113件中 31 - 40件表示
  • 北原 照久

    北原照久から見た中田宏中田宏

    勉強がキライな子供たちへ 勉強がキライだった大人たちへ (共著中田宏)(ネコ・パブリッシング)北原照久 フレッシュアイペディアより)

  • 小林温

    小林温から見た中田宏中田宏

    1989年、早稲田大学卒業後、松下政経塾に第10期生として入塾。同期生に中田宏、坂井学、宇佐美登らがいる。小林温 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐美登

    宇佐美登から見た中田宏中田宏

    東京都大田区雪谷生まれ。大田区立雪谷小学校、大田区立雪谷中学校、早稲田大学高等学院、早稲田大学理工学部機械工学科卒業。松下政経塾第10期生(同期に横浜市長を務めた中田宏)。宇佐美登 フレッシュアイペディアより)

  • 第22回参議院議員通常選挙

    第22回参議院議員通常選挙から見た中田宏中田宏

    幸福実現党は前年の衆院選と同じく全ての選挙区・比例区で供託金没収点を下回り全員落選した。日本創新党は東京都選挙区に出馬した山田宏が20万票以上、比例区では中田宏が12万票余りを獲得するも及ばず、議席を獲得することが出来なかった。第22回参議院議員通常選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 議員記章

    議員記章から見た中田宏中田宏

    国会では国会議員が本会議場に入場する際、議員バッジを着用しなければならない。これは弁護士・検察官・裁判官同様、国会議員は記章のみが身分証明となるためである(証明書は存在しなかった。中田宏は議員時代、バッジ以外の身分証明が鉄道の無料パスしかない為に、国会議員であると証明するのに苦労した事があるという。著書「国会の中はこうなっている」より)。着用せずに入館しようとすると衛視に制止される。2005年以降はクールビズに対応して、本人が申請すればカード式身分証が交付されている。現在は、国家公務員身分証明書が発給されている。議員記章 フレッシュアイペディアより)

  • 新進党

    新進党から見た中田宏中田宏

    新党さきがけとの統一会派解消後、江田五月も自身が代表の社会民主連合を解散して合流し、小池百合子と共に副代表就任。衆院では、4月の「改新」参加以降、さきがけに参加するグループが「グループ青雲」、「民主の風」、9月の「改革」参加以降は海江田万里・牧野聖修らが「民主新党クラブ」を結成、離党している。野田佳彦・山田宏・中田宏・伊藤達也・長浜博行・樽床伸二ら松下政経塾出身者が多かった。小泉晨一・石井紘基・茂木敏充・遠藤利明は不参加。新進党 フレッシュアイペディアより)

  • 無所属の会

    無所属の会から見た中田宏中田宏

    新進党解党後、笹木竜三・中田宏により院内会派として衆議院に「無所属の会」会派が作られた(2000年1月まで存続)。無所属の会 フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川県第8区

    神奈川県第8区から見た中田宏中田宏

    1996年(平成8年)の第41回衆議院議員総選挙では、地元青葉区出身の中田宏が新進党から出馬して当選し、社会民主党の伊藤茂が比例復活した。2000年(平成12年)の第42回衆議院議員総選挙では、中田が無所属の会(会派:民主党・無所属クラブ)から出馬して自由民主党の江田憲司を破り2選。中田は2002年(平成14年)に横浜市長選挙への出馬を表明して衆議院議員を辞職し、同年10月の補欠選挙では自民党を離党して無所属で出馬した江田が初当選した。神奈川県第8区 フレッシュアイペディアより)

  • 首相公選制

    首相公選制から見た中田宏中田宏

    その後、1999年、2001年と計3度にわたって首相公選を行ったものの、2001年の公選で成立したシャロン政権発足直前にリクード、労働党の賛成多数で廃止した。公選廃止はシャロンの政敵だったネタニヤフの台頭を阻止するという面もあった。他方、小党分立によって恩恵を受けていた宗教政党は公選廃止に大反対であった。中田宏前横浜市長は衆議院議員時代にイスラエル案を提唱していた。首相公選制 フレッシュアイペディアより)

  • 宮坂力

    宮坂力から見た中田宏中田宏

    その間、2004年には横浜市の中田宏市長(当時)のベンチャー企業創業政策推進に呼応する形で太陽電池研究のためにペクセル・テクノロジーズを設立し、2009年まで代表取締役を務めた。宮坂力 フレッシュアイペディアより)

113件中 31 - 40件表示