前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
222件中 1 - 10件表示
  • 1983年の日本シリーズ

    1983年の日本シリーズから見た中畑清中畑清

    西武ライオンズと読売ジャイアンツの激突となったこの日本シリーズは、球界の盟主の座を賭けた戦いと評され、日本社会の広い範囲から注目を浴びた戦いだった。第3戦以降最終戦の第7戦まで先制したチームが負けるなど、逆転に次ぐ逆転の連続で屈指の名勝負となった。視聴率は連日40パーセントを集めた。あまりの激闘ぶりに監督、選手たちは「ここまでやれば、もうどちらが勝ってもいい」(広岡達朗)「第6戦を終えたあたりで、正直いって勝ち負けはもうどうでもいいやという気分になったよ」(中畑清)という境地になったと振り返った。西武が4勝3敗で勝利し、2年連続で西武になってから2度目、西鉄時代から5度目の日本一。1983年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    2009年のセントラル・リーグクライマックスシリーズから見た中畑清中畑清

    実況:蛯原哲、解説:池谷公二郎、中畑清、川又米利2009年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    2008年のセントラル・リーグクライマックスシリーズから見た中畑清中畑清

    実況:平川健太郎、解説:堀内恒夫、中畑清、川又米利、リポーター:田辺研一郎(巨人サイド)、吉田太一(CTV、中日サイド)、インタビュアー:村山喜彦2008年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の横浜DeNAベイスターズ

    2013年の横浜DeNAベイスターズから見た中畑清中畑清

    2013年の横浜DeNAベイスターズは、中畑清監督の2年目のシーズンである。前年シーズンまでは、Aクラス争いから早い段階で脱落するDeNAであったが、このシーズンは、8月終了時点で3位広島に3.5ゲーム差とシーズン終盤までクライマックスシリーズ争いに加わった。しかし、広島が9月以降に貯金を7つ重ねたのに対して、DeNAも貯金を重ねたものの、2つに留まったため、Aクラスに届かず、クライマックスシリーズへの出場を果たすことが出来なかった。戦力としては、中日から移籍してきて、首位打者・打点王を獲得したブランコを中心とした打線がリーグ1位の得点力を発揮したのに対して、投手陣がチーム防御率がリーグ最下位と振るわなかった。2013年の横浜DeNAベイスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 1987年の読売ジャイアンツ

    1987年の読売ジャイアンツから見た中畑清中畑清

    3年間優勝から遠ざかっていたチームは、新たに打撃コーチとして前中日監督の山内一弘を招聘。「かっぱえびせん」(やめられない、止まらないの意味)と呼ばれた山内の熱心な指導で打線は3番から7番まで(クロマティ・原辰徳・吉村禎章・篠塚利夫・中畑清)3割打者が並ぶ強力打線を形成。その後を打つ山倉和博も22本塁打を放ち「恐怖の8番打者」と恐れられた。山倉は捕手としても、2年目で防御率1位・15勝の桑田真澄をはじめ江川卓・槙原寛己・水野雄仁、抑えの鹿取義隆といった投手陣をリードし、巨人軍の捕手として初のMVPを獲得した。チームは6月13日に首位に立つと以後は一度も首位を明け渡すことなく、10月9日に優勝が決定、後楽園最終年に花を添えた。宿敵西武との対戦となった日本シリーズは、西武に守備・走塁でレベルの違いを見せつけられ2勝4敗で敗退。シーズン終了後に江川が突如現役引退を発表した。1987年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • マリオ・ソト (野球)

    マリオ・ソト (野球)から見た中畑清中畑清

    12月3日にシンシナティ・レッズと契約してプロ入り。7月21日のピッツバーグ・パイレーツ戦でメジャーデビュー。オフにはレッズが日米野球で単独チームとして来日した際、巨人との第1戦で当時プロ入り3年目の中畑清に本塁打を献上している。この時の中畑の活躍はその後のブレイクのきっかけとなった(その後の中畑のプロ野球選手としての足跡は、中畑清も参照。)。マリオ・ソト (野球) フレッシュアイペディアより)

  • レジー・スミス

    レジー・スミスから見た中畑清中畑清

    1勝1敗で迎えた第3戦、9回表終了時点で巨人は1点のリードを許していた(9回表終了時のスコアは、西武4-3巨人)。9回裏2死無走者の場面から、2番・篠塚利夫、3番・原辰徳の連打で一、二塁のチャンスを迎える。ここで4番・スミスが打席に向かう際に当時の王貞治助監督が、「レフトへ流せ、ヒットでいい」と指示。精神集中をしている最中にそのような指示をされたことにかなりカッとなったが、スミスは元メジャーリーガーのプライドからか、相手投手の東尾修の外角シュートを左へ流さず強引にセンター前にはじき返す同点適時打を打ち、次打者・中畑清がレフト前へサヨナラヒットを打った。レジー・スミス フレッシュアイペディアより)

  • 1986年の野球

    1986年の野球から見た中畑清中畑清

    8月5日 - 巨人の中畑清が後楽園球場での対中日19回戦の7回裏に11号本塁打を放ち、プロ通算150号本塁打を達成。1986年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • がんばれ!!タブチくん!!

    がんばれ!!タブチくん!!から見た中畑清中畑清

    投げると同時にバッターにヤジを飛ばして憤激させることでタイミングをずらし、ハリモトら巨人軍の名だたるバッターを次々三振に討ち取ったこともあるが、ナカハタら特徴をよく知らない新人選手を代打に出されて打ち込まれて交代させられた。がんばれ!!タブチくん!! フレッシュアイペディアより)

  • 1981年の日本シリーズ

    1981年の日本シリーズから見た中畑清中畑清

    日本ハムの先発はシーズン15勝無敗を記録した間柴茂有、巨人は沢村栄治賞に輝いた西本聖。初回、ソレイタが第1戦に続き、第1打席で先制本塁打をかけるが、西本はその後8回まで1本の安打も許さないほぼ完璧な投球。一方の間柴は毎回のように安打を許すが粘って点を与えない。しかし8回、安打の中畑清を一塁に置いてロイ・ホワイトが右方向へ逆転2点本塁打。西本は9回、再びソレイタの二塁打でピンチを迎えるが、最後は服部敏和を10個目の三振に仕留め、完投勝利。許した安打はソレイタの2本だけだった。1981年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
222件中 1 - 10件表示

「中畑清」のニューストピックワード