97件中 81 - 90件表示
  • 日本における外国人参政権

    日本における外国人参政権から見た中田宏中田宏

    同化的帰化を迫る日本政府の歴史認識を是正し、外国人差別を撤廃するためとの見解があるが、外国人差別と外国人参政権の問題は無関係とする見解がある(中田宏前横浜市長発言。地方自治体の動き参照)。日本における外国人参政権 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜市営バス

    横浜市営バスから見た中田宏中田宏

    2002年(平成14年)、これまでの大型プロジェクト中心の市政や長引く不況によって逼迫した財政の再建を政策の基本とする中田市政となると、市交通局の高コスト体質も厳しく問われることとなった。中田市長の諮問により鉄道会社社長や大学教授などで組織された横浜市営交通あり方検討委員会では、これまで市一般会計からの補助を受けながら路線網を維持してきた市営バス事業について、より経営の自由度の高い「民営」へ移行することが望ましいと答申するなど、様々な議論・検討がなされたが、横浜市の結論は公営形態で継続、『改善型公営企業』としての経営を確立し『市営交通としてバス・地下鉄を走らせ続ける』ことを目指すこととなった。横浜市営バス フレッシュアイペディアより)

  • 週刊現代

    週刊現代から見た中田宏中田宏

    2007年11月10日号で、中田宏前横浜市長が「私の中に“指入れ”合コン」と「口封じ恫喝肉声テープ」として女性スキャンダル疑惑を報じた。さらに、11月18日号で、「公金横領疑惑と黒い人脈」として中田の公金横領疑惑を報じた。12月22日号・12月29日号では、中田の「消えた選挙資金1,000万円」「税金ネコババ」というタイトルで公職選挙法違反と税金申告漏れを報じた。11月22日、中田は「事実無根で無責任な記事」として名誉毀損で講談社社長と週刊現代を東京地検に告訴し、講談社と編集長らに6,200万円の損害賠償請求訴訟を起こした。週刊現代 フレッシュアイペディアより)

  • 高秀秀信

    高秀秀信から見た中田宏中田宏

    2002年春、4期目を目指し、自民党、公明党、民主党神奈川県連、社民党、保守党、連合推薦を受け横浜市長選挙に出馬するものの、新人の中田宏に大敗。12年務めた市長の座を譲った。高秀秀信 フレッシュアイペディアより)

  • 前原誠司

    前原誠司から見た中田宏中田宏

    1992年(平成4年)長浜博行に請われ、野田佳彦、山田宏、樽床伸二、中田宏らとともに日本新党へ参画。同年の第16回参議院議員通常選挙では近畿・四国エリアで応援に回り、新党ブームに一役買う。前原誠司 フレッシュアイペディアより)

  • 松沢成文

    松沢成文から見た中田宏中田宏

    2003年2月、民主党を離党し、4月の神奈川県知事選挙に無所属で出馬する意向を表明。選挙戦では盟友関係にあった中田宏横浜市長や同じ保守派の石原慎太郎東京都知事の支援を受け、社会民主党参議院議員の田嶋陽子らを破り、当選を果たした。2007年の知事選では、自由民主党神奈川県連推薦の杉野正(埼玉高速鉄道社長)や日本共産党推薦の鴨居洋子を破り、次点の杉野にトリプルスコアの大差をつける圧勝で再選。多選禁止条例や受動喫煙防止条例の制定を始めとする全国初の先進的な取り組みを推進し、2期8年間で自ら掲げたマニフェストの約8割を達成したとしている。松沢成文 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜みなとみらい21

    横浜みなとみらい21から見た中田宏中田宏

    当初は2000年頃までに街全体の完成を目指していたが、経済状態(バブル崩壊)の影響などにより計画が延長されている。2000年代より中田宏横浜市長や松沢成文神奈川県知事の積極的な企業誘致とともに、横浜市では企業立地促進条例が制定され、神奈川県もインベスト神奈川を策定し、市税の減額や助成金など企業の負担を軽減する措置により優良な企業立地環境の整備を行なっている。2000年代半ばには日産自動車グローバル本社等、多くの企業法人の立地が進んだ。2008年末の世界的な景気後退の影響を受けいくつかのオフィスビル建設計画では中止・延期等もあったが、後任の林文子横浜市長は引き続き企業誘致に向けたトップセールスを行ない、上場企業の本社機能立地が着実に進んでいる。横浜みなとみらい21 フレッシュアイペディアより)

  • 橋下 徹

    橋下徹から見た中田宏中田宏

    横浜市の中田宏元市長や松山市の中村時広前市長(現愛媛県知事)らとともに「首長連合」を結成する。「首長連合」は2009年の衆院選で民主党への支持を表明したため、大阪府知事選で橋下を支援した自民公明両党から「裏切りだ」との声が上がった。選挙後、落選した中山太郎自民党大阪府連会長は「考えもしなかった態度」「信用できない」と橋下を非難した。橋下徹 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜市

    横浜市から見た中田宏中田宏

    2002年(平成14年)、高秀と争って新たに市長となった中田宏は財政改革、行政改革、医療と教育の民営化を軸にした政策を打ち出した。主な政策としては家庭廃棄物の分別収集、外郭団体の見直しや統廃合、公立病院や保育園の民営化、交通局や水道局の構造改革、新緑税導入、横浜都心の立地企業増加に向けた企業立地促進条例の制定、横浜港への客船寄港促進等を行い、2008年度(平成20年度)には、1961年度(昭和36年度)以来47年ぶりに、普通交付税の不交付団体となる等成果に現れた。また国際コンベンションの誘致も積極的に行い2010年日本APECの開催誘致を行った。一方では都市計画道路整備の予算が減少し事業速度の低下がみられた。横浜市 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の政治

    2012年の政治から見た中田宏中田宏

    2日 - 無所属の谷畑孝・今井雅人 両衆院議員と、元日本創新党の中田宏 前横浜市長・山田宏 前東京都杉並区長・齋藤弘 前山形県知事がそれぞれ日本維新の会 に入党。2012年の政治 フレッシュアイペディアより)

97件中 81 - 90件表示

「中田宏」のニューストピックワード