前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
150件中 1 - 10件表示
  • 2009年の日本プロ野球

    2009年の日本プロ野球から見た中田翔中田翔

    7月23日 - フレッシュオールスターゲームが札幌ドームで行なわれ、イースタンが7対0で勝利、MVPは日本ハムの中田翔2009年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • ターメル・スレッジ

    ターメル・スレッジから見た中田翔中田翔

    、チームが打席の左右を交互に打順を組む「ジグザグ打線」を採用したことで、5番・指名打者に定着。4番にはこの年8本塁打の高橋信二が座り、「つなぐ4番」として好機を演出しスレッジが返す流れが定着。5月17日のオリックス・バファローズ戦で走塁中に左太もも裏の軽い肉離れのため選手登録を抹消されたが、シーズン計117試合に出場。打率は.266で、目標にしていた30本塁打には届かなかったものの共にチームトップの27本塁打(リーグ3位)、88打点(リーグ4位)と前年以上の成績を残し、ポイントゲッターとしてチームのリーグ優勝に大きく貢献した。クライマックスシリーズ第2ステージでは、シーズン終盤に猛烈な強さをみせ球団初のCS進出を果たし、その第1ステージも2連勝で突破し勢いに乗っていた東北楽天ゴールデンイーグルスを迎え打つ。その第1戦、それまでの勢いそのままに楽天に4-8と大きくリードされ9回裏に突入。1点を返すも尚も3点差の1死満塁で打席に立つ。相手投手福盛和男の投球を左方向へ弾き返すと、打球はそのままレフトスタンドへ吸い込まれる。野球界において最高の一打とされる「3点差逆転サヨナラ満塁本塁打」となり、楽天の勢いを断ち切った。なおこの一打は2010年8月9日に2リーグ制移行60周年記念でNPBが現役選手と監督を対象に行った「史上最高の試合」「史上最高の名勝負・名場面」アンケートの「名勝負・名場面」部門で第1位に選ばれている。2勝1敗を王手をかけた第4戦では岩隈久志から3点本塁打を放ち、日本シリーズ進出を決めるなど、このシリーズ4試合で2本塁打10打点の大活躍をみせ、クライマックス・シリーズMVPを獲得。続く日本シリーズでも本塁打を放つ活躍をみせた。しかし、主砲として一定の結果を残したことで「現状の1億3,500万円からの年俸アップ」、「複数年契約」を主張する代理人側と、将来の和製大砲として期待を寄せる中田翔を育成するため「半レギュラー状態での起用」、「現状維持の年俸」、「単年契約」を提示する日本ハム球団側との間に開きがあり、保有権を喪失した12月1日に自由契約となった。日本ハムは自由契約となった後も引き続き交渉を行ったが、両者の主張は平行線を辿ったままであった。ターメル・スレッジ フレッシュアイペディアより)

  • ビーグルクルー

    ビーグルクルーから見た中田翔中田翔

    *北海道日本ハムファイターズ『中田翔』2018年登場曲ビーグルクルー フレッシュアイペディアより)

  • エディソン・バリオス

    エディソン・バリオスから見た中田翔中田翔

    8月18日に出場選手登録され一軍へ昇格し、同日の対日本ハム戦(帯広の森野球場)で来日初登板・初先発を果たし、中田翔にソロ本塁打を許したが5回を7安打2失点と粘り初勝利を挙げ、ヒーローインタビューを受けた。8月25日の対埼玉西武ライオンズ戦でも勝利し、育成出身で初登板・初勝利からの連勝は日本プロ野球史上初の記録となった。次の試合では球数がかさみ4回途中で降板して9月4日に二軍降格となった。9月20日に一軍へ合流したが、右腕に張りが出て東浜巨に登板機会を譲った。最終的に3試合で2勝を上げたが、80球前後の投球数制限が設けられていた為、全て5イニング以下で降板した。12月17日に背番号が67に変更された。エディソン・バリオス フレッシュアイペディアより)

  • 西岡剛 (内野手)

    西岡剛 (内野手)から見た中田翔中田翔

    、1月7日に登録名を本名の「西岡剛」に戻すことを表明。同年より両耳にガードがあるヘルメットを使用。1年を通し新たに負った足の故障や持病の膝痛と首痛に苦しみ、盗塁は18に減り、打撃・守備・走塁に精彩を欠いた苦しい1年となったが、2年連続の打率3割到達、自身初の2桁本塁打を達成した。シーズン終了後にはサブローとともに球団負担で渡米し、故障箇所をメディカルチェックするとともにケガのケアやリハビリ方法を学んだ。12月11日には西麻布で同期入団の早坂圭介と共に無賃乗車犯を取り押さえた。また、高校の後輩である平田良介や中田翔を含む6人と「TEAM TSUYOSHI」を結成し、都内で合同自主トレーニングを行った。西岡剛 (内野手) フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤佑樹

    斎藤佑樹から見た中田翔中田翔

    同年夏の甲子園(第88回選手権大会)では、2回戦の大阪桐蔭高校戦で、プロ入り後にチームメイトとなる中田翔と対戦し、4打数無安打3三振に封じる。同大会で早実は26年ぶりに決勝戦に進出(荒木大輔を擁した1980年以来)。8月20日の決勝戦では、夏の甲子園大会で3連覇を目指す駒大苫小牧高校のエースに成長した田中将大との投手戦になり、延長15回でも決着がつかず、1969年夏(第51回選手権大会)の松山商業高校対三沢高校戦以来37年振りの決勝引き分け再試合となった(→第51回全国高等学校野球選手権大会決勝)。翌日の再試合でも斎藤は自ら先発を志願し4連投、最後は田中を三振に打ち取って13奪三振で接戦を制し、早実を初の夏の甲子園大会優勝に導いた。この大会での投球回69、投球数948はどちらも一大会における記録としては史上1位。一大会における奪三振78は、1958年の板東英二(徳島商業高校)の83個に次いで歴代2位となった。斎藤佑樹 フレッシュアイペディアより)

  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見た中田翔中田翔

    リアル野球盤(中田翔=中田de翔、前田健太=マネケン、内川聖一=うちっかわ、石橋貴明=こにわ)博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

  • 柳田悠岐

    柳田悠岐から見た中田翔中田翔

    、4年時秋季も同リーグで首位打者とベストナインを獲得した。大学通算82試合で打率.428、8本塁打、60打点の成績を残している。 高校3年時の体重は68kgだったが、大学時代に金本知憲や中田翔らが通うジムで体重を増やした結果、遠投距離が10m伸びた上に50m走のタイムも0.3秒速くなった。柳田悠岐 フレッシュアイペディアより)

  • 平田良介

    平田良介から見た中田翔中田翔

    大阪桐蔭高校では1年夏から6番でレギュラー、秋から4番を任された。高校時代は辻内崇伸と同期で、辻内の話では、平田の肉体は入学時で完成していたため入学直後から上級生に交じって練習参加を許されたのは1年生で唯一平田だけだったという。平田が3年の時の1年生に中田翔と岡田雅利がいた。高校通算70本塁打を放つ。平田良介 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道日本ハムファイターズ

    北海道日本ハムファイターズから見た中田翔中田翔

    10月3日、高校生ドラフトで中田翔の交渉権を阪神・オリックス・ソフトバンクとの競合の末獲得。11月6日、高卒新人としては史上5人目となる契約金1億円・出来高5000万円・年俸1500万円(推定)で仮契約を交わした。オフには田中幸雄が引退し、セギノールが退団。フロントではヒルマン監督と高田GMが退団。ターメル・スレッジが加入。後任監督に梨田昌孝が就任する。北海道日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
150件中 1 - 10件表示

「中田翔」のニューストピックワード