150件中 91 - 100件表示
  • 江村直也

    江村直也から見た中田翔中田翔

    同郷の中田翔に憧れ、大阪桐蔭高等学校に野球留学。1年時の秋からベンチ入り。2年時の秋には、5番正捕手として近畿大会準優勝に貢献し、同校を選抜大会出場に導いた。夏にも期待がかかったが、桜宮高に5-2で敗れ3回戦で姿を消した。江村直也 フレッシュアイペディアより)

  • 夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャル

    夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャルから見た中田翔中田翔

    2014年正月:はじめて「チーム帝京」として戦った。「帝京高校の秘密兵器といわれ秘密のまま終わった男」石橋の高校時代の夢である「西の強豪校を倒す」をかなえるため、球界最強の大阪桐蔭OB(中村剛也・西岡剛・中田翔・浅村栄斗)と対戦。帝京高校のOBである吉岡に加え、森本が2011年正月以来の参加、埼玉県立熊谷商業高等学校出身のゴルゴは父親の仕事の都合で編入してきた「転校生」という設定で参加した。対戦相手の大阪桐蔭OBのユニフォームも大阪桐蔭のモチーフである。夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • 唐川侑己

    唐川侑己から見た中田翔中田翔

    高校生のドラフト候補として大阪桐蔭高の中田翔、仙台育英高の佐藤由規と共に高校ビッグ3と呼ばれ、2007年のプロ野球ドラフト会議で、千葉ロッテマリーンズと広島東洋カープから1巡目指名を受け、抽選の結果、地元・ロッテが交渉権を獲得。同年11月6日、契約金9000万円・年俸1000万円(金額はいずれも推定)で仮契約が成立した。背番号19。唐川侑己 フレッシュアイペディアより)

  • 小谷野栄一

    小谷野栄一から見た中田翔中田翔

    ''、それまで左翼手として出場していた後輩の中田翔が三塁手に再転向。オープン戦では主に一塁の守備に就いた。しかし、中田の守備が安定せず、その影響で打撃不振に陥ったこともあり、終盤には「レフト中田・サード小谷野」という昨シーズンまでの守備位置に戻った。3月28日の開幕戦は「6番・サード」で先発出場、延長12回裏・一死満塁の場面で、レフト前にサヨナラタイムリーを放った。5月1日の西武戦で本塁でのクロスプレーで相手選手と交錯してしまい、右膝副靭帯損傷により約2ヶ月ほど離脱。さらに、離脱期間中に三塁手を務めた近藤健介が小谷野の復帰後も引き続き三塁手で起用されるなどもあり、打率は.296を記録するも出場試合数は84試合に留まった。シーズン終了後に海外フリーエージェント権を行使。日本ハムからの残留要請に加え、西武、オリックスが獲得の意向を示し、11月26日札幌市内の球団事務所でオリックスへの移籍を表明。翌27日にはオリックスから3年契約3億円での獲得が発表された。小谷野栄一 フレッシュアイペディアより)

  • 柳瀬明宏

    柳瀬明宏から見た中田翔中田翔

    開幕を一軍で迎えた。5月17日の対オリックス戦で12回同点の場面で7番手として登板し、安打と四球、盗塁で無死二三塁とした所で伊藤光にライトへ犠牲フライを打たれサヨナラ負けを喫し、チームは首位陥落となった。5月19日に二軍へ降格。5月31日に再び一軍昇格。7月20日の新垣渚のトレード移籍により、生え抜き投手の中で最古株となった。8月20日福岡市内の病院で右肘内側側副靭帯付着部炎症と診断され、出場選手登録を抹消された。9月25日に一軍復帰し2試合を投げた。レギュラーシーズンはどんな場面からも登板し、離脱がありながらも40試合登板、防御率2.67とリーグ優勝に貢献した。クライマックスシリーズは10月16日ファイナルステージ第2戦の8回3点ビハインド二死二塁から中田翔に二塁打を打たれ走者を返してしまったが自身は0回2/3を投げ無失点だった。日本シリーズは第3戦のみベンチ入りしたが登板機会は無かった。柳瀬明宏 フレッシュアイペディアより)

  • 園部聡

    園部聡から見た中田翔中田翔

    '、6月は二軍公式戦14試合に出場し、52打数16安打5本塁打10打点、打率.308の成績で、ウエスタン・リーグの6月度月間MVPを受賞した。6月末の時点で二軍で打率.301、6本塁打17打点を記録し、7月1日付で支配下選手登録され、背番号は00に変更された。同日に出場選手登録され、3日の対千葉ロッテマリーンズ戦に6番・指名打者でプロ初出場し、2回表の初打席で初安打(左安打)を放つと、7回表の第4打席ではこの試合の決勝打となる適時打を放ち初打点を記録した。9月18日の対福岡ソフトバンクホークス戦において7番・指名打者で先発出場し、9回表の第4打席で初本塁打を放った。なお、この打席で使用したバットは中田翔にもらったものだという。12月12日、背番号がプロ入り時につけていた44'に変更されたことが発表された。園部聡 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た中田翔中田翔

    5月7日の試合で勝ち越しのホームランを放ち、ヒーローインタビューを受けた際に同じくホームランを打った中田翔に対して「中田の品のないホームランよりは、僕のほうが品があったんじゃないかと思います」と洒落で札幌ドームの日ハムファンの笑いを誘った。シーズンを通しては様々な故障を抱えていることや、稲葉篤紀やマイカ・ホフパワーが一塁手で使われるようになったことなどがあり、守備には一度もつかず、出場数が減ることとなり、主に指名打者もしくは代打での出場が主となった。7月9日の試合で川岸強から代打満塁本塁打を放った。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 塚原頌平

    塚原頌平から見た中田翔中田翔

    には、4月4日の出場選手登録を経て、翌5日の対北海道日本ハムファイターズ戦(京セラドーム大阪)に救援で自身3年振りの一軍公式戦登板を果たした。5月8日には、京セラドーム大阪での同カード9回表に救援で登板。先頭打者の中田翔、1死後に大野奨太、2死に岡大海へ死球を与えたことによって、1イニング3与死球を記録した(詳細後述)。さらに、一連の投球をめぐって両チームの選手・首脳陣がグラウンドに出る事態に至ったため、球審の山本貴則から両チームに対して警告試合が宣告された。塚原自身は、シーズン中盤までにチームトップの12ホールドを記録していたが、右第12肋軟骨の損傷が判明したことを機に7月4日付で登録を抹消。7月24日の対福岡ソフトバンクホークス戦(京セラドーム大阪)の救援登板で一軍に復帰すると、26日の同カードでは、延長11回1死からの救援登板で2/3回を無失点に抑えて一軍初セーブを挙げた。一軍公式戦では、先発の機会や勝利投手の記録がなかったものの、シーズン通算で41試合に登板。佐藤達也と並ぶチーム2位の13ホールドを記録した。塚原頌平 フレッシュアイペディアより)

  • 石川慎吾

    石川慎吾から見た中田翔中田翔

    7月18日のフレッシュオールスターで8番・右翼手で先発出場、3打数2安打2打点をあげて、優秀選手賞を獲得した。負傷離脱した中田翔に代わって、8月22日にプロ初昇格を果たした。二軍ではイースタン・リーグ2位の14本塁打を打った。石川慎吾 フレッシュアイペディアより)

  • オコエ瑠偉

    オコエ瑠偉から見た中田翔中田翔

    高校時代に「走攻守すべてに積極性があり、冷静さもある」、「足と肩はプロでもトップレベル」とスカウトから評価され、ドラフト志望届提出時に同年のトリプルスリー達成選手である山田哲人、柳田悠岐のようになりたいと表明している。プレーを参考とする選手は、走塁では鈴木尚広、打撃では中田翔・山田哲人、守備では新庄剛志・イチローである。オコエ瑠偉 フレッシュアイペディアより)

150件中 91 - 100件表示

「中田翔」のニューストピックワード