150件中 41 - 50件表示
  • 山村宏樹

    山村宏樹から見た中田翔中田翔

    1球勝利投手:2011年8月25日、対北海道日本ハムファイターズ17回戦(札幌ドーム)、7回裏2死に中田翔を左飛 ※史上32人目山村宏樹 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井純一

    藤井純一から見た中田翔中田翔

    プロ野球ドラフト会議にはファイターズの代表として競合指名選手の抽選に参加することがあり、中田翔(2007年)、斎藤佑樹(2010年)を引き当てている。特に2010年に際しては梨田昌孝監督がくじ運が悪かったこともあり、球団幹部の多数決で指名されている。藤井純一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野大地

    星野大地から見た中田翔中田翔

    、春季キャンプはB組で迎えたが、A組の紅白戦に呼ばれ、先頭中原恵司に四球を出したものの城所龍磨、金子圭輔から三振を奪い打者3人を無失点に抑えてアピールした。開幕から二軍の守護神を務め、4月23日までの9試合12イニングで防御率0.00、WHIP0.83、1勝5セーブと好成績を挙げていたため4月25日に一軍へ昇格した。同日の対北海道日本ハムファイターズ戦で9回5点ビハインドからクリーンナップを迎えて6番手でプロ初登板し、小谷野栄一をピッチャーゴロ、中田翔に四球、ミチェル・アブレイユを併殺に打ち取り1回を無失点に抑えた。その後2度抹消され、6月28日に再昇格。6月30日か5試合登板し、うち3試合で失点し8月2日に再び二軍降格された。その間7月18日に秋田こまちスタジアムで行われたフレッシュオールスターゲームにも出場した。9月5日に再昇格して同日の試合に出たが無死三塁から3失点し翌9月6日に二軍へ降格。一軍出場は7試合に終わった。二軍では34試合に出場し16セーブ(リーグ2位)を挙げたが防御率は4.85、WHIP1.59だった。オフはプエルトリコのウィンターリーグに派遣され、11月3日から12月18日までの16試合に中継ぎとして出場し、0勝1敗5セーブ5ホールド、防御率2.82、WHIP0.90の成績を残した。星野大地 フレッシュアイペディアより)

  • PERFECT HUMAN

    PERFECT HUMANから見た中田翔中田翔

    また「na, ka, ta, nakata」という歌詞にかけて、北海道日本ハムファイターズの中田翔が登場曲として使用している。PERFECT HUMAN フレッシュアイペディアより)

  • 在日認定

    在日認定から見た中田翔中田翔

    「ソウル新聞」が、日本プロ野球の中田翔を「中田は韓国人であるお父さんと日本人であるお母さんの間で生まれたが幼い時お父さんが家庭を捨てて不遇な時代を過ごした」と根拠なく報じた。在日認定 フレッシュアイペディアより)

  • 2013 ワールド・ベースボール・クラシック 1組

    2013 ワールド・ベースボール・クラシック 1組から見た中田翔中田翔

    先発は日本が能見、チャイニーズタイペイは王建民。日本は序盤からチャンスをつくるが得点することはできず。すると3回裏、チャイニーズタイペイは押し出しの四球で1点を先制。さらに5回にも、彭政閔のタイムリーで2 - 0とする。しかし日本は8回表、阿部と坂本勇人のタイムリーで2 - 2の同点に追いつく。しかし直後の8回裏に田中が周思斉にタイムリーを許し、2 - 3とされる。しかし日本は9回表2死一塁の場面で、一塁走者の鳥谷が盗塁を決めて2死二塁になり、その直後に井端弘和が2ストライクと追い込まれながらも起死回生のタイムリーを放ち再び3 - 3の同点に追いつく。さらに延長10回表一死二・三塁から中田翔が犠牲フライを放ち、日本が4 - 3とリードする。10回裏は杉内が一死一・二塁ピンチをつくるが、最後はダブルプレーで凌ぎ、日本がチャイニーズタイペイとの死闘を制した。2013 ワールド・ベースボール・クラシック 1組 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    2007年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)から見た中田翔中田翔

    1巡目の指名は「BIG3」と称される中田翔(大阪桐蔭高、4球団)、佐藤由規(仙台育英高、5球団)、唐川侑己(成田高、2球団)の3名に指名が集中し、1巡目2回目の指名でも高濱卓也、岩嵜翔(各2球団)の2名が複数指名となった。5度の抽選開催は史上初。1巡目で単独指名が行われなかったのは、1978年のドラフト会議において江川卓(阪神、南海、近鉄、ロッテ)、森繁和(クラウンライター、ヤクルト、中日、日本ハム)、木田勇(広島、大洋、阪急)の3名に全球団(巨人はボイコット)が入札して以来29年ぶりであった。2007年度新人選手選択会議 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 小山伸一郎

    小山伸一郎から見た中田翔中田翔

    2011年には中田翔を6打数無安打、中村剛也を5打数無安打に抑えるなど力勝負の打者に強い。小山伸一郎 フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・カブレラ

    アレックス・カブレラから見た中田翔中田翔

    打席で構える際に行っていた背中を後方に反る独特の構えが特徴で、その構えはカブレラが西武時代に高校生であった平田良介や中田翔も模倣するなど、全国の高校球児にも伝播するほどの人気を誇ったが、オリックスに移籍した2008年頃からは持病の腰痛の為、反らずに担ぐようになっている。アレックス・カブレラ フレッシュアイペディアより)

  • 和歌山県営紀三井寺野球場

    和歌山県営紀三井寺野球場から見た中田翔中田翔

    2006年(平成18年)11月3日に行われた秋季高校野球近畿大会で、大阪桐蔭高等学校2年の中田翔が場外へ飛び出す特大の本塁打を放った。飛距離は当初「160m」と推定値を算出して公式記録としたが、その後紀三井寺公園管理事務所が衛星写真などを使用して到達距離を測定した結果、飛距離は推定「170m」、到達距離は「188.41m」と算出され、異例の訂正となった(尚、中田以前の紀三井寺での最長飛距離記録は、元阪神タイガース・濱中治が高校時代に放った130m)。中田のホームランボールは紀三井寺公園陸上競技場に記念盾と共に展示されていた。(現在は保管中)これに対応する形で、2007年(平成19年)よりレフト線から左中間付近までとライト線から右中間付近までに防球ネットが設置された。(その映像。アマチュアカメラマン製作)ただし、映像を見る限りこの防球ネットがその時にあっても中田のホームランは止められなかったようだ。和歌山県営紀三井寺野球場 フレッシュアイペディアより)

150件中 41 - 50件表示

「中田翔」のニューストピックワード