113件中 11 - 20件表示
  • フランス映画祭 (横浜)

    フランス映画祭 (横浜)から見た中田宏中田宏

    2002年の横浜市長選挙にて市長を12年間務めた高秀秀信が敗れ、4月から中田宏が横浜市長に就いた。この6月の第10回フランス映画祭横浜2002では、ユニフランス会長(当時)のダニエル・トスカン・デュ・プランティエに横浜文化賞が贈られ、高秀秀信・前市長(当時)にレジオン・ドヌール勲章が贈られた。また、フランス映画トロフィー(後述)が発足し、これらの授賞式が行われたセレモニーには高円宮同妃が出席した。なお、高秀秀信・前市長(当時)はこの年8月に亡くなった。フランス映画祭 (横浜) フレッシュアイペディアより)

  • 横浜開港150周年協会

    横浜開港150周年協会から見た中田宏中田宏

    主な出席者: 今上天皇・皇后、麻生太郎内閣総理大臣、三権の長(河野洋平、江田五月、竹崎博允)、中曽根弘文外相、ミハイル・ミハイロヴィッチ駐日ロシア連邦特命全権大使、田上富久長崎市長、矢田立郎神戸市長、中田宏市長、松沢成文知事横浜開港150周年協会 フレッシュアイペディアより)

  • Hi!横濱編集局

    Hi!横濱編集局から見た中田宏中田宏

    中田宏(前身番組『横浜シティマガジン』からの出演。2009年8月、市長辞職に伴いそのまま降板):実質的な総合司会(編集長)Hi!横濱編集局 フレッシュアイペディアより)

  • 市長 遠山京香

    市長 遠山京香から見た中田宏中田宏

    各巻帯で著名人が推薦しており、5巻では横浜市市長中田宏が、6巻ではニュースキャスターの安藤優子が、7巻では料理愛好家平野レミが、9巻では弘兼憲史が推薦。市長 遠山京香 フレッシュアイペディアより)

  • ワールド・メイヤー

    ワールド・メイヤーから見た中田宏中田宏

    日本人では、2004年度に広島市の秋葉忠利が、2005年度に広島市の秋葉忠利と北九州市の末吉興一が、2006年度に東京都(知事)の石原慎太郎が、2008年度に広島市の秋葉忠利と横浜市の中田宏が、2012年度に大阪市の橋下徹が、2014年度に千葉市の熊谷俊人と福岡市の高島宗一郎がノミネートされている。ワールド・メイヤー フレッシュアイペディアより)

  • 横浜市長・中田宏のDREAM RUNNER

    横浜市長・中田宏のDREAM RUNNERから見た中田宏中田宏

    中田宏のDREAM RUNNER(なかだひろしのドリームランナー)はニッポン放送で放送されていたラジオ番組。パーソナリティは前横浜市長の中田宏(2009年8月17日をもって市長を退任)。横浜市長・中田宏のDREAM RUNNER フレッシュアイペディアより)

  • 日本における外国人参政権/地方自治体の動き

    日本における外国人参政権/地方自治体の動きから見た中田宏中田宏

    中田宏前横浜市長は、永住外国人に地方参政権(選挙権)を付与する法案について「外国人を差別する気は毛頭ない」とした上で、「参政権は、国籍を持つ国民が有するのが万国共通」と外国人に参政権を認めることに反対し、「グローバリゼーションで日本社会が多様化するなか、帰化する人は歓迎すべきだ」と、参政権を主張するならば帰化する必要があるとの考えを示した。日本における外国人参政権/地方自治体の動き フレッシュアイペディアより)

  • 教科書改善の会

    教科書改善の会から見た中田宏中田宏

    なお、育鵬社の教科書を支持した委員は6人中4人で、4人は全員、前市長の中田宏が任命した委員であった。新市長の林文子が任命した委員である奥山千鶴子は「教科書は歴史書ではない。解釈がはっきりしないものが多いと学習の妨げになる。歴史認識が極端でないことが大切。国民主権、基本的人権の尊重、平和主義という日本国憲法の基本がきちんと書かれていることを重視したい」、同じく林が任命した委員の山田巧(市教育長)は「横浜の子どもの学習実態を見れば、歴史観というよりも基本的な知識や概念の習得が大切だ。頭の中を整理しやすいことや、わかりやすさを求めるべきだ。歴史書が好きな人はたくさんいるが、それと教科書は分けて考えた方がよい」として、他社の教科書を支持した。教科書改善の会 フレッシュアイペディアより)

  • 多選禁止条例

    多選禁止条例から見た中田宏中田宏

    2007年、横浜市の中田宏市長は多選禁止条例の制定を目指していたが、議会の賛同が得られず、多選自粛条例を制定するにとどまった。多選禁止条例 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜市教育委員会

    横浜市教育委員会から見た中田宏中田宏

    中田宏市長時代には、教育予算が年々削減されており、市長が林文子に代わった現在でも、一般会計予算に占める教育予算の割合が政令市の中で下から2番目である(2009年度決算ベースで約6.0%)。また人材の外部登用が多く行われ、教育長の伯井美徳や、教育委員の義家弘介、民間人校長として楽天元副社長の本城愼之介などがいたが、これらは任期途中で退職した。横浜市教育委員会 フレッシュアイペディアより)

113件中 11 - 20件表示