161件中 31 - 40件表示
  • 中田翔

    中田翔から見た野村克也

    この年から日本ハムの監督に就任した栗山英樹は、中田を中心とするチーム作りの意向を示しており、「4番・左翼手」として開幕スタメン。しかし、開幕から24打席無安打(25打席目で本塁打)となり、交流戦の頃から足を上げてタイミングを取る打法に切り替え、以後もフォームが定まらなかった。前半戦は打率1割台と不調だったが、栗山が不調でも我慢して使い続けたこともあり、最終的にレギュラーシーズンの全試合に4番打者として起用され続けた。球団では張本勲(1963年)、柏原純一(1983年)に続いて3人目の全試合4番出場となった。優勝チームでの全試合4番出場はパ・リーグでは野村克也(南海ホークス・1966年)以来、3人目。8月から徐々に調子を上げていき、後半戦は打率.293、14本塁打、OPS.882を記録。シーズン通算では打率はリーグワースト3位の.239、得点圏打率は.198に終わったが、リーグ2位の24本塁打、リーグ3位の77打点(チーム首位)をマーク。先制打、同点打、勝ち越し打、逆転の殊勲安打30本、17勝利打点はリーグ最多と、両極端な結果となった。内容的には前年に比べて三振を減らし、より四球を記録し、BB/Kを向上させるとともにリーグ最多得点を獲得した。また守備面では外野手としてリーグトップの19補殺(球団タイ記録)を記録し、そのうち9が併殺であり、中日の原田督三、松竹の岩本義行の外野手シーズン併殺数のプロ野球記録を62年ぶりに更新した。パ・リーグでは23年ぶりの2年連続リーグ最多補殺を記録。シーズン最後の連戦で、連敗すれば2位西武に並ばれる9月28日の西武戦では2ラン、3ランを放ってチームの全得点を記録し、リーグ優勝に貢献。中田翔 フレッシュアイペディアより)

  • 中田翔

    中田翔から見た大隣憲司

    初打点:2009年9月27日、対福岡ソフトバンクホークス23回戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)、7回表に大隣憲司から中犠飛中田翔 フレッシュアイペディアより)

  • 中田翔

    中田翔から見た東北楽天ゴールデンイーグルス

    は、長距離打者であるターメル・スレッジの退団と、レギュラー左翼手だった森本稀哲が故障で離脱した事もあり、開幕戦で七番・左翼手として自身初の開幕戦先発出場を果たし、杉内俊哉から自身初の2点適時打を打つ。その後も主に相手先発が左腕投手の試合で先発出場し、左翼手の守備も無難にこなしていたが、4月18日の試合を最後に二軍落ちする。その3日後の21日の二軍の試合で左ひざ半月板を損傷。5月10日に手術を受けた。7月19日に一軍昇格。七番・指名打者として先発出場し、復帰後初安打。翌20日の千葉ロッテマリーンズ戦にも先発出場し、大嶺祐太からプロ入り初本塁打(公式戦91打席目)を打った。8月6日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦では栂野雅史と青山浩二から2打席連続本塁打を記録した。夏場には金子千尋、涌井秀章、和田毅、田中将大らエース級の投手から立て続けに本塁打を打ったが、9月に入ると調子を落とし、最終的には打率.233、本塁打9、打点22に終わった。なお、9本の本塁打は7月20日から8月20日までの約1ヶ月間に打ったものである。中田翔 フレッシュアイペディアより)

  • 中田翔

    中田翔から見たゴールデングラブ賞

    シーズンでは年間を通して一塁手として出場。交流戦終了の6月中旬までに20本塁打を記録する例年以上のペースで本塁打を量産していった。しかし慢性的な膝の不調に悩まされ、後半戦は大きく失速。不振に苦しむも、最終戦で涌井秀章から本塁打を放ち、キャリア初の30本塁打を記録。また、2年連続100打点を記録した(同チーム内での2年連続100打点は、東映時代に大杉勝男(1971〜1973年)が記録して以来2人目である)。守備は年間を通して安定し、初のゴールデングラブ賞を獲得した。中田翔 フレッシュアイペディアより)

  • 中田翔

    中田翔から見たオリックス・バファローズ

    10月3日のプロ野球ドラフト会議(高校生対象)においては、佐藤由規、唐川侑己と並んで「高校ビッグ3」と呼ばれ、北海道日本ハムファイターズ、阪神タイガース、オリックス・バファローズ、福岡ソフトバンクホークスの4球団から1位指名を受けて、抽選で交渉権を獲得した日本ハムに入団。同年11月6日、高卒新人としては史上5人目となる契約金1億円、出来高5000万円、年俸1500万円(推定)で契約。背番号は同年オフに現役引退した田中幸雄が着用していた「6」を引き継いだ。中田翔 フレッシュアイペディアより)

  • 中田翔

    中田翔から見た東京ヤクルトスワローズ

    広島市立竹屋小学校3年から広島鯉城リトルで捕手として野球を始める。6年時に投手に転向。広島鯉城シニア時代は連盟記録となる通算51本塁打。広島市立国泰寺中学校3年時に鯉城シニアで日本代表入り。エースで4番を務め、米国遠征で4本塁打を打ちMVPに輝き、世界大会準優勝の原動力となる。投手としても141km/hを計測した。中3時にイベントで訪れたヤクルト・山本樹投手と勝負して3打数2安打、シニアの県大会で御建公園野球場で打った場外ホームランは、隣接する御建神社の屋根を破壊し、神社から弁償を請求された推定170m弾だったといわれる。広島で過ごした少年時代は、当時の広島市民球場でプロ野球選手になる夢を抱いた広島東洋カープファンだった。子どもの頃の実家の近所に緒方孝市宅があり、家に押しかけてサインをもらったこともある。中田翔 フレッシュアイペディアより)

  • 中田翔

    中田翔から見た福岡ソフトバンクホークス

    10月3日のプロ野球ドラフト会議(高校生対象)においては、佐藤由規、唐川侑己と並んで「高校ビッグ3」と呼ばれ、北海道日本ハムファイターズ、阪神タイガース、オリックス・バファローズ、福岡ソフトバンクホークスの4球団から1位指名を受けて、抽選で交渉権を獲得した日本ハムに入団。同年11月6日、高卒新人としては史上5人目となる契約金1億円、出来高5000万円、年俸1500万円(推定)で契約。背番号は同年オフに現役引退した田中幸雄が着用していた「6」を引き継いだ。中田翔 フレッシュアイペディアより)

  • 中田翔

    中田翔から見た日本テレビ放送網

    徳光&所の世界記録工場(日本テレビ、2010年12月29日)中田翔 フレッシュアイペディアより)

  • 中田翔

    中田翔から見たフジテレビジョン

    ダウンタウンなう(フジテレビ、2016年1月8日)中田翔 フレッシュアイペディアより)

  • 中田翔

    中田翔から見たターゲット・コーポレーション

    2018年1月27日より写真共有SNS・Instagramで自身のアカウントを開設し、プロフィールには自らを「北のジャイアン」と記した。高校生時代の写真などを投稿し、開始2日でフォロワーが14万人に達するほどの好評を博す。しかし、1月29日にチームメイトの西川遥輝、井口和朋、松本剛とともにアメリカ国内のスーパーマーケット・ターゲットで買い出しに出掛けている様子を投稿したところ、その中に中田と西川がショッピングカートに乗ってはしゃぐ迷惑行為を行っている写真があり、その写真に対して非難の声が集中してしまった。中田翔 フレッシュアイペディアより)

161件中 31 - 40件表示

「中田翔」のニューストピックワード