97件中 41 - 50件表示
  • 長浜博行

    長浜博行から見た中田宏中田宏

    『ニュージーランド行革物語』(共著:山田宏、中田宏長浜博行 フレッシュアイペディアより)

  • 山際大志郎

    山際大志郎から見た中田宏中田宏

    2002年 神奈川県第8区選出の中田宏が横浜市長選挙への出馬に伴う補欠選挙に自民党公認で出馬したが、無所属の江田憲司に敗れた。山際大志郎 フレッシュアイペディアより)

  • 市村浩一郎

    市村浩一郎から見た中田宏中田宏

    1993年松下政経塾卒塾後、日本新党政策研究員を経て新進党政策審議室に所属。1995年の阪神・淡路大震災時には、阪神・淡路コミュニティ基金事務局長として活動した。このころ、松下政経塾出身者での「政経塾新党」構想があり、そのため民主党に故郷の福岡県第2区候補者として勧誘された時も、同志と相談するためすぐには返事をしなかった。ところが、同志のはずだった中田宏が裏切り、候補に別人を推薦したためこの話はお流れになったという。市村浩一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋聡

    嶋聡から見た中田宏中田宏

    岐阜県海津市出身。名古屋大学経済学部卒業。松下政経塾2期生。政経塾卒塾後、塾の指導塾員、研究所長、東京政経塾代表を務めた。指導塾員の時に中田宏(現日本維新の会衆議院議員)の面接を担当した。嶋聡 フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川県第8区

    神奈川県第8区から見た中田宏中田宏

    小選挙区比例代表並立制による神奈川県第8区の制定後の選挙で支持を集めたのが地元青葉区出身の中田宏であり、1996年の第41回衆議院議員総選挙では新進党から出馬して自民・民主・社民などの対立候補を破り当選。2000年の第42回衆議院議員総選挙では無所属の会(会派:民主党・無所属クラブ)から出馬し自民党の江田憲司を破り2選を果たしたが、2002年に横浜市長選への立候補を表明して議員辞職し、同年の補欠選挙では無所属から出馬した江田憲司が自民・民主が立てた候補を寄せ付けず初当選を果たした。神奈川県第8区 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜市教育委員会

    横浜市教育委員会から見た中田宏中田宏

    中田市政時代には、教育予算が年々削減されており、市長が林文子に代わった現在でも、一般会計予算に占める教育予算の割合が政令市の中で下から2番目である(2009年度決算ベースで約6.0%)。また人材の外部登用が多く行われ、教育長の伯井美徳や、教育委員の義家弘介、民間人校長として楽天元副社長の本城愼之介などがいたが、これらは任期途中で退職し物議を醸した。教育委員会からは事実の発表のみで理由が明確に公表されていないなど問題になった。横浜市教育委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 西川太一郎

    西川太一郎から見た中田宏中田宏

    1997年の新進党解党の際、岡田克也や中田宏ら若手議員が「(96年の総選挙で)新進党と書いてくれた有権者に対する裏切りだ」「(新進党を急に解党するなど)執行部はめちゃくちゃなことをするな!!」と小沢を批判。小沢側近の西川・西田猛らと口論となり、西川は中田に向かって「お前(小沢党首に向かって)何言ってんだ!!余計な事を言うな!!」と言い返した。この一件で岡田は小沢と決別し、以降民主・自由両党の合併まで袂を分かつことになる。西川太一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野村隆 (官僚)

    野村隆 (官僚)から見た中田宏中田宏

    1994年 - 社民連・さきがけ推薦と日本新党中田宏支援で横浜市長選挙出馬で自民党・新生党・公明党・民社党・日本社会党推薦の現職高秀秀信に敗れ次点。野村隆 (官僚) フレッシュアイペディアより)

  • 熊谷俊人

    熊谷俊人から見た中田宏中田宏

    31歳5ヶ月での市長就任は、同年2月に当選した三重県松阪市長・山中光茂(当選時33歳)を抜いて現職最年少。また、政令指定都市の市長としては中田宏横浜市長(初当選時37歳)の記録を更新した。熊谷俊人 フレッシュアイペディアより)

  • 北原 照久

    北原照久から見た中田宏中田宏

    勉強がキライな子供たちへ 勉強がキライだった大人たちへ (共著中田宏)(ネコ・パブリッシング)北原照久 フレッシュアイペディアより)

97件中 41 - 50件表示

「中田宏」のニューストピックワード