138件中 21 - 30件表示
  • 勇者のスタジアム・プロ野球好珍プレー

    勇者のスタジアム・プロ野球好珍プレーから見た中畑清中畑清

    5位:中畑清(巨人) - 「絶好調」「松井秀喜にイジられる」など勇者のスタジアム・プロ野球好珍プレー フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のアジアシリーズ

    2005年のアジアシリーズから見た中畑清中畑清

    解説:中畑清・水野雄仁 実況:新谷保志 リポーター:上重聡2005年のアジアシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のアジアシリーズ

    2006年のアジアシリーズから見た中畑清中畑清

    実況:平川健太郎 解説:山本浩二、中畑清 ゲスト解説:小林雅英(千葉ロッテ、前年アジアナンバー1)2006年のアジアシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 黒田真治

    黒田真治から見た中畑清中畑清

    1975年にドラフト外でジャイアンツに入団。同期のドラフト外入団組には、外園正や平田薫、ドラフト指名組には篠塚利夫、中畑清、山本功児らがいた。もっぱらファームで選手生活を送ったが、1979年に解雇され、その後は打撃投手に転向した。山際淳司のノンフィクション小説「スローカーブを、もう一球」の「背番号94」のモデルとして有名である。黒田真治 フレッシュアイペディアより)

  • アテネオリンピック野球日本代表

    アテネオリンピック野球日本代表から見た中畑清中畑清

    代表チームはオリンピック予選を兼ねたアジア野球選手権大会を全勝してアテネ大会への出場権を得るが、長嶋は大会を前にした2004年3月4日に脳梗塞のため入院。病状によっては監督交代という事態も取り沙汰され、星野仙一(前阪神監督)や原辰徳(巨人監督)など具体的な名前も報道された。だが全日本野球会議は長嶋の早期回復を期待して、5月に長嶋体制の続行を決定する。6月25日の代表選手発表の会場には長嶋の姿は無かった。病状が回復した場合のアテネ行きも検討されたが、最終的に長嶋は医師団の判断を尊重して断念。結局代表チームの指揮はヘッドコーチの中畑清が執ることとなった。また監督としての登録を長嶋にすることもできなかったため、中畑が正式に監督となっている。アテネオリンピック野球日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 太田誠

    太田誠から見た中畑清中畑清

    その後は電電公社で社業に就いていたが、1971年春から母校駒澤大学硬式野球部監督に就任。以来35年の長きにわたり指揮を執り、その間『駒大三羽ガラス』と呼ばれた中畑清、二宮至、平田薫の三人をはじめ、数多くの人材をプロ野球に輩出した。1974年、全日本大学野球選手権大会優勝。その後も多くの野球大会で覇権を握る。太田誠 フレッシュアイペディアより)

  • 飯合肇

    飯合肇から見た中畑清中畑清

    小学校から我孫子中学校、修徳高校、駒澤大学(中畑清は同期)時代までは野球選手として活躍をしていたが、肩を痛めて退部。ゴルフに転向し、尾崎将司に弟子入りする。飯合肇 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦真一郎

    三浦真一郎から見た中畑清中畑清

    江夏豊、江本孟紀、大矢明彦(元ヤクルト)、中畑清といったセ・リーグのスター選手と親交が深く、フジテレビの「珍プレー好プレー大賞」や映画「プロ野球を10倍楽しく見る方法」シリーズでもその姿を見られることが多かった。また、江夏、江本、掛布の他、川藤幸三、古沢憲司、平田勝男など阪神の選手とは特に親交が深かった。地味だったプロ野球審判のイメージを変えた、ショーアップ審判の走りといえるだろう。また大変な女好きであり、そのためか現役中に離婚歴がある。グラウンド内外でよくそのことを野次られていたようである。また、1993年にはチケット売買で530万円を騙し取ったとして詐欺容疑で逮捕されている。三浦真一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田填一郎

    吉田填一郎から見た中畑清中畑清

    日本シリーズではこの他にも後楽園決戦と言われた1981年の日本シリーズ対日本ハム第4戦(江川卓の好投(2失点で完投勝利)と、原のシリーズ初ホームランなどで2勝2敗のタイに持ち込む)、1983年の日本シリーズ対西武第5戦(ヘクター・クルーズのサヨナラホームランで巨人が王手をかけるも、後の第6、7戦を連敗し、日本一を逃す。ちなみにニュース用に製作した第7戦の最後のシーンを実況したのが吉田である)、後楽園最後の年の1987年の日本シリーズ対西武第3戦(江川の現役最後の登板となった試合で、8回まで好投するも、ジョージ・ブコビッチと石毛宏典にホームランを打たれ、敗戦投手になる。ちなみに西武の先発は郭泰源で、こちらは中畑清のタイムリーによる1失点で完投勝利を挙げている)、1990年の日本シリーズ対西武第1戦(槙原がオレステス・デストラーデにホームランを打たれた試合。なおデストラーデの一発で流れが西武に傾いた。ちなみに中継の冒頭で「敗れて悔いなし」とコメントしている)、巨人以外のチームが出場したシリーズに限ると1999年のダイエー対中日第1戦(福岡ドーム。工藤公康がシリーズ新記録となる1試合13奪三振で完封勝利)など、印象に残るシーンを実況している。吉田填一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 1991年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1991年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た中畑清中畑清

    広島テレビ≪日本テレビ系列≫ 実況:加藤進 (広島テレビ) 解説:中畑清、堀内恒夫 ゲスト:武豊1991年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

138件中 21 - 30件表示

「中畑清」のニューストピックワード