焼き上げる。焼く際に立ち込める生姜醤油の香ばしい香りが特徴である。県内でも特に中濃地方に見られる料理で、家庭用の電気炊飯器でも作ることができる。地域の祭でも特産品として販売されることもある。いももち フレッシュアイペディアより)

  • 美濃

    美濃から見た中濃中濃

    美濃地方のこと。上記、美濃国に由来する岐阜県の南部地域。岐阜・西濃・中濃・東濃の各地域に細分される。美濃 フレッシュアイペディアより)

  • 岐阜東バイパス

    岐阜東バイパスから見た中濃中濃

    昭和40年代から、岐阜市と中濃地区(関市、美濃市)を結ぶ国道156号は、年々増加する自動車通行量に対し、道路規格が脆弱化した。また、隣接して名鉄美濃町線(現在は廃線)があり、道路拡張も困難であった。これを救済するため、建設省(現在の国土交通省)が建設したバイパスである。岐阜東バイパス フレッシュアイペディアより)

  • 東濃

    東濃から見た中濃地区中濃

    5分割(その2)では、中濃地区を美濃地区とする場合もある。東濃 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
25件中 1 - 10件表示