95件中 71 - 80件表示
  • 中区 (広島市)

    中区 (広島市)から見た中田翔中田翔

    中田翔(プロ野球北海道日本ハムファイターズ内野手)中区 (広島市) フレッシュアイペディアより)

  • 甲子園連覇

    甲子園連覇から見た中田翔中田翔

    準決勝では平田良介・辻内崇伸・中田翔など大型選手を揃えて優勝候補筆頭と目されていた大阪桐蔭を延長の末破った。甲子園連覇 フレッシュアイペディアより)

  • ウィ・ウィル・ロック・ユー

    ウィ・ウィル・ロック・ユーから見た中田翔中田翔

    馬原孝浩 (ソフトバンク)・藤田宗一 (巨人)の登場曲。また、高校野球で大阪桐蔭高校の中田翔(現・日本ハム)が打席に登場するとこの曲がブラスバンドによって演奏され、中田もプロ入り後に使用。ウィ・ウィル・ロック・ユー フレッシュアイペディアより)

  • 北海道日本ハムファイターズ

    北海道日本ハムファイターズから見た中田翔中田翔

    10月3日、高校生ドラフトで中田翔の交渉権を阪神・オリックス・ソフトバンクとの競合の末獲得。11月6日、高卒新人としては史上5人目となる契約金1億円・出来高5000万円・年俸1500万円(推定)で仮契約を交わした。オフには田中幸雄が引退し、監督のヒルマンとGMの高田が退団した。後任監督は梨田昌孝。北海道日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

  • 和歌山県営紀三井寺野球場

    和歌山県営紀三井寺野球場から見た中田翔中田翔

    2006年(平成18年)11月3日に行われた秋季高校野球近畿大会で、大阪桐蔭高等学校2年の中田翔が場外へ飛び出す特大の本塁打を放った。飛距離は当初「160m」と推定値を算出して公式記録としたが、その後紀三井寺公園管理事務所が衛星写真などを使用して到達距離を測定した結果、飛距離は推定「170m」、到達距離は「188.41m」と算出され、異例の訂正となった(尚、中田以前の紀三井寺での最長飛距離記録は、現オリックス・濱中治が高校時代に放った130m)。中田のホームランボールは紀三井寺公園陸上競技場の正面ロビーに記念盾と共に展示されている。これに対応する形で、2007年(平成19年)よりレフト線から左中間付近までとライト線から右中間付近までに防球ネットが設置された。(その映像。アマチュアカメラマン製作)和歌山県営紀三井寺野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 2013 ワールド・ベースボール・クラシック 1組

    2013 ワールド・ベースボール・クラシック 1組から見た中田翔中田翔

    先発は日本が能見、台湾は王建民。日本は序盤からチャンスをつくるが得点することはできず。すると3回裏、台湾は押し出しの四球で1点を先制。さらに5回にも、彭政閔のタイムリーで2 - 0とする。しかし日本は8回表、阿部と坂本のタイムリーで2 - 2の同点に追いつく。しかし直後の8回裏に田中が周思斉にタイムリーを許し、2 - 3とされる。しかし日本は9回表2死一塁の場面で、一塁走者の鳥谷が盗塁を決めて2死二塁になり、その直後に井端が2ストライクと追い込まれながらも起死回生のタイムリーを放ち再び3 - 3の同点に追いつく。さらに延長10回表一死二・三塁から中田が犠牲フライを放ち、日本が4 - 3とリードする。10回裏は杉内が一死一・二塁ピンチをつくるが、最後はダブルプレーで凌ぎ、日本が台湾との死闘を制した。2013 ワールド・ベースボール・クラシック 1組 フレッシュアイペディアより)

  • パイパン

    パイパンから見た中田翔中田翔

    プロ野球選手の中田翔はバリカンで股間の剃毛を行っている。スライディングパンツに擦れたり挟まったりして集中を乱されたくないというのが理由。他の選手も剃毛を行っていると中田は主張している。尚、メジャーリーグでは、スライディング時に陰毛が引火し身体を火傷することを防ぐ目的で、怪我保護の観点からパイパンにすることが1970年代から現在まで通例となっている。パイパン フレッシュアイペディアより)

  • 唐川侑己

    唐川侑己から見た中田翔中田翔

    高校生のドラフト候補として大阪桐蔭高の中田翔、仙台育英高の佐藤由規と共に高校ビッグ3と呼ばれ、2007年のプロ野球ドラフト会議で、千葉ロッテマリーンズと広島東洋カープから1巡目指名を受け、抽選で地元・ロッテが交渉権を獲得。同年11月6日、契約金9000万円・年俸1000万円(金額はいずれも推定)で仮契約が成立した。背番号19。唐川侑己 フレッシュアイペディアより)

  • 松本ひでおのショウアップナイターネクスト

    松本ひでおのショウアップナイターネクストから見た中田翔中田翔

    2月18日?2月22日の1週間、ニッポン放送のみ19:00までの短縮版となり、19:00以降はNRNネット局版の別内容が放送される。(2月18日?2月21日は「坂崎幸之助のオールナイトニッポン40thグラフティ」・2月22日は「加藤和彦のオールナイトニッポン40thSP 洋楽セレクション」をそれぞれ19:00?22:00の3時間放送される為、夜8時の箱番組も火曜日を除き休止される。)ネット局分のパーソナリティは2月18日と2月21日が煙山光紀アナ、2月19日と2月22日が洗川雄司アナ、3月20日の水曜日のみ清水久嗣アナで火曜日20:00?20:30と木曜日の「竹中平蔵」のコーナーのみそれぞれ中断し、それ以外は通常のコーナーは休止となっている。ニッポン放送版はこの1週間18:30頃に中田翔選手が登場するコーナーを放送し、「小島奈津子のおかえりなさい」はお休みをした。松本ひでおのショウアップナイターネクスト フレッシュアイペディアより)

  • 丹羽将弥

    丹羽将弥から見た中田翔中田翔

    2007年に高校生ドラフト1位(中田翔の外れ1位)で入団。高校通算23本塁打。丹羽将弥 フレッシュアイペディアより)

95件中 71 - 80件表示

「中田翔」のニューストピックワード