前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
138件中 1 - 10件表示
  • 1983年の日本シリーズ

    1983年の日本シリーズから見た中畑清中畑清

    西武ライオンズと読売ジャイアンツの激突となったこの日本シリーズは「球界の盟主の座を賭けた決戦」と日本社会の広い範囲から注目を集めた。第3戦以降逆転に次ぐ逆転の連続で屈指の名勝負となった。視聴率は連日40パーセントを集め、日本列島を興奮の坩堝と化した。最終戦では、塁上で両チームのチームリーダーである(駒澤大学の先輩・後輩同士でもある)石毛宏典と中畑清が「おい、もうどっちが勝ってもいいな!」と会話を交わしたと伝えられる。西武が4勝3敗で勝利し、2年連続で西武になってから2度目、西鉄時代から5度目の日本一。1983年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1989年の日本シリーズ

    1989年の日本シリーズから見た中畑清中畑清

    内野手:0川相昌弘、5岡崎郁、6篠塚和典、10駒田徳広、23上田和明、24中畑清、27福王昭仁、37津末英明、38勝呂博憲、39山崎章弘、40佐藤洋、44緒方耕一1989年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    2009年のセントラル・リーグクライマックスシリーズから見た中畑清中畑清

    実況:蛯原哲、解説:池谷公二郎、中畑清、川又米利2009年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    2008年のセントラル・リーグクライマックスシリーズから見た中畑清中畑清

    実況:平川健太郎、解説:堀内恒夫、中畑清、川又米利、リポーター:田辺研一郎(NTV)、吉田太一(CTV)、インタビュアー:村山喜彦(NTV)2008年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 真木ことみ

    真木ことみから見た中畑清中畑清

    中畑清はデビュー当時より真木の応援団長をしている。共通の知人を通じて知り合い、カラオケに一緒に行くようになり親しくなった。「ときめいて乾杯」というデュエット曲もある。つらい時は中畑の言葉や笑顔を思い出し頑張っている。真木ことみ フレッシュアイペディアより)

  • レジー・スミス

    レジー・スミスから見た中畑清中畑清

    1勝1敗で迎えた第3戦、9回表終了時点で巨人は1点のリードを許していた(9回表終了時のスコアは、西武4-3巨人)。9回裏2死無走者の場面から、2番・篠塚利夫、3番・原辰徳の連打で一、二塁のチャンスを迎える。ここで4番・スミスが打席に向かう際に当時の王貞治助監督が、「レフトへ流せ、ヒットでいい」と指示。精神集中をしている最中にそのような指示をされたことにかなりカッとなったが、スミスは元メジャーリーガーのプライドからか、相手投手の東尾修の外角シュートを左へ流さず強引にセンター前にはじき返す同点適時打を打ち、次打者・中畑清がレフト前へサヨナラヒットを打った。レジー・スミス フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎郁

    岡崎郁から見た中畑清中畑清

    大分商業高校でに春夏連続して甲子園に出場。法政大へ進学希望だったが、同年のドラフト3位で巨人に指名され、長嶋茂雄監督の説得により入団。河埜和正、篠塚利夫、中畑清、原辰徳などがいたため出場機会に恵まれなかった。その後、肋膜炎で療養生活を送り、に練習生扱いとなる。岡崎郁 フレッシュアイペディアより)

  • 二宮至

    二宮至から見た中畑清中畑清

    駒澤大学は太田誠監督が全国の名門高校を行脚して集めた二宮、中畑清、平田薫の「太田一期生」、「駒澤三羽ガラス」の活躍を機に強豪の仲間入りを果たした。二宮至 フレッシュアイペディアより)

  • 篠塚和典

    篠塚和典から見た中畑清中畑清

    千葉県立銚子商業高等学校2年生時に春夏と甲子園に三塁手として連続出場し、夏の大会ではチームの優勝に貢献。その後、湿性肋膜炎にかかり一時は野球生命まで危ぶまれたものの、当時の読売巨人軍監督だった長嶋茂雄に見込まれ、1975年のドラフト1位で読売ジャイアンツに入団。に二塁手としてシーズン通して出場。翌年の当初はこの年のルーキーであった原辰徳が二塁を守ったため出場機会が減少したが、三塁手のレギュラーであった中畑清の故障により原が三塁に回り、以後は篠塚が二塁手のレギュラーに定着した。篠塚和典 フレッシュアイペディアより)

  • 1981年の日本シリーズ

    1981年の日本シリーズから見た中畑清中畑清

    日本ハムの先発はシーズン15勝無敗を記録した間柴茂有、巨人は沢村栄治賞に輝いた西本聖。初回、ソレイタが第1戦に続き、第1打席で先制本塁打をかけるが、西本はその後8回まで1本の安打も許さないほぼ完璧な投球。内野ゴロ12の一方で、10奪三振も光った。一方の間柴は毎回のように安打を許すが粘って点を与えない、これまた間柴らしさが光る投球。しかし8回、安打の中畑清を一塁に置いてロイ・ホワイトが右方向へ逆転2点本塁打。西本は9回、再びソレイタに二塁打を許し、ピンチを迎えるが、最後は服部を10個目の三振に仕留め、完投勝利。許した安打はソレイタの2本だけだった。1981年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
138件中 1 - 10件表示

「中畑清」のニューストピックワード