138件中 41 - 50件表示
  • 大森剛

    大森剛から見た中畑清中畑清

    1989年、大森と上宮高校の元木大介が巨人入りを志望していたドラフトで「高校生より下の指名なんて受けない」と宣言し、巨人は大森を1位指名した。元木は福岡ダイエーホークスからの指名を拒否して野球留学、翌年巨人に入団する。当時の看板選手だった中畑清引退直後にその代名詞ともいえる背番号「24」を継承したことに球団の期待が表れているが、大森本人はあまりに中畑のイメージが強いその背番号を背負うことをためらったという旨の発言をしている。大森剛 フレッシュアイペディアより)

  • 浅見源司郎

    浅見源司郎から見た中畑清中畑清

    1983年の日本シリーズ巨人対西武第3戦(9回裏2死からの4連打(篠塚利夫、原、レジー・スミス、中畑清)で逆転サヨナラ勝ち)。浅見源司郎 フレッシュアイペディアより)

  • 若菜嘉晴

    若菜嘉晴から見た中畑清中畑清

    1987年8月4日の巨人戦では、返球されてきたボールを脇にはさんだままランナー中畑清とクロスプレーとなり、あたかもちゃんとタッチしたような芝居で刺殺を取った。この「若菜の空タッチ」はプロ野球珍プレー・好プレー大賞でも何度も題材となった「くせ者」若菜を象徴するプレーである。若菜嘉晴 フレッシュアイペディアより)

  • 1992年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1992年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た中畑清中畑清

    日本テレビ 実況:吉田填一郎 解説:江川卓、中畑清 ゲスト解説:須藤豊(前大洋監督)1992年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 後藤孝志

    後藤孝志から見た中畑清中畑清

    また、自打球の多い選手として有名である。それは内角の球に反応している証なのだが、1999年7月10日、東京ドームでの広島東洋カープ戦で3球連続して自打球を当てたことがある。その日の実況と解説は日本テレビの今井伊佐男アナウンサーと中畑清であり、2球目が当たった際にベンチの味方選手が笑っていたのを見て「笑えませんよ」などと言っていたが、3球目が当たった際は2人とも笑ってしまっていた。このシーンはその年の珍プレーにも取り上げられた。後藤孝志 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤洋

    佐藤洋から見た中畑清中畑清

    初出場:1987年4月14日、対ヤクルトスワローズ1回戦(明治神宮野球場)、8回裏に中畑清に代わり三塁手として出場佐藤洋 フレッシュアイペディアより)

  • 小林繁

    小林繁から見た中畑清中畑清

    小林は数時間かけて考えた末、トレードに同意し、翌2月1日午前0時に球団事務所で記者会見を開いた。スポーツライターの近藤隆夫は、なし崩し的に阪神に入団させられることを警戒していた江川が午後4時20分に阪神との間で入団契約を結んでいることから、この時間帯には小林が移籍に同意していたのだろうと推測している。記者会見で小林は阪神への移籍に同意した旨を発表し、「犠牲になったという気持ちはありません」、「僕自身、今でも巨人が好きです。江川君は話がうまくいったんだから、これから大変だと思うけれど、巨人の一員として頑張ってもらいたい」と語るなど毅然と振る舞った。しかしそれは「冷静にふるまっている自分を見せようとしていた」に過ぎず、内心では「もう早く俺を解放してくれ」と思っていたという。トレードに伴い、第三者の働きかけで 1.功労金3000万円支払い 2.引退時に日本テレビと巨人軍が就職斡旋、などの「覚書」が結ばれたが、文書は球団が作成・保管し小林は一度も見たことはなかったとしている。また履行されたのは功労金支払いだけで、中畑清の引退時に日本テレビ解説者就任を小林が要望した際に、球団オーナーの正力亨から「あの件はもういいね」と言われ小林は承諾した。これについて小林は「僕は将来の身分保証を平気で返しちゃうような人間だから、お金で動いたわけではないんです」と述べている。会見後、小林はチームメイトに挨拶をし荷物を取りに行くために宮崎へ行こうとしたが、「君が行けば、また騒ぎになるし、選手たちも精神的動揺をきたすかもしれない」と球団から止められた。小林繁 フレッシュアイペディアより)

  • 吹石徳一

    吹石徳一から見た中畑清中畑清

    同年代(1953年度〔同年4月2日から1954年4月1日〕生まれ)の日本プロ野球選手には梨田昌孝、中畑清、真弓明信、若菜嘉晴、羽田耕一、藤瀬史朗、田尾安志、落合博満らがいる。また、梨田・落合をはじめとする1953年(昭和28年)生まれの選手で構成された親睦会「二八会(にっぱちかい)」のメンバーでもある。吹石徳一 フレッシュアイペディアより)

  • 池田親興

    池田親興から見た中畑清中畑清

    初登板 1984年4月8日、対巨人戦(後楽園) 8-8 8回1死一・二塁で登板。中畑清に適時二塁打を喫しそのまま降板池田親興 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤英司

    加藤英司から見た中畑清中畑清

    広島では肝炎のため成績を残すことが出来ず、福井保夫・森脇浩司との交換で大原徹也と共に近鉄バファローズに移籍。には読売ジャイアンツに金銭トレードにて移籍。5月10日の対広島戦で「全球団から本塁打」という記録を達成するものの、中畑清から一塁手の定位置を奪えずに代打での出場が目立ち、2000本安打まで残り13安打にこぎ着けたものの、同年オフに自由契約となる。加藤英司 フレッシュアイペディアより)

138件中 41 - 50件表示

「中畑清」のニューストピックワード