99件中 31 - 40件表示
  • 中田翔

    中田翔から見た原田督三

    、1月11日に高校の同級生と結婚したことを発表。シーズンでは開幕6試合目第3打席までの24打席に安打が出ず(25打席目で本塁打)、前半戦は打率1割台と不調であったが、同年より監督を務めた栗山英樹は不調の時期でもレギュラーシーズンの全試合に中田を四番打者として起用し続けた。8月から徐々に調子を上げていき、後半戦は打率.293、14本塁打、OPS.882を記録。シーズン通算では打率こそリーグワースト3位の.239に終わったが、リーグ2位の24本塁打、同3位の77打点をマーク。内容的にも前年に比べて三振を減らし、より四球を記録し、BB/Kを向上させた。また守備面では外野手としてリーグトップの19補殺を記録し、そのうち9が併殺であり、中日の原田督三、松竹の岩本義行の外野手シーズン併殺数のプロ野球記録を62年ぶりに更新した。中田翔 フレッシュアイペディアより)

  • 中田翔

    中田翔から見た渡部龍一

    2011年まで同僚だったダルビッシュ有と渡部龍一を慕っている。ダルビッシュからは「日本記録の56本塁打を打つまで認めない」などと叱咤され、ダルビッシュのメジャー移籍後も言葉をかけられている。2012年には前年に戦力外通告を受け退団した渡部のラッキーカラーである紫色のグッズを身につけて試合に臨んだ。中田翔 フレッシュアイペディアより)

  • 中田翔

    中田翔から見た水上善雄

    水上善雄 - 入団当時の日本ハム二軍監督(2009年まで在籍)。公私ともに中田に対して自らの体験を基に指導している。中田翔 フレッシュアイペディアより)

  • 中田翔

    中田翔から見た大下弘

    2012年のシーズン19補殺は、の大下弘と並ぶ球団最多タイ。中田翔 フレッシュアイペディアより)

  • 中田翔

    中田翔から見た植松優友

    大阪桐蔭高校に進学すると、1年夏には五番・一塁手でレギュラーとなり、投手としても最速147km/hを計測。秋からはエースで四番を任され、2年春には151km/hまで球速が伸びた。2年時は肩の故障で投手としては活躍が出来なかったが、四番・右翼手として出場し、打者として大阪大会新記録となる4試合連続本塁打、甲子園では推定飛距離140メートル弾、更に秋季近畿大会では和歌山県営紀三井寺野球場で推定飛距離170メートルの本塁打を打つ。この頃から「平成の怪物」と呼ばれるようになる。3年生時の7月6日、全国高校野球大阪大会直前の練習試合・生野工業高校戦にて当時の高校通算本塁打の新記録となる87本目の本塁打を記録。大阪大会の決勝ではエースの植松優友を擁する金光大阪高校と対戦し、投手としては初回に3失点、打撃でも厳しいマークに遭い5打数無安打と振るわず、チームも敗戦し甲子園出場を逃した。高校通算87本塁打、甲子園でも歴代7位となる4本塁打を打った。中田翔 フレッシュアイペディアより)

  • 中田翔

    中田翔から見た涌井秀章

    、長距離打者であるターメル・スレッジの退団と、レギュラー左翼手だった森本稀哲が故障で離脱した事もあり、開幕戦で七番・左翼手として自身初の開幕戦先発出場を果たし、杉内俊哉から自身初の2点適時打を打つ。その後も主に相手先発が左腕投手の試合で先発出場し、左翼手の守備も無難にこなしていたが、4月18日の試合を最後に二軍落ちする。その3日後の21日の二軍の試合で左ひざ半月板を損傷。5月10日に手術を受けた。7月19日に一軍昇格。七番・指名打者として先発出場し、復帰後初安打。翌20日の千葉ロッテマリーンズ戦にも先発出場し、大嶺祐太からプロ入り初本塁打(公式戦91打席目)を打った。8月6日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦では栂野雅史と青山浩二から2打席連続本塁打を記録した。夏場には金子千尋、涌井秀章、和田毅、田中将大らエース級の投手から立て続けに本塁打を打ったが、9月に入ると調子を落とし、最終的には打率.233、本塁打9、打点22に終わった。なお、9本の本塁打は7月20日から8月20日までの約1ヶ月間に打ったものである。中田翔 フレッシュアイペディアより)

  • 中田翔

    中田翔から見た井野卓

    初盗塁:2011年4月24日、対東北楽天ゴールデンイーグルス3回戦(ほっともっとフィールド神戸) - 5回表に二盗、投手は川岸強、捕手は井野卓中田翔 フレッシュアイペディアより)

  • 中田翔

    中田翔から見た由規

    10月3日のプロ野球ドラフト会議(高校生対象)においては、佐藤由規、唐川侑己と並んで「高校ビッグ3」と呼ばれ、北海道日本ハムファイターズ、阪神タイガース、オリックス・バファローズ、福岡ソフトバンクホークスに1巡目で指名され、抽選で交渉権を獲得した日本ハムに入団。同年11月6日、高卒新人としては史上5人目となる契約金1億円、出来高5000万円、年俸1500万円(推定)で契約。背番号は同年オフに現役引退した田中幸雄の6を引き継いだ。中田翔 フレッシュアイペディアより)

  • 中田翔

    中田翔から見た和田毅

    、長距離打者であるターメル・スレッジの退団と、レギュラー左翼手だった森本稀哲が故障で離脱した事もあり、開幕戦で七番・左翼手として自身初の開幕戦先発出場を果たし、杉内俊哉から自身初の2点適時打を打つ。その後も主に相手先発が左腕投手の試合で先発出場し、左翼手の守備も無難にこなしていたが、4月18日の試合を最後に二軍落ちする。その3日後の21日の二軍の試合で左ひざ半月板を損傷。5月10日に手術を受けた。7月19日に一軍昇格。七番・指名打者として先発出場し、復帰後初安打。翌20日の千葉ロッテマリーンズ戦にも先発出場し、大嶺祐太からプロ入り初本塁打(公式戦91打席目)を打った。8月6日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦では栂野雅史と青山浩二から2打席連続本塁打を記録した。夏場には金子千尋、涌井秀章、和田毅、田中将大らエース級の投手から立て続けに本塁打を打ったが、9月に入ると調子を落とし、最終的には打率.233、本塁打9、打点22に終わった。なお、9本の本塁打は7月20日から8月20日までの約1ヶ月間に打ったものである。中田翔 フレッシュアイペディアより)

  • 中田翔

    中田翔から見た西岡剛 (内野手)

    高校の先輩である西岡剛と親交が深く、例年自主トレをともにしている。中田翔 フレッシュアイペディアより)

99件中 31 - 40件表示

「中田翔」のニューストピックワード