99件中 41 - 50件表示
  • 中田翔

    中田翔から見た田中幸雄 (内野手)

    10月3日のプロ野球ドラフト会議(高校生対象)においては、佐藤由規、唐川侑己と並んで「高校ビッグ3」と呼ばれ、北海道日本ハムファイターズ、阪神タイガース、オリックス・バファローズ、福岡ソフトバンクホークスに1巡目で指名され、抽選で交渉権を獲得した日本ハムに入団。同年11月6日、高卒新人としては史上5人目となる契約金1億円、出来高5000万円、年俸1500万円(推定)で契約。背番号は同年オフに現役引退した田中幸雄の6を引き継いだ。中田翔 フレッシュアイペディアより)

  • 中田翔

    中田翔から見た福良淳一

    打撃フォームの変遷が激しく、2011年には脇をしめて足をガニ股に開くノーステップ打法に取り組む。しかし下半身に負担がかかるため後半戦からはガニ股をやめ、当時の打撃コーチであった福良淳一やチームメイトの稲葉篤紀からアドバイスを受けながらすり足打法に取り組んだ。この年のオフにはケビン山崎の指導を受けて下半身を強化し、ガニ股打法を1年間継続させることを目指したが、翌2012年は5月まで打率.169と不振に陥り、同月下旬からは福良の指導を受け左足を軽く上げるオーソドックスなフォームとなった。中田翔 フレッシュアイペディアより)

  • 中田翔

    中田翔から見たリッキー・バレット

    初打席・初安打:同上 - 2回裏一死、リッキー・バレットから中田翔 フレッシュアイペディアより)

  • 中田翔

    中田翔から見た中日ドラゴンズ

    3月、三塁手としては使えないと判断され、一塁手に専念。同年5月、二軍での好成績が評価され、初めて一軍に昇格。5月23日の東京ヤクルトスワローズ戦で七番・指名打者としてプロ初出場、プロ初安打を記録。5月25日の中日ドラゴンズ戦では途中出場ながら初めて守備機会のある一塁手の守備にも就いた。交流戦終了後に二軍へ降格。7月23日のフレッシュオールスターゲーム(札幌ドーム)ではイースタン・リーグ選抜の四番に座り、2安打2打点でMVPを獲得。同リーグ史上最多のシーズン本塁打30と史上最多タイの打点95を記録し二冠王を獲得、打率も.326でリーグ2位と好成績を残し、プロ野球コンベンション2009にて特別賞を受賞した。シーズン終盤に故障者が続出し、再び一軍に昇格、9月26日には一塁手としての先発出場も果たし、9月27日に犠飛でプロ初打点を挙げた。また、日本シリーズにも第3戦で代打で初出場した。一軍での出場機会を増やすため、シーズンオフより外野手へ転向した(登録は内野手のまま)。中田翔 フレッシュアイペディアより)

  • 中田翔

    中田翔から見た日本の高校野球

    大阪桐蔭高校に進学すると、1年夏には五番・一塁手でレギュラーとなり、投手としても最速147km/hを計測。秋からはエースで四番を任され、2年春には151km/hまで球速が伸びた。2年時は肩の故障で投手としては活躍が出来なかったが、四番・右翼手として出場し、打者として大阪大会新記録となる4試合連続本塁打、甲子園では推定飛距離140メートル弾、更に秋季近畿大会では和歌山県営紀三井寺野球場で推定飛距離170メートルの本塁打を打つ。この頃から「平成の怪物」と呼ばれるようになる。3年生時の7月6日、全国高校野球大阪大会直前の練習試合・生野工業高校戦にて当時の高校通算本塁打の新記録となる87本目の本塁打を記録。大阪大会の決勝ではエースの植松優友を擁する金光大阪高校と対戦し、投手としては初回に3失点、打撃でも厳しいマークに遭い5打数無安打と振るわず、チームも敗戦し甲子園出場を逃した。高校通算87本塁打、甲子園でも歴代7位となる4本塁打を打った。中田翔 フレッシュアイペディアより)

  • 中田翔

    中田翔から見たフレッシュオールスターゲーム

    3月、三塁手としては使えないと判断され、一塁手に専念。同年5月、二軍での好成績が評価され、初めて一軍に昇格。5月23日の東京ヤクルトスワローズ戦で七番・指名打者としてプロ初出場、プロ初安打を記録。5月25日の中日ドラゴンズ戦では途中出場ながら初めて守備機会のある一塁手の守備にも就いた。交流戦終了後に二軍へ降格。7月23日のフレッシュオールスターゲーム(札幌ドーム)ではイースタン・リーグ選抜の四番に座り、2安打2打点でMVPを獲得。同リーグ史上最多のシーズン本塁打30と史上最多タイの打点95を記録し二冠王を獲得、打率も.326でリーグ2位と好成績を残し、プロ野球コンベンション2009にて特別賞を受賞した。シーズン終盤に故障者が続出し、再び一軍に昇格、9月26日には一塁手としての先発出場も果たし、9月27日に犠飛でプロ初打点を挙げた。また、日本シリーズにも第3戦で代打で初出場した。一軍での出場機会を増やすため、シーズンオフより外野手へ転向した(登録は内野手のまま)。中田翔 フレッシュアイペディアより)

  • 中田翔

    中田翔から見た全国高等学校野球選手権大阪大会

    大阪桐蔭高校に進学すると、1年夏には五番・一塁手でレギュラーとなり、投手としても最速147km/hを計測。秋からはエースで四番を任され、2年春には151km/hまで球速が伸びた。2年時は肩の故障で投手としては活躍が出来なかったが、四番・右翼手として出場し、打者として大阪大会新記録となる4試合連続本塁打、甲子園では推定飛距離140メートル弾、更に秋季近畿大会では和歌山県営紀三井寺野球場で推定飛距離170メートルの本塁打を打つ。この頃から「平成の怪物」と呼ばれるようになる。3年生時の7月6日、全国高校野球大阪大会直前の練習試合・生野工業高校戦にて当時の高校通算本塁打の新記録となる87本目の本塁打を記録。大阪大会の決勝ではエースの植松優友を擁する金光大阪高校と対戦し、投手としては初回に3失点、打撃でも厳しいマークに遭い5打数無安打と振るわず、チームも敗戦し甲子園出場を逃した。高校通算87本塁打、甲子園でも歴代7位となる4本塁打を打った。中田翔 フレッシュアイペディアより)

  • 中田翔

    中田翔から見た大阪桐蔭中学校・高等学校

    大阪桐蔭高校に進学すると、1年夏には五番・一塁手でレギュラーとなり、投手としても最速147km/hを計測。秋からはエースで四番を任され、2年春には151km/hまで球速が伸びた。2年時は肩の故障で投手としては活躍が出来なかったが、四番・右翼手として出場し、打者として大阪大会新記録となる4試合連続本塁打、甲子園では推定飛距離140メートル弾、更に秋季近畿大会では和歌山県営紀三井寺野球場で推定飛距離170メートルの本塁打を打つ。この頃から「平成の怪物」と呼ばれるようになる。3年生時の7月6日、全国高校野球大阪大会直前の練習試合・生野工業高校戦にて当時の高校通算本塁打の新記録となる87本目の本塁打を記録。大阪大会の決勝ではエースの植松優友を擁する金光大阪高校と対戦し、投手としては初回に3失点、打撃でも厳しいマークに遭い5打数無安打と振るわず、チームも敗戦し甲子園出場を逃した。高校通算87本塁打、甲子園でも歴代7位となる4本塁打を打った。中田翔 フレッシュアイペディアより)

  • 中田翔

    中田翔から見たすぽると!

    2007年のドラフト会議後、佐藤由規、唐川侑己とともに『すぽると!』(フジテレビ)に出演した際には、「尊敬する人は?」との質問に対し「清原和博さんです」と答えた。清原本人も、中田に対して「俺の後継者」と期待を寄せた。中田翔 フレッシュアイペディアより)

  • 中田翔

    中田翔から見たオリックス・バファローズ

    10月3日のプロ野球ドラフト会議(高校生対象)においては、佐藤由規、唐川侑己と並んで「高校ビッグ3」と呼ばれ、北海道日本ハムファイターズ、阪神タイガース、オリックス・バファローズ、福岡ソフトバンクホークスに1巡目で指名され、抽選で交渉権を獲得した日本ハムに入団。同年11月6日、高卒新人としては史上5人目となる契約金1億円、出来高5000万円、年俸1500万円(推定)で契約。背番号は同年オフに現役引退した田中幸雄の6を引き継いだ。中田翔 フレッシュアイペディアより)

99件中 41 - 50件表示

「中田翔」のニューストピックワード