113件中 81 - 90件表示
  • 江田憲司

    江田憲司から見た中田宏中田宏

    2000年、神奈川2区選出の衆議院議員だった菅義偉の勧めもあり、第42回衆議院議員総選挙に自由民主党公認で神奈川8区から出馬したが、無所属の会前職の中田宏に惨敗。2001年4月より桐蔭横浜大学客員教授、日本環境財団理事を務める。2002年、中田の横浜市長選挙出馬に伴う神奈川8区補欠選挙に無所属で出馬し、自民党新人の山際大志郎ら4人の対立候補を大差で破り、初当選した。2003年の第43回衆議院議員総選挙では、神奈川8区で民主党前職の岩國哲人(比例東京ブロックから国替え)に2千票弱の僅差で敗れ、落選した。2005年の第44回衆議院議員総選挙に神奈川8区から無所属で出馬し、民主党前職の岩國、自民党新人の福田峰之を破り、2年ぶりに国政復帰(岩國、福田はいずれも比例復活)。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • オール与党

    オール与党から見た中田宏中田宏

    1990年代末以降、日本の地方自治体を巡る環境は大きく変化した。宮城県の浅野史郎、松山市の中村時広、横浜市の中田宏など、現職相乗り候補を選挙戦で打ち破る例が続出した。この現象が起きた自治体は比較的人口が多く、住民の行政に対する距離感や不信感がある地域が多かった。浅野らは議会勢力と距離を置き、組織戦ではなく浮動票を最大限に獲得する選挙戦を展開した。オール与党 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉純一郎

    小泉純一郎から見た中田宏中田宏

    最大派閥の橋本の勝利が有力視されたが、小泉が一般の党員・党友組織自由国民会議会員・政治資金団体国民政治協会会員を対象とした予備選で眞紀子とともに派手な選挙戦を展開した。小泉は「自民党をぶっ壊す!」「私の政策を批判する者はすべて抵抗勢力」と熱弁を振るい、街頭演説では数万の観衆が押し寄せ、閉塞した状況に変化を渇望していた大衆の圧倒的な支持を得て、小泉旋風と呼ばれる現象を引き起こす。こうした中で、次第に2001年7月に参院選の「選挙の顔」としての期待が高まる。そして小泉は予備選で地滑り的大勝をし、途中で中曽根元首相、亀井元建設相の支持も得、4月24日の議員による本選挙でも圧勝して、自民党総裁に選出された。4月26日の内閣総理大臣指名選挙で公明党・保守新党の前身保守党、「無所属の会」所属の中田宏・土屋品子・三村申吾の支持を受け内閣総理大臣に指名された。小泉純一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 自主憲法研究会

    自主憲法研究会から見た中田宏中田宏

    中田宏(無)- 呼び掛け人自主憲法研究会 フレッシュアイペディアより)

  • 東急バス

    東急バスから見た中田宏中田宏

    2002年(平成14年)、横浜市長に当選した中田宏は市営バスの事業規模適正化路線を打ち出す。公営企業を維持することを前提としながらも、一部路線の民間への移譲など大胆な施策に取り組んだ。東急バス フレッシュアイペディアより)

  • 垣花正のニュースわかんない!?

    垣花正のニュースわかんない!?から見た中田宏中田宏

    2004年1月4日には「垣花正の横浜のことわかんない!? 横浜市 中田市長 2004年市政を語る」と題してスペシャル版で放送された。垣花正のニュースわかんない!? フレッシュアイペディアより)

  • 郵政民営化

    郵政民営化から見た中田宏中田宏

    1999年5月、与野党ともに「郵政民営化」がタブー視されていた当時、超党派の国会議員で構成される「郵政民営化研究会」が立ち上げられた。会長を小泉純一郎が、事務局長を松沢成文がそれぞれ務め、メンバーには中田宏、前原誠司、堂本暁子、上田清司らの名前があった。この研究会では、郵政民営化の実施計画として、郵政持株会社の傘下に郵便会社、地域別の郵貯銀行、地域別の簡保会社をそれぞれ設ける案を提示していた。郵政民営化 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市特別顧問

    大阪市特別顧問から見た中田宏中田宏

    中田宏(元横浜市長)2012年1月5日?大阪市特別顧問 フレッシュアイペディアより)

  • 西川太一郎

    西川太一郎から見た中田宏中田宏

    1997年、小沢一郎新進党党首が突如解党を発表した際、岡田克也や中田宏ら新進党所属の議員が「(96年の総選挙で)新進党と書いてくれた有権者に対する裏切りだ」「(新進党を急に解党するなど)執行部はめちゃくちゃなことをするな」と両院議員総会で批判を強めた。小沢側近の西川、西田猛らと口論になり、西川は中田に向かって「お前(小沢党首に向かって)何言ってんだ! 余計なことを言うな!」と言い返した。岡田は新進党解党を機に小沢と訣別し、以降民主・自由両党の合併まで袂を分かつことになる。西川太一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 熊谷俊人

    熊谷俊人から見た中田宏中田宏

    31歳5ヶ月での市長就任は、同年2月に当選した三重県松阪市長の山中光茂(当選時33歳)を抜いて現職最年少。また、政令指定都市の市長としては神奈川県横浜市長の中田宏(初当選時37歳)による記録を更新した。2018年現在でも政令指定都市長の中では一番若い(次点は大阪府大阪市長の吉村洋文)。熊谷俊人 フレッシュアイペディアより)

113件中 81 - 90件表示