1 2 3 4 次へ
37件中 31 - 37件表示
  • 斎藤利治

    斎藤利治から見た中濃中濃

    森氏軍記では、「加治田は森武蔵守殿三人懸けの大名・人持にて候。」との記載がある。初代佐藤忠能から二代斎藤利治にかけての領地は、太田・古井・飛騨川の線・武儀郡・郡上郡・益田郡・加茂郡の中濃全域と、飛騨国や他国の一部に達し、何十万石以上と言われていた。斎藤利治 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の市外局番

    日本の市外局番から見た中濃中濃

    057 - 岐阜県中濃・東濃・飛騨地方(058・076地域を除く)と長野県木曽郡南木曽町田立地区。日本の市外局番 フレッシュアイペディアより)

  • 岐阜乗合自動車

    岐阜乗合自動車から見た中濃中濃

    岐阜乗合自動車は1943年に、岐阜地区・中濃地区の戦時統合で以下の12業者を統合して誕生している。岐阜乗合自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 可児市

    可児市から見た中濃地域中濃

    可児市は一般に中濃地域に区分されるが、東濃地域とする場合もある。その他にも可児市と美濃加茂市、可児郡、加茂郡を可茂と呼称する事も多い。近隣都市の中では多治見市に次いで人口が多い。しかし、中濃・可茂の枠組みでは歴史的流れから隣の美濃加茂市が中心都市として挙げられている。可児市 フレッシュアイペディアより)

  • 織田信長

    織田信長から見た中濃中濃

    永禄9年(1566年)、加治田城主・佐藤忠能と加治田衆を味方にして中濃の諸城を手に入れ(堂洞合戦、関・加治田合戦、中濃攻略戦)、勢力圏とし、義弟斎藤利治を佐藤忠能の養子とし、二代目加治田城主として、斎藤道三の正式な美濃斎藤氏後継者として有力国人衆美濃佐藤氏と加治田衆を与力とし親族衆として支配した。さらに西美濃三人衆(稲葉良通・氏家直元・安藤守就)などを味方につけた信長は、ついに永禄10年(1567年)、斎藤龍興を伊勢国長島に敗走させ、尾張・美濃の2ヶ国を領する大名になった(稲葉山城の戦い)。このとき、井ノ口を岐阜と改称した(『信長公記』)。織田信長 フレッシュアイペディアより)

  • 中濃地域

    中濃地域から見た中濃中濃

    中濃地域 フレッシュアイペディアより)

  • 中濃地区

    中濃地区から見た中濃中濃

    中濃地区 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
37件中 31 - 37件表示

「中濃のできごと」のニューストピックワード