222件中 11 - 20件表示
  • 真木ことみ

    真木ことみから見た中畑清中畑清

    中畑清はデビュー当時より真木の応援団長をしている。共通の知人を通じて知り合い、カラオケに一緒に行くようになり親しくなった。「ときめいて乾杯」というデュエット曲もある。つらい時は中畑の言葉や笑顔を思い出し頑張っている。真木ことみ フレッシュアイペディアより)

  • 篠塚和典

    篠塚和典から見た中畑清中畑清

    甲子園優勝の後に湿性肋膜炎にかかり3ヶ月間入院。一時は野球生命まで危ぶまれたものの半年後に復帰した。当時の巨人監督だった長嶋茂雄に見込まれ、1975年のドラフト1位で巨人に入団。には一軍に定着、主に二塁手、遊撃手として18試合に先発出場。翌にはジョン・シピンと二塁手の定位置を争い、6月にはレギュラーを奪取して二番打者に座る。開幕当初は、この年のルーキーであった原辰徳が二塁を守ったため出場機会が減少。しかし5月には三塁手の中畑清が故障、原が三塁に回り、篠塚が二塁手のレギュラーに復帰した。篠塚和典 フレッシュアイペディアより)

  • 郡山総合運動場開成山野球場

    郡山総合運動場開成山野球場から見た中畑清中畑清

    先述の老朽化に関する問題から、郡山商工会議所など地元経済界や競技関係者などの間からは市に対して開成山球場の改修を求める声が高まり、市近隣の矢吹町出身の野球評論家・中畑清(元巨人)らが、施設改修を求める募金活動に加わるなどの動きがあった。また2005年(平成17年)からは同年発足した東北楽天ゴールデンイーグルスがイースタン・リーグ公式戦を開催するようになり、1万人前後の観客動員をマークするなど一軍公式戦開催の復活機運が高まり始めた。前述の郡山商議所が中心となって楽天の後援組織を結成して球団にイースタン公式戦の誘致を積極的に働きかけるなどし、更に商議所が諸経費を負担する形で入場料を無料にするなどした結果、翌2006年(平成18年)には二軍戦ながら1試合約1万1千人を動員、楽天二軍公式戦の観客数最多記録を更新した。郡山総合運動場開成山野球場 フレッシュアイペディアより)

  • GARDEL

    GARDELから見た中畑清中畑清

    11月19日、クラウンレコード所属アーティスト津軽三味線兄弟デュオ「みち乃く兄弟」とのコラボレーションを発表。吉幾三作詞・作曲の「東日流(つがる)2016」をハードロックアレンジし、レコーディングには応援団長を務める横浜DeNAベイスターズ元監督の中畑清も参加。新ジャンル「シャミメタ」として毎日新聞、スポーツニッポン等で発表。GARDEL フレッシュアイペディアより)

  • ベースボールLive

    ベースボールLiveから見た中畑清中畑清

    中畑清(フリー/本数契約)ベースボールLive フレッシュアイペディアより)

  • 高田繁

    高田繁から見た中畑清中畑清

    その後、中畑清の台頭や長嶋の監督解任に伴い、に自身初のリーグ最多犠打を記録したが、当人は守備の衰えを感じた理由から35歳の若さで現役引退をした。引退セレモニーは1980年オフの巨人ファン感謝デーにて王貞治と共に行った。高田繁 フレッシュアイペディアより)

  • 筒香嘉智

    筒香嘉智から見た中畑清中畑清

    は前年オフに正三塁手としてオリックス・バファローズを自由契約になったアーロム・バルディリスを獲得したことから、中畑清監督の意向により左翼にコンバートされた。オープン戦では打率.360と好調をアピールし、「5番・左翼」で2年連続の開幕スタメンを勝ち取った。開幕直後は8試合で打率.161、0本塁打と苦しんだが、結果的に3、4月の月間打率が3割ちょうどを記録するほどの盛り返しを見せた。6月17日には右太もも裏を痛めて一時的に二軍降格するが最短日数の10日で一軍へ復帰。その後は、4月中からリーグトップの得点圏打率をマークし続けていたことが評価され、ブランコや中村紀洋の戦線離脱による穴を埋めるように4番打者として起用された。ブランコが故障から復帰すると再び5番に回った。7月12日のヤクルト戦では自己最多となる11号本塁打を放った。しかし、8月13日の中日戦(ナゴヤD)の1回裏、中日の大島洋平の左中間に放った打球を追って中堅手の梶谷隆幸と交錯、グラブが顔面に当たった上、地面に頭から落下。筒香は自力で起き上がれず、グラウンド内に入った救急車に救急搬送(ナゴヤドームでは初めて)された。9月6日の広島戦で復帰。復帰後はブランコを5番に押しやり、4番を任されることが多くなり、その後ブランコが再び故障離脱するとシーズン終盤まで4番を務め続けた。最終的に故障離脱がありながらも規定打席に到達、自身初となる打率3割を記録し、22本塁打、77打点と好成績を残した。また左投手からも.304、得点圏打率は両リーグトップの.416と勝負強さを見せた。オフの11月9日に、日米野球2014に怪我のため出場辞退した中村晃に代わり招集された。筒香嘉智 フレッシュアイペディアより)

  • 長嶋茂雄

    長嶋茂雄から見た中畑清中畑清

    長嶋はV9時代を知らない若手軍団を「シンデレラ・ボーイ」と呼び、伊東スタジアムの秋季キャンプに集結させた(地獄の伊東キャンプ)。江川、西本聖、角三男、藤城和明、鹿取義隆、赤嶺賢勇、山倉和博、笠間雄二、中畑清、淡口憲治、篠塚利夫、松本匡史、平田薫、山本功児、中司得三、河埜和正、中井康之、二宮至の18人が参加。このキャンプで若手の結束力が高まる。キャンプ中に行われた練習試合で若手が全く活躍せず、ベテランだけが活躍したこともあり、当初は1976年オフの再来とも言われたが、後に若手は藤田元司時代の主力選手となる。長嶋茂雄 フレッシュアイペディアより)

  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見た中畑清中畑清

    この後も王貞治(第8回と第10回)トーカ堂の北義則社長(第8回と第9回と第17回)横峯良郎(第9回と第10回)浜名千広、松中信彦(共に第10回)川平慈英(第11-14回と第16回)戸張捷(第13回)箕原マネージャー(第15回)ジョン・カビラ(第16回)サウナ施設「ウェルビー」福岡店の従業員(第17回)ばってん荒川、中畑清(共に第18回)三笑亭夢之助(第19回)福岡ドームの観戦客、戦力外通告を受けたプロ野球選手、G.G.佐藤(いずれも第20回)サウナ施設「アスティル」新橋店の常連客(第21回)タケ小山、宮本和知、薬師寺保栄(いずれも第22回) 長浜ラーメン「元祖長浜屋」店員(第3回紅白)と毎回異なるネタを披露し続け、ここまで出場した大会のうち第18回と第21回を除きファイナリストに選出されている。第21回では主演舞台『めんたいぴりり』福岡公演のため収録に遅れていたが、ギリギリ間に合った(その心意気を買われたのか、本選不出場ながら「見たい!」に選ばれた)。そのため、ファイナリストには不選出。その抜群の安定感を評価され、最近は専らトリを務める。博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜DeNAベイスターズ

    横浜DeNAベイスターズから見た中畑清中畑清

    10月19日、TBSHDが保有している横浜ベイスターズ株の大半をディー・エヌ・エー(DeNA)へ譲渡することで大筋において合意。10月22日、最終戦終了後に監督の尾花と一軍コーチ陣の休養が発表された。11月4日、TBSHDが所有する株式の一部(TBSHDの保有する640,000株(議決権割合 49.23%)、BS-TBSの保有する230,000株(議決権割合 17.69%))を12月2日付で、日本プロフェッショナル野球機構の実行委員会およびオーナー会議の承認を得ることを条件として、DeNAへ譲渡することで、両社の間で正式合意(取得価格1株あたり7,471円、総額65億円)。また、球団名は「横浜DeNAベイスターズ」として申請される。11月22日、監督の尾花をはじめ6人のコーチの解任が発表された。12月1日、日本プロ野球オーナー会議並びに実行委員会にてDeNAによる横浜ベイスターズ買収とオーナー会社変更が承認された。翌2日球団株式が譲渡され、商号変更により「横浜DeNAベイスターズ」として新たにスタートを切った。球団GMには巨人OBの高田繁が就任したが、一方で監督人事は難航した。当初は新庄剛志や工藤公康らの名が候補に挙がったが、最終的に横浜OBでもある工藤公康が候補とされた。だが、投手コーチ編成を巡って工藤と球団が対立し、12月5日に高田GMが破談になったことを会見で述べている。翌6日には当初からの候補であった中畑清の名前が挙がり、12月9日に監督就任会見が行われ、合わせて新球団ロゴマークも発表されている。横浜DeNAベイスターズ フレッシュアイペディアより)

222件中 11 - 20件表示

「中畑清」のニューストピックワード