150件中 61 - 70件表示
  • 2016年の日本シリーズ

    2016年の日本シリーズから見た中田翔中田翔

    優秀選手賞(3名):アンソニー・バース、西川遥輝、中田翔(いずれも日本ハム)2016年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 田中幸雄 (内野手)

    田中幸雄 (内野手)から見た中田翔中田翔

    シーズン最終戦となる9月19日の東京ドームにおける対楽天戦で代打として適時打を打ち、試合後に同年限りでの現役引退を正式に発表。スタンドから「幸雄」コールが湧き起こったという。11月25日に札幌ドームで開催されたファンフェスティバルにおいて、引退セレモニーが行われた。11月26日付で任意引退選手として公示されている。同年、パ・リーグから特別表彰(功労賞)を授与された。現役時代に長くつけていた背番号6は、その功績を称えて球団の永久欠番にする事も検討されたが、本人の快諾を得た上で、その年の秋に入団した中田翔に継承された。田中幸雄 (内野手) フレッシュアイペディアより)

  • 松井佑介

    松井佑介から見た中田翔中田翔

    大商大堺高校では、1年夏からベンチ入りし、秋からレギュラー。高校3年次の夏の決勝戦では、先発投手として辻内崇伸、平田良介、中田翔擁する大阪桐蔭に敗れ甲子園出場はならなかった。投手としても143km/hの球を投げていた。松井佑介 フレッシュアイペディアより)

  • 東浜巨

    東浜巨から見た中田翔中田翔

    ''は開幕6枚目の先発に抜擢され、4月3日に行われた対日本ハム戦に登板し、初回に2点の援護をもらったが、3回に連続四球で満塁とし北篤に適時打、大引啓次に押し出し四球で同点に追いつかれ、4回に1点勝ち越したが、5回中田翔に左中間へ逆転の2点本塁打を浴び降板、翌日の4月4日に出場選手登録を抹消された。6月29日に昇格し、同日の対埼玉西武ライオンズ戦、7月6日の対楽天戦と連勝した。その後2連敗し、7月31日に再び抹消。9月19日に再昇格。9月24日には3回6失点でノックアウトされた先発攝津正の後を受け、9回まで投げ6イニング1失点に抑え、これが救援での公式戦自身最長イニングとなった。シーズンの大半は二軍で暮らし先発17試合で7勝、救援で2勝の計9勝をあげ、リーグ最多の3完投、防御率2.11(リーグ2位)とウエスタン・リーグ優勝に貢献した。10月4日のファーム日本選手権で先発、千葉ロッテ二軍を5回2失点に抑え、1点リードで降板したが、後続の岩嵜翔、巽真悟が失点しファーム日本一とはならなかった。東浜巨 フレッシュアイペディアより)

  • 石田隆司

    石田隆司から見た中田翔中田翔

    東海大仰星高校から硬式野球部に入部。2年秋の大阪桐蔭高校戦では、中田翔から特大の本塁打を浴びた。3年夏の全国高等学校野球選手権大阪大会で大阪桐蔭高校と再び対戦すると、中田を5打数で1本の単打に抑えたが、チームの勝利にはつながらなかった。石田隆司 フレッシュアイペディアより)

  • 竹嶋祐貴

    竹嶋祐貴から見た中田翔中田翔

    2007年のドラフト会議において読売ジャイアンツに4巡目で指名され入団。滑川高校史上初のプロ野球選手である。10月23日契約金4000万円、年俸480万円で仮契約した。指名挨拶時には「1年間けがせずに活躍する内海哲也投手が目標。エースと呼ばれるような大きな投手になりたい」と抱負を語った。また、ダルビッシュ有投手のようなしなやかな身体作りも目標としている(仮契約時コメントより)。この世代を代表する選手である中田翔との対戦を楽しみにしており、「直球で3球勝負したい」とコメントしている。竹嶋祐貴 フレッシュアイペディアより)

  • 4月22日

    4月22日から見た中田翔中田翔

    1989年 - 中田翔、プロ野球選手4月22日 フレッシュアイペディアより)

  • 森田一成

    森田一成から見た中田翔中田翔

    ドラフトでの指名を後押しした星野から「松井秀喜や中田翔よりも打球を飛ばす力がある」と太鼓判を押されるほどの長打力が武器。二軍コーチの八木裕からは変化球に対応する器用なバットコントロールを評価されている。チームメイトであったクレイグ・ブラゼルとは大柄で懐の深い左打者という共通点があり、風貌も似ていることから「小ブラゼル(こぶらぜる)」と称された。ちなみに、2013年の秋季キャンプから阪神の「ゼネラルマネジャー付育成&打撃コーディネーター(DC)」として指導者生活を始めた掛布雅之からは、自身の現役時代にクリーンアップを組んだランディ・バース(森田と同じく大柄で長打力の高い左打ちの一塁手)にちなんで「小バース(こばーす)」と呼ばれている。森田一成 フレッシュアイペディアより)

  • 栗山英樹

    栗山英樹から見た中田翔中田翔

    監督就任1年目となった2012年はチームのエースだったダルビッシュ有が抜け苦戦も予想されたが、吉川光夫、中田翔ら若手選手の台頭もあり開幕当初から好調を維持。10月2日、新人監督として17人目のリーグ優勝を果たした。なお、プロ野球史上初めてリーグ5球団のうち3球団(西武、ソフトバンク、楽天)に負け越して優勝した。クライマックスシリーズでもファイナルステージで福岡ソフトバンクホークスを無傷の4連勝(リーグ優勝チームのアドバンテージの1勝を含む)で降し、現役時代は出場経験がなかった日本シリーズへの出場権を獲得したが、読売ジャイアンツと対戦した日本シリーズでは2勝4敗で敗れ、日本一獲得はならなかった。日本シリーズ敗退後、栗山との確執が報道された投手コーチの吉井理人が退団した。しかし、吉井は後に2016年から一軍投手コーチとして復帰している。栗山英樹 フレッシュアイペディアより)

  • 石井杏奈 (歌手)

    石井杏奈 (歌手)から見た中田翔中田翔

    3rdシングル「You're my Hero」は広島東洋カープの前田健太投手(現MLB・ロサンゼルス・ドジャース)への応援歌であり、本人も球場で登場曲として使用していた。PVには北海道日本ハムファイターズの中田翔外野手や、前田健太と同じく広島の岩本貴裕外野手を輩出した名門リトルシニアチーム「広島鯉城シニア」の部員が出演した。石井杏奈 (歌手) フレッシュアイペディアより)

150件中 61 - 70件表示

「中田翔」のニューストピックワード