中田宏 ニュース&Wiki etc.

中田 宏(なかだ ひろし、1964年9月20日 ‐ )は、日本の政治家。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「中田宏」のつながり調べ

  • 石阪丈一

    石阪丈一から見た中田宏

    2006年3月、町田市長選挙に出馬し、自由民主党の伊藤公介衆議院議員(当時)の支援も受けて初当選を果たした。しかし当選直後、政治資金パーティーによる政治資金規正法違反(公務員の地位利用)が発覚し、罰金30万円の略式命令を受ける。同事件を受けて、中田宏横浜市長(当時)側近2名を含む横浜市の職員総勢88人の処分が下されたが、石阪市長側は罰金の支払いのみ行われた。2010年3月の市長選では自民・公明2党の支援を受け、国政与党(市議会では野党)の民主・社民・国民新3党及び生活者ネットワークが推薦する元首都大学東京教授の秋山哲男ら4人を破り、再選を果たした。2014年2月24日の市長選では自民や公明の支援を受け76869票を獲得し元市議ら3人を破り再選を果たした。(石阪丈一 フレッシュアイペディアより)

  • オール与党

    オール与党から見た中田宏

    1990年代末以降、日本の地方自治体を巡る環境は大きく変化した。宮城県の浅野史郎、松山市の中村時広、横浜市の中田宏など、現職相乗り候補を選挙戦で打ち破る例が続出した。この現象が起きた自治体は比較的人口が多く、住民の行政に対する距離感や不信感がある地域が多かった。浅野らは議会勢力と距離を置き、組織戦ではなく浮動票を最大限に獲得する選挙戦を展開した。(オール与党 フレッシュアイペディアより)