53件中 11 - 20件表示
  • 1999 FIFAワールドユース選手権

    1999 FIFAワールドユース選手権から見た中田浩二 (サッカー選手)中田浩二 (サッカー選手)

    日本は小野伸二、本山雅志、高原直泰、稲本潤一、遠藤保仁、小笠原満男、酒井友之、中田浩二らを擁して勝ち進み、アジア勢としては1981年大会のカタール以来となる決勝進出を成し遂げた。この日本の決勝進出はFIFA主催の世界大会としては男子及び女子、そして全ての年代の日本代表を通じて初の快挙だった(ちなみに、日本A代表(年齢制限なしのその国最強の代表)では、2001年日韓コンフェデ杯がFIFA主催の世界大会初決勝)。また大会ベストイレブンには小野伸二、本山雅志の2名が選出された。1999 FIFAワールドユース選手権 フレッシュアイペディアより)

  • アンナ・クルニコワ

    アンナ・クルニコワから見た中田浩二 (サッカー選手)中田浩二 (サッカー選手)

    モデルとしても活躍し、彼女が表紙を飾るファッション雑誌類は普段の号よりもはるかに多く売れたという。また、そのルックスから、女性であるにも関わらず、2003年に水泳のイアン・ソープ、サッカーのアレッサンドロ・デルピエロ、デビッド・ベッカム、中田浩二とともに、adidas社によって“世界イケメン5傑”に選出されている。“女子テニス界の妖精”と評された。アンナ・クルニコワ フレッシュアイペディアより)

  • 田邊伸明

    田邊伸明から見た中田浩二 (サッカー選手)中田浩二 (サッカー選手)

    代理人として稲本潤一のアーセナル移籍、中田浩二のオリンピック・マルセイユ、バーゼル移籍、中澤佑二と山瀬功治の横浜F・マリノス移籍などを担当。また無名だった大学時代の鄭大世を発掘し、Jリーグ各クラブに売り込んだ。田邊伸明 フレッシュアイペディアより)

  • 神の手 (サッカー)

    神の手 (サッカー)から見た中田浩二 (サッカー選手)中田浩二 (サッカー選手)

    後半20分、コーナーキックがファーサイドに流れ、中田浩二の手と腰に当たってゴールに入った。これが得点と認められ、日本のアジアカップ連覇を決める決勝点となった。中国のアリー・ハーン監督は表彰式で銀メダルの受け取りを拒否し、記者会見では「日本の2点目はハンドボールだった」と判定に不満を述べた。神の手 (サッカー) フレッシュアイペディアより)

  • 羽生直剛

    羽生直剛から見た中田浩二 (サッカー選手)中田浩二 (サッカー選手)

    1995年、「(強豪の)習志野や市立船橋よりも、理論的なサッカーで試合に出るチャンスが高い」と千葉県立八千代高校への進学を選び、3年次に国体で3位入賞。選手権千葉県予選決勝では自身を中心とするスピーディーなパスワークで前年度全国優勝の市立船橋を翻弄し八千代高校14年ぶりの全国大会出場を決め、ベスト8に進出、準々決勝で中田浩二を擁する帝京高校に敗退した。羽生直剛 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のサッカー

    2006年のサッカーから見た中田浩二 (サッカー選手)中田浩二 (サッカー選手)

    1月28日 - リーグ・アン(フランス一部リーグ)、オリンピック・マルセイユの中田浩二が、スイススーパーリーグ(一部リーグ)所属のバーゼルへ移籍することが発表された。2006年のサッカー フレッシュアイペディアより)

  • 引退試合

    引退試合から見た中田浩二 (サッカー選手)中田浩二 (サッカー選手)

    中田浩二・柳沢敦・新井場徹(2015年、この3選手は合同で引退試合を開催)引退試合 フレッシュアイペディアより)

  • 曽ヶ端準

    曽ヶ端準から見た中田浩二 (サッカー選手)中田浩二 (サッカー選手)

    1998年に鹿島アントラーズにトップチーム昇格の形で入団(同期入団は小笠原満男、中田浩二、本山雅志、山口武士、中村祥朗)。2001年、当時の正GK高桑大二朗に替わり、レギュラーに定着。以後、正GKとして活躍している。曽ヶ端準 フレッシュアイペディアより)

  • 米子市立義方小学校

    米子市立義方小学校から見た中田浩二 (サッカー選手)中田浩二 (サッカー選手)

    中田浩二(サッカー選手)米子市立義方小学校 フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・フェルナンデス (サッカー選手)

    ルイス・フェルナンデス (サッカー選手)から見た中田浩二 (サッカー選手)中田浩二 (サッカー選手)

    パリSG退団後はリーガ・エスパニョーラへと渡り、1997-98シーズンには強豪とはいえないアスレティック・ビルバオを2位に導いている。2000年11月にパリSGに復帰。当時所属していたロナウジーニョとの確執が伝えられ、チームも思うような結果を出すことが出来なかった。2003-04シーズン途中にリーガに復帰し、降格の危機にあったエスパニョールを残留に導く。2005年にはカタールのアル・ラーヤンSCと契約したが5ヶ月で解任され、その後イスラエルのベイタル・エルサレムで指揮を執っていた。マルセイユで不遇を囲っていた中田浩二にオファーを出したことが、日本にも伝わっている。2006年12月に不調に陥っていたベティスの監督に途中就任し、リーガに再度復帰した。だがチームを浮上させることはできず、6月9日のオサスナ戦で0-5の大敗を喫した後解任された。ルイス・フェルナンデス (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

53件中 11 - 20件表示

「中田浩二」のニューストピックワード