222件中 21 - 30件表示
  • 読売ジャイアンツ

    読売ジャイアンツから見た中畑清中畑清

    5月まで首位に立ったものの、6月以降は成績が次第に降下していき、Bクラス5位に終わる。一方で中畑清が3塁のレギュラーを獲得するなど若手の台頭も若干見られるようになる。同年オフに、青田昇がヘッドコーチに就任し、伊東での秋季キャンプでは松本匡史、中畑清、江川、西本聖、角三男らを猛練習で特訓した。後に「地獄の伊東キャンプ」として語られていく。読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • たちあがれ日本の候補者

    たちあがれ日本の候補者から見た中畑清中畑清

    岡佑樹 片山虎之助 杉村太蔵 中川義雄 中畑清 中山成彬 藤井厳喜 三木圭恵 村岡敏英 計9名たちあがれ日本の候補者 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦真一郎

    三浦真一郎から見た中畑清中畑清

    江夏豊、江本孟紀、大矢明彦(元ヤクルト)、中畑清といったセ・リーグのスター選手と親交が深く、フジテレビの「珍プレー好プレー大賞」や映画「プロ野球を10倍楽しく見る方法」シリーズでもその姿を見られることが多かった。また、江夏、江本、掛布の他、川藤幸三、古沢憲司、平田勝男など阪神の選手とは特に親交が深かった。地味だったプロ野球審判のイメージを変えた、ショーアップ審判の走りといえるだろう。また大変な女好きであり、そのためか現役中に離婚歴がある。グラウンド内外でよくそのことを野次られていたようである。また、1993年にはチケット売買で530万円を騙し取ったとして詐欺容疑で逮捕されている。三浦真一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 中島浩人

    中島浩人から見た中畑清中畑清

    1985年9月、初登板の大洋戦で平田薫に試合を決定づける満塁弾を浴び巨人は敗戦、この日自力優勝が消滅する。平田の大学時代の同僚で一塁手の中畑清が簡単なファールフライを落球し、そこから打ち込まれた。翌日のスポーツ紙には「鹿取・角・金城らがいたのになぜ中島?」と、この継投を疑問視する記事が掲載されてしまった(1985 9/9 報知新聞関西版より)が、作家の池波正太郎は、「池波正太郎の銀座日記」の中で「何から何までうまく運ばなかった試合に初登板させられ、緊張と不安と闘いながら投げ抜いた中島は、すばらしかった」と書き、あまり例のないことでもあり話題になった。中島浩人 フレッシュアイペディアより)

  • 松原徹

    松原徹から見た中畑清中畑清

    神奈川県川崎市出身。神奈川大学卒業後、1982年にロッテオリオンズ(現在の千葉ロッテマリーンズ)の球団管理部に入社。一軍マネージャーなどを務める。1988年にプロ野球選手の労働組合である日本プロ野球選手会(初代会長は中畑清)が結成された当初より事務局にて勤務する。選手会の業務に携わることになったきっかけは当時、中日ドラゴンズの選手であり、プロ野球選手会副会長の任に在った落合博満に勧められてのものであったという。松原徹 フレッシュアイペディアより)

  • 江尻良文

    江尻良文から見た中畑清中畑清

    この他、日本ハムGM・ヤクルト監督・DeNAGMを歴任した高田繁、アテネ五輪監督代理・DeNA監督の中畑清への評価も高い。このように江尻はONも含めて、いわゆる「V9戦士」、および同時代に巨人(もしくはON)のライバルとして立ちはだかった名選手に対してはかなり寛大な内容の記事を執筆することが多い。ただし、森祗晶は別である。江尻良文 フレッシュアイペディアより)

  • 浅見源司郎

    浅見源司郎から見た中畑清中畑清

    1983年の日本シリーズ巨人対西武第3戦(9回裏2死からの4連打(篠塚利夫、原、レジー・スミス、中畑清)で逆転サヨナラ勝ち)。浅見源司郎 フレッシュアイペディアより)

  • 中畑恵里

    中畑恵里から見た中畑清中畑清

    プロ野球の巨人で活躍した中畑清は親戚にあたる。中畑恵里 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のアジアシリーズ

    2006年のアジアシリーズから見た中畑清中畑清

    実況:平川健太郎 解説:山本浩二、中畑清 ゲスト解説:小林雅英(千葉ロッテマリーンズ)2006年のアジアシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 中島成雄

    中島成雄から見た中畑清中畑清

    高校時代にボクシングを始め、駒澤大学ではエースとして活躍。プロスポーツ界に進んだ同期には中畑清(野球)、天ノ山静雄(相撲)などがいる。中島成雄 フレッシュアイペディアより)

222件中 21 - 30件表示

「中畑清」のニューストピックワード