37件中 21 - 30件表示
  • のうりん

    のうりんから見た中濃中濃

    岐阜県中濃地方にある架空の農業高等学校。通称は「のうりん」。明治45年創立で、100周年を迎える伝統校である。1学年5クラスで、学ぶ内容により生産科学科、生物工学科、流通科学科、造園学科、林業工学科に分かれている。2年に進級すると、学科内でも各専攻に分かれる。のうりん フレッシュアイペディアより)

  • 木沢記念病院

    木沢記念病院から見た中濃中濃

    岐阜県下最大の民間病院で、中濃地域の中核病院として機能している。1913年4月に開設された診療所である「回生院」に始まり、岐阜県を中心とした東海地方の地域医療に貢献している。木沢記念病院 フレッシュアイペディアより)

  • 西濃

    西濃から見た中濃地区中濃

    5分割(その2)では、中濃地区を美濃地区とする場合もある。西濃 フレッシュアイペディアより)

  • 西濃

    西濃から見た中濃中濃

    東濃地区へ行くには小牧JCTや名古屋駅など一旦、愛知県内を経由した方が早いケースが多い。これは高山本線・太多線の岐阜駅〜多治見駅が非電化で本数、両数が少ないのと、木曽川に沿って県境が北に弧を描く様に引かれているのが大きな要因である。但し将来、東海環状自動車道養老JCT〜美濃関JCTが開通すると、中濃および東濃との交通アクセスが向上し、何らかの変化が見られるだろう。西濃 フレッシュアイペディアより)

  • 関市

    関市から見た中濃中濃

    岐阜県の中央部(中濃地方)に位置し、岐阜市に隣接、名古屋市から約40kmの距離にある。2005年(平成17年)の合併により美濃市を挟むようにV字型の市域になった。なおその合併により現在日本の人口重心地は関市内(旧武儀町域内)に位置している。総面積のうち旧関市域は約6割、旧武芸川町域は約3割が可住地だが、その他の地域の可住地面積の割合は1割にも満たない。市名は市内にあった濃州関所に由来。関市 フレッシュアイペディアより)

  • 美濃弁

    美濃弁から見た中濃中濃

    北・中部圏 - 飛騨・北濃・中濃北部・東濃北部美濃弁 フレッシュアイペディアより)

  • 富加町

    富加町から見た中濃中濃

    富加町(とみかちょう)は、岐阜県中南部にある町。濃尾平野の最北端にあたる(旧飛騨街道出入り口)。又、中濃(美濃・美濃国)の中心位置に値する。「日本最古の戸籍ゆかりのまち」。富加町 フレッシュアイペディアより)

  • 岐阜東バイパス

    岐阜東バイパスから見た中濃中濃

    昭和40年代から、岐阜市と中濃地区(関市、美濃市)を結ぶ国道156号は、年々増加する自動車通行量に対し、道路規格が脆弱化した。また、隣接して名鉄美濃町線(現在は廃線)があり、道路拡張も困難であった。これを救済するため、建設省(現在の国土交通省)が建設したバイパスである。岐阜東バイパス フレッシュアイペディアより)

  • 美濃市

    美濃市から見た中濃中濃

    美濃市(みのし)は、岐阜県、中濃地方の中央に位置する市。美濃市 フレッシュアイペディアより)

  • 陸上交通事業調整法

    陸上交通事業調整法から見た中濃中濃

    中京圏では、法制定に3年先立つ1935年(昭和10年)に名岐鉄道と愛知電気鉄道が合併し名古屋鉄道が誕生した。既に名岐鉄道は美濃電気軌道、各務原鉄道などの合併によって愛知県尾張北部から岐阜県中濃地方にかけての鉄道網をほぼ独占しており、私鉄統合の基盤は確立していた。法制定後、名鉄は瀬戸電気鉄道(1939年)、渥美電鉄(1940年)、三河鉄道(1941年)、知多鉄道(1943年)、東美鉄道(1943年)、竹鼻鉄道(1943年)などを合併。1944年(昭和19年)3月1日の碧海電気鉄道、谷汲鉄道の合併によって、現在に至る路線網が出来上がった(なおこの時、路線を国家買収され飯田線の一部となった豊川鉄道と鳳来寺鉄道も合併している)。終戦後、名鉄は大東急や近鉄、京阪神急行のように分割されることもなく、旧渥美電鉄線を傍系の豊橋鉄道に譲渡(1954年)したに留まり、中部唯一の大手私鉄の地位を築いていくことになる。陸上交通事業調整法 フレッシュアイペディアより)

37件中 21 - 30件表示

「中濃のできごと」のニューストピックワード