150件中 81 - 90件表示
  • 牧野真莉愛

    牧野真莉愛から見た中田翔中田翔

    ハロプロ研修生時代からプロ野球・北海道日本ハムファイターズのファンであることを明らかにしており、日本ハムの応援歌をステージ上で披露した経験を持つ。なお3歳の頃までは地元愛知の中日ドラゴンズのファンであったが、当時の日本ハムの選手であるSHINJOを見たことがきっかけとなりファンの球団が変わった。中田翔の大ファンであり、同選手からもらったサイン入りバットをバットケースに入れていつも持ち歩いているほどである。牧野真莉愛 フレッシュアイペディアより)

  • 大島裕行

    大島裕行から見た中田翔中田翔

    高校時代は通算本塁打86本(歴代6位)を記録(2007年に中田翔に破られるまでの歴代最多記録)。早くから注目を集め、埼玉の怪物と呼ばれたほどである。大島裕行 フレッシュアイペディアより)

  • 杉谷拳士

    杉谷拳士から見た中田翔中田翔

    日本ハムでは1年先輩の中田翔の「世話役」として、主に中田にいじられることが多い。自身のSNS上で中田との写真を公開するなどお互いに気心の知れた関係である。また、敵地西武ドームでの試合前での打撃練習中に同球場のウグイス嬢からもいじられている。なお、西武ドームのウグイス嬢による口撃は2014年9月から行われているが、そのきっかけは杉谷が知人団体の同球場での観戦に際し、リクエストしたことである。杉谷拳士 フレッシュアイペディアより)

  • 森本龍弥

    森本龍弥から見た中田翔中田翔

    は、中田翔の怪我もあり、4月13日に入団後初めて一軍登録されると、同日の対福岡ソフトバンクホークス戦で「8番・一塁」で初出場、初先発出場を果たすと、初打席でセンター前にヒットを放った。森本龍弥 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邉諒

    渡邉諒から見た中田翔中田翔

    2013年のドラフト会議では北海道日本ハムファイターズから三度の抽選失敗(桐光学園・松井裕樹、日本生命・柿田裕太、横浜商大・岩貞祐太)後の1位指名を受けた(しかし、内野手では大学・社会人を含めて最上位の評価を受けた)。この指名について渡邉は、「(高橋)周平さんは3球団競合(オリックス、東京ヤクルトスワローズ、中日による競合)で自分は最後(の1位指名)でしたけど、1位(指名)は変わらないので(周平さんに)追いついたと思う」と語っている。日本ハム球団の印象については、「去年大谷(翔平)さんが入って良いチームだと思う。中田翔選手など良い選手がいるので打撃を聞いてみたい。守備面では、同じ遊撃手で(出身地の茨城県土浦市にある)常総学院OBの金子誠さんに教わりたいです」と語っている。渡邉諒 フレッシュアイペディアより)

  • 高濱祐仁

    高濱祐仁から見た中田翔中田翔

    10歳の時、兄・卓也がいた横浜高校との対戦で本塁打を放ったのを見てから中田翔のファンになり、中田が憧れの選手になった。中学3年生時に兄経由で中田からバットをもらい、高校時代も練習で使っていた。また、日本ハム入団後はチームメイトになった中田への「弟子入り」を熱望した。高濱祐仁 フレッシュアイペディアより)

  • パイパン

    パイパンから見た中田翔中田翔

    プロ野球選手の中田翔はバリカンで股間の剃毛を行っている。スライディングパンツに擦れたり挟まったりして集中を乱されたくないというのが理由。他の選手も剃毛を行っていると中田は主張している。パイパン フレッシュアイペディアより)

  • 由規

    由規から見た中田翔中田翔

    2007年の高校生ドラフトでは、中田翔(大阪桐蔭)、唐川侑己(成田)と並んで「高校ビッグ3」と呼ばれ、地元の楽天の他、ヤクルト・横浜・中日・巨人の5球団が1巡目で競合。抽選の結果、ヤクルトが交渉権を獲得した。ドラフト指名後の会見では、家族に対する感謝を述べた際に家族が目に入り号泣している。後にプロ入り前の激励会でも涙し、「泣き虫王子」「号泣(剛球)王子」と呼ばれる。由規 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田雅利

    岡田雅利から見た中田翔中田翔

    中学生時代は「桜井リトルシニア」に所属していた。大阪桐蔭高等学校2年生の時に正捕手として第88回全国高等学校野球選手権大会に出場。1回戦で第78回選抜高等学校野球大会優勝校の横浜高等学校に勝利するも、2回戦で斎藤佑樹を擁する早稲田実業に敗退した。3年生時の第79回選抜高等学校野球大会では中田翔とバッテリーを組みベスト8に進出した。第89回全国高等学校野球選手権大会・大阪大会では決勝で金光大阪高等学校に敗れ準優勝。岡田雅利 フレッシュアイペディアより)

  • 高濱卓也

    高濱卓也から見た中田翔中田翔

    当初は佐賀県内の高校への進学を希望していたが、高濱の試合を観戦していた横浜高校野球部監督の渡辺元智を慕い同校に進学。入学後に内野手へ転向し、1年時から1番打者としてレギュラーとなる。2年時には3番遊撃手として第78回選抜高等学校野球大会では、1学年上の福田永将、佐藤賢治とクリーンナップを組み、土井健大を擁する履正社高校、大嶺祐太を擁する八重山商工、斎藤佑樹を擁する早稲田実業高校、尾藤竜一を擁する岐阜城北高校などを破り優勝。春夏連続出場となった第88回全国高等学校野球選手権大会では、中田翔を擁する大阪桐蔭高校に敗れ一回戦敗退。3年夏は神奈川大会準決勝で東海大学付属相模高等学校と対戦し、菅野智之に振り逃げ3ランを許し敗退した。高校通算18本塁打。高濱卓也 フレッシュアイペディアより)

150件中 81 - 90件表示

「中田翔」のニューストピックワード