前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
95件中 1 - 10件表示
  • 平田良介

    平田良介から見た中田翔中田翔

    大阪桐蔭高では1年夏から6番でレギュラー、秋から4番を任され、落合博満ばりの神主打法で高校通算70本塁打を放つ。高校時代は辻内崇伸と同期で、2学年後輩に中田翔がいた。平田、辻内に加えて近大附の鶴直人、履正社の岡田貴弘らの4人は「浪速の四天王」とも呼ばれ、全員がドラフトの目玉として注目された。平田良介 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤佑樹

    斎藤佑樹から見た中田翔中田翔

    同年夏の甲子園(第88回選手権大会)では、2回戦の大阪桐蔭高校戦で、後にプロ野球でチームメイトとなる中田翔と対戦。4打数無安打3三振に封じている。同大会で早実は26年ぶりに決勝戦に進出(荒木大輔を擁した1980年以来)。8月20日の決勝戦では、夏の甲子園大会で3連覇を目指す駒大苫小牧高校のエースに成長した田中との投手戦になり、延長15回でも決着がつかず、1969年夏(第51回選手権大会)の松山商業高校対三沢高校戦以来37年振りの決勝引き分け再試合となった(→第51回全国高等学校野球選手権大会決勝)。翌日の再試合でも斎藤は自ら先発を志願し4連投、最後は田中を三振に打ち取って13奪三振で接戦を制し、早実を初の夏の甲子園大会優勝に導いた。この大会の全試合で先発し、2回戦から決勝再試合までただ1人で投げ抜き、田中との投げ合いは甲子園大会の歴史に残るものとなった。この大会での投球回69、投球数948はどちらも一大会における記録としては史上1位。一大会における奪三振78は、1958年の板東英二(徳島商業高校)の83個に次いで歴代2位となった。斎藤佑樹 フレッシュアイペディアより)

  • コンバート (野球)

    コンバート (野球)から見た中田翔中田翔

    三塁手へのコンバートは右投手からの転向において外野手と並んで転向が多い。元投手ということでスローイングの能力が要求される三塁手と適性が一致するため、二遊間に比べて守備の負担が軽く、打撃に専念しやすい、あるいは二遊間より試合に出られるレベルに守備が上達するのが早いためといわれる。また三塁を経て最終的に外野手や一塁手となるパターンも多い。代表的な例はプロ入り時の元西武秋山幸二、元近鉄の金村義明、日本ハムの中田翔、北篤、DeNAの金城龍彦、広島の堂林翔太など。コンバート (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 第87回全国高等学校野球選手権大会

    第87回全国高等学校野球選手権大会から見た中田翔中田翔

    第5号:中田翔(大阪桐蔭)第87回全国高等学校野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 山田正雄 (野球)

    山田正雄 (野球)から見た中田翔中田翔

    1986年に村上雅則の推薦で日本ハムファイターズにスカウトとして入団し、球界へ復帰。スカウトとしてダルビッシュ有、中田翔らのドラフト指名・獲得に携わった。山田正雄 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • コーリー・ポール

    コーリー・ポールから見た中田翔中田翔

    二軍では打率が3割5分を超えるなど格の違いを見せつけ、2000年、2001年と2年連続でイースタン・リーグの三冠王に輝いている。特に、2001年に記録した27本塁打は1992年の大森剛と並んで当時のイースタン・リーグ最多タイ記録(2009年に中田翔が30本塁打で更新)、95打点は2010年現在でも最多記録(2009年に同じく中田が95打点で最多タイを記録)である。カブレラ等の影に隠れて一軍出場は少なく、不遇とも言える助っ人であった。コーリー・ポール フレッシュアイペディアより)

  • 栂野雅史

    栂野雅史から見た中田翔中田翔

    移籍後すぐに一軍に合流し、8月6日の対日本ハム戦(札幌ドーム)で移籍後初登板を果たすも中田翔に本塁打を浴びるなど不調で二軍に降格。以後声はかからず結局2試合の登板に終わった。栂野雅史 フレッシュアイペディアより)

  • 竹嶋祐貴

    竹嶋祐貴から見た中田翔中田翔

    指名挨拶時には「1年間けがせずに活躍する内海哲也投手が目標。エースと呼ばれるような大きな投手になりたい」と抱負を語った。また、ダルビッシュ有投手のようなしなやかな身体作りも目標としている(仮契約時コメントより)。この世代を代表する選手である中田翔との対戦を楽しみにしており、「直球で3球勝負したい」とコメントしている。竹嶋祐貴 フレッシュアイペディアより)

  • 江尻良文

    江尻良文から見た中田翔中田翔

    記事の内容は球界内のあらゆる事象に広範囲に渡るが、基本的には長嶋茂雄・王貞治(最近は長嶋を取り上げることが少ない。)の賛美や、その周辺の人物の発言・行動を取りあげている。2006年2月には王が福岡ソフトバンクホークス監督との兼任でワールド・ベースボール・クラシックの日本代表監督に就任したこともあり、王がらみの記事を一ヶ月間、新聞発行日に掲載し続けたこともあった。また、王の他球団に対する分析をそのまま記事にすることが多く、メジャーリーガーの松坂大輔や松井秀喜、さらには斎藤佑樹、田中将大、中田翔もその対象になっている。江尻良文 フレッシュアイペディアより)

  • 模擬ドラフト

    模擬ドラフトから見た中田翔中田翔

    現実のドラフトにおいては佐藤由規(仙台育英高校)・中田翔(大阪桐蔭高校)唐川侑己(成田高校)の3名のみ1巡目の入札があったが、模擬ドラフトでは高濱卓也(横浜高校)も入札1巡目で指名された。また、現実のドラフトでは佐藤由規への指名が最多だったが、この模擬ドラフトでは中田への指名が半数以上となった。模擬ドラフト フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
95件中 1 - 10件表示

「中田翔」のニューストピックワード