78件中 31 - 40件表示
  • 中田浩二 (サッカー選手)

    中田浩二 (サッカー選手)から見たFIFA U-20ワールドカップ

    1999年のワールドユースの大会直前に、レギュラーDFと目されていた鹿島のチームメイト金古聖司が負傷し、当時の監督フィリップ・トルシエによってDFにコンバートされた。中田はこの大会で全試合に左センターバックとして出場し、日本は準優勝した。中田浩二 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 中田浩二 (サッカー選手)

    中田浩二 (サッカー選手)から見た大分トリニータ

    1998年、Jリーグの鹿島アントラーズに入団(同期は小笠原満男、本山雅志、曽ヶ端準、山口武士、中村祥朗)。同い年の小笠原満男、本山雅志とともに中盤を担い、MFとしてチームに多くの栄冠をもたらした。鹿島ではリーグ優勝2回、天皇杯優勝1回、ナビスコカップ優勝1回を経験している。2003年8月の大分トリニータ戦で左ひざ靭帯断裂の大ケガを負い、長期戦線離脱を余儀なくされた。2004年5月、柏レイソル戦で259日ぶりの試合復帰を果たした。中田浩二 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 中田浩二 (サッカー選手)

    中田浩二 (サッカー選手)から見たオリンピック・マルセイユ

    2005年1月、元日本代表監督のフィリップ・トルシエが監督をしているフランス1部リーグのオリンピック・マルセイユの練習に参加する。マルセイユ側は中田の獲得を打診するが、提示された移籍金が低額だったため、鹿島側は中田の移籍を認めなかった。同時期、中田との契約切れが迫っていた鹿島は来季以降の契約更新を申し出るが、中田本人が海外移籍を希望していたため断り続ける。その後、契約切れとなりフリーの立場で同年1月26日にマルセイユに移籍した。所属クラブの意向を無視した移籍ゆえに円満移籍とはならなかった。中田浩二 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 中田浩二 (サッカー選手)

    中田浩二 (サッカー選手)から見たJリーグチャンピオンシップ

    2000年のチャンピオンシップ、対横浜F・マリノスにて、3点目のゴールを決めている。左サイドのタッチライン際、外に出そうなボールをギリギリの所で拾い、そのままゴール方向へフワリと蹴り上げた。それを、やや前に出ていたGK川口能活が後ろへ下がりながらキャッチングしようとしたが失敗し、ボールはゴールへ吸い込まれる。試合後、インタビュアーからの「あれは狙っていたんですか?」という問いかけに対し、「いえ、センタリングです」と答え、センタリングミスであった事を素直に告白。国立競技場が笑いに包まれた。中田浩二 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 中田浩二 (サッカー選手)

    中田浩二 (サッカー選手)から見た東福岡高等学校

    帝京高校進学後はBチームに入れられるなど決して順調ではなかったものの、ボランチに転向し、頭角を現す。3年生のときにキャプテンとして全国高校サッカー選手権に出場し、決勝では後に鹿島アントラーズでチームメイトとなる本山雅志擁する東福岡高校に敗れるものの、準優勝を収める。この試合は雪深い国立競技場で行われ、試合中に転倒する選手が続出した。また試合球として、白い雪の中でも目立つオレンジ色のボールが採用されるなど、後々まで語り継がれる試合となった。中田浩二 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 中田浩二 (サッカー選手)

    中田浩二 (サッカー選手)から見た横浜市

    滋賀県志賀町(現大津市)出身。小学校低学年のころは父親の転勤の関係で転校を繰り返しており、サッカーを始めたのは神奈川県横浜市の南戸塚小学校2年の時である。小学校3年の時、鳥取県米子市の義方小学校に転校し、そこで本格的にサッカーを始めるようになる。小学校5年の時、全日本少年大会に出場する。米子市の後藤ヶ丘中学校に進学し、中学3年の時に全国中学校大会に出場する。2年の時に中国選抜として選抜中国大会に出場する。中学校までのポジションはFWで、左足の怪物として地元紙にも取り上げられるほどの存在となる。中田浩二 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 中田浩二 (サッカー選手)

    中田浩二 (サッカー選手)から見た全国高等学校サッカー選手権大会

    帝京高校進学後はBチームに入れられるなど決して順調ではなかったものの、ボランチに転向し、頭角を現す。3年生のときにキャプテンとして全国高校サッカー選手権に出場し、決勝では後に鹿島アントラーズでチームメイトとなる本山雅志擁する東福岡高校に敗れるものの、準優勝を収める。この試合は雪深い国立競技場で行われ、試合中に転倒する選手が続出した。また試合球として、白い雪の中でも目立つオレンジ色のボールが採用されるなど、後々まで語り継がれる試合となった。中田浩二 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 中田浩二 (サッカー選手)

    中田浩二 (サッカー選手)から見たUEFAヨーロッパリーグ

    UEFAカップ予備予選1回戦 - 2試合0得点中田浩二 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 中田浩二 (サッカー選手)

    中田浩二 (サッカー選手)から見たサッカーブラジル代表

    オリンピック代表でもレギュラーに定着し、2000年にシドニーオリンピックに出場。グループリーグ3戦目のブラジル戦でルーカスによって負傷させられ、その後の試合には出場できなかった。中田浩二 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 中田浩二 (サッカー選手)

    中田浩二 (サッカー選手)から見た柏レイソル

    1998年、Jリーグの鹿島アントラーズに入団(同期は小笠原満男、本山雅志、曽ヶ端準、山口武士、中村祥朗)。同い年の小笠原満男、本山雅志とともに中盤を担い、MFとしてチームに多くの栄冠をもたらした。鹿島ではリーグ優勝2回、天皇杯優勝1回、ナビスコカップ優勝1回を経験している。2003年8月の大分トリニータ戦で左ひざ靭帯断裂の大ケガを負い、長期戦線離脱を余儀なくされた。2004年5月、柏レイソル戦で259日ぶりの試合復帰を果たした。中田浩二 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

78件中 31 - 40件表示

「中田浩二」のニューストピックワード