138件中 31 - 40件表示
  • 江尻良文

    江尻良文から見た中畑清中畑清

    この他、日本ハムGM・ヤクルト監督・DeNAGMを歴任した高田繁、アテネ五輪監督代理・DeNA監督の中畑清への評価も高い。このように江尻はONも含めて、いわゆる「V9戦士」、および同時代に巨人(もしくはON)のライバルとして立ちはだかった名選手に対してはかなり寛大な内容の記事を執筆することが多い。ただし、森祗晶は別である。江尻良文 フレッシュアイペディアより)

  • スポーツMAX

    スポーツMAXから見た中畑清中畑清

    開始当初は『TVじゃん!!』から引き続き関谷亜矢子がキャスター、コメンテーターは中畑清、山本浩二、掛布雅之。1998年10月にキャスターが関谷から角田久美子に、コメンテーターも山本に代わって松岡修造が出演。2002年1月から西尾由佳理に交代。スポーツMAX フレッシュアイペディアより)

  • ベロベロベースボール

    ベロベロベースボールから見た中畑清中畑清

    ナカハタコーチ(中畑清ベロベロベースボール フレッシュアイペディアより)

  • スポーツジョッキー 中畑クンと徳光クン

    スポーツジョッキー 中畑クンと徳光クンから見た中畑清中畑清

    御幸毛織(現・御幸ホールディングス)が単独提供していた『ミユキ野球教室』の後継番組としてスタート(当番組は御幸毛織を含む複数社提供)。その名の通り、中畑清と徳光和夫が司会を務めていた。また、当時日本テレビに入社したばかりの豊田順子がアシスタントを務めていた。豊田自身「初回はただ無我夢中のように終わった」とコメントしていたほど、突然の抜擢に最初は戸惑っていたそうだ。スポーツジョッキー 中畑クンと徳光クン フレッシュアイペディアより)

  • バックスクリーン3連発

    バックスクリーン3連発から見た中畑清中畑清

    9回、追いすがる巨人がクロマティ、原辰徳の連続ホームランで2点を返し、続く中畑清もホームラン性のファウルを放ち、あわやと思わせたものの、結局、阪神が6-5で逃げ切る。翌日も前日の勢いそのままに阪神が勝利、3連戦3連勝となるのだが、シーズン通算対戦成績では拮抗、8月に阪神は対巨人戦で引き分けを挟んで4連敗を喫し、8勝12敗1分となるも、その後9月、10月の対巨人戦で5連勝した阪神が、シーズン最終戦でようやく対巨人戦13勝12敗1分とし、勝ち越しを決めた。バックスクリーン3連発 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    2007年のセントラル・リーグクライマックスシリーズから見た中畑清中畑清

    実況:河村亮、解説:野村謙二郎、中畑清、プレーヤーズゲスト:藤川球児(阪神)、ゲスト:反町隆史、加藤あい(土曜ドラマ『ドリーム・アゲイン』の宣伝をかねて)、リポーター:蛯原哲、佐藤啓(CTV)、インタビュアー:平川健太郎2007年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 中畑恵里

    中畑恵里から見た中畑清中畑清

    プロ野球の巨人で活躍した中畑清は親戚にあたる。中畑恵里 フレッシュアイペディアより)

  • 1954年のスポーツ

    1954年のスポーツから見た中畑清中畑清

    1月6日 - 中畑清(福島県、野球)1954年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • バッファロー吾郎

    バッファロー吾郎から見た中畑清中畑清

    木村は自己紹介をする際、「絶好調、中畑清です!」と叫ぶギャグがある。また「美味しゅうございます、岸朝子です!」「恐縮です、梨元勝です!」なる別バージョンも存在する。また、ラジオ番組、『よしもとオンライン大阪 よしもと○○同好会』内で、「絶好調、中畑清です!」に代わるフレーズを毎回募集し、選ばれたものは実際にいろいろな番組で使われている。バッファロー吾郎 フレッシュアイペディアより)

  • 1984年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1984年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た中畑清中畑清

    日本テレビ(中継録画) 実況:浅見源司郎 ゲスト解説:衣笠祥雄(広島)、中畑清(巨人)1984年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

138件中 31 - 40件表示

「中畑清」のニューストピックワード