78件中 21 - 30件表示
  • 中田浩二 (サッカー選手)

    中田浩二 (サッカー選手)から見た本田拓也

    2011年シーズン当初は増田誓志の復帰、本田拓也、柴崎岳の加入でボランチの層が厚くなり、大岩剛の引退で層が薄くなったセンターバックで伊野波雅彦と併用にされていたが、しだいにセンターバックのレギュラーに定着、その後、伊野波は移籍をした。中田浩二 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 中田浩二 (サッカー選手)

    中田浩二 (サッカー選手)から見たアンナ・クルニコワ

    そのルックスから、2003年に水泳のイアン・ソープ、サッカーのアレッサンドロ・デルピエロ(ユヴェントス)、デビッド・ベッカム(当時マンチェスター・ユナイテッド)、女子テニスのアンナ・クルニコワ(ロシア)とともに、adidas社によって“世界イケメン5傑”に選出されている。中田浩二 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 中田浩二 (サッカー選手)

    中田浩二 (サッカー選手)から見た中村祥朗

    1998年、Jリーグの鹿島アントラーズに入団(同期は小笠原満男、本山雅志、曽ヶ端準、山口武士、中村祥朗)。同い年の小笠原満男、本山雅志とともに中盤を担い、MFとしてチームに多くの栄冠をもたらした。鹿島ではリーグ優勝2回、天皇杯優勝1回、ナビスコカップ優勝1回を経験している。2003年8月の大分トリニータ戦で左ひざ靭帯断裂の大ケガを負い、長期戦線離脱を余儀なくされた。2004年5月、柏レイソル戦で259日ぶりの試合復帰を果たした。中田浩二 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 中田浩二 (サッカー選手)

    中田浩二 (サッカー選手)から見た金古聖司

    1999年のワールドユースの大会直前に、レギュラーDFと目されていた鹿島のチームメイト金古聖司が負傷し、当時の監督フィリップ・トルシエによってDFにコンバートされた。中田はこの大会で全試合に左センターバックとして出場し、日本は準優勝した。中田浩二 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 中田浩二 (サッカー選手)

    中田浩二 (サッカー選手)から見た山口武士

    1998年、Jリーグの鹿島アントラーズに入団(同期は小笠原満男、本山雅志、曽ヶ端準、山口武士、中村祥朗)。同い年の小笠原満男、本山雅志とともに中盤を担い、MFとしてチームに多くの栄冠をもたらした。鹿島ではリーグ優勝2回、天皇杯優勝1回、ナビスコカップ優勝1回を経験している。2003年8月の大分トリニータ戦で左ひざ靭帯断裂の大ケガを負い、長期戦線離脱を余儀なくされた。2004年5月、柏レイソル戦で259日ぶりの試合復帰を果たした。中田浩二 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 中田浩二 (サッカー選手)

    中田浩二 (サッカー選手)から見たイビチャ・オシム

    2006年ワールドカップ後に就任したイビチャ・オシム監督のもとでは、欧州のクラブに属している選手がコンディションを崩さないようにという配慮の為、しばらく日本代表への招集は見送られていたものの、代表収集の条件となる“所属クラブでのレギュラー定着゛を果たしている事や、オシム監督が選手に求める“ポリバレント”な能力を持ち合わせている為、日本代表への復帰の可能性も高いと見られていた。2007年6月のキリンカップでオシムジャパン発足後初選出された。中田浩二 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 中田浩二 (サッカー選手)

    中田浩二 (サッカー選手)から見た曽ヶ端準

    1998年、Jリーグの鹿島アントラーズに入団(同期は小笠原満男、本山雅志、曽ヶ端準、山口武士、中村祥朗)。同い年の小笠原満男、本山雅志とともに中盤を担い、MFとしてチームに多くの栄冠をもたらした。鹿島ではリーグ優勝2回、天皇杯優勝1回、ナビスコカップ優勝1回を経験している。2003年8月の大分トリニータ戦で左ひざ靭帯断裂の大ケガを負い、長期戦線離脱を余儀なくされた。2004年5月、柏レイソル戦で259日ぶりの試合復帰を果たした。中田浩二 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 中田浩二 (サッカー選手)

    中田浩二 (サッカー選手)から見たFUJI XEROX SUPER CUP

    FUJI XEROX SUPER CUP:4回 (1998年, 1999年, 2009年, 2010年)中田浩二 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 中田浩二 (サッカー選手)

    中田浩二 (サッカー選手)から見た横浜F・マリノス

    2000年のチャンピオンシップ、対横浜F・マリノスにて、3点目のゴールを決めている。左サイドのタッチライン際、外に出そうなボールをギリギリの所で拾い、そのままゴール方向へフワリと蹴り上げた。それを、やや前に出ていたGK川口能活が後ろへ下がりながらキャッチングしようとしたが失敗し、ボールはゴールへ吸い込まれる。試合後、インタビュアーからの「あれは狙っていたんですか?」という問いかけに対し、「いえ、センタリングです」と答え、センタリングミスであった事を素直に告白。国立競技場が笑いに包まれた。中田浩二 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 中田浩二 (サッカー選手)

    中田浩二 (サッカー選手)から見たパリ・サンジェルマン

    移籍当初はそこそこ出場機会はあったが、不慣れな左サイドバック、ライバルチームであるPSG戦でのオウンゴール、トルシエ監督の解任により出場機会が激減。守備的MFだけでなくDFもこなせるため出場が期待されたが、イスラエルのクラブからの数億単位の移籍話を蹴ったことでフロントとの関係が悪化、その結果、事実上戦力外にされてしまう。中田浩二 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

78件中 21 - 30件表示

「中田浩二」のニューストピックワード