138件中 61 - 70件表示
  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た中畑清中畑清

    、同年現在チーム内に「石川」姓の選手・スタッフは在籍していなかったものの、ユニフォームの背ネームを"T.ISHIKAWA"に変更。春季キャンプではセカンドにコンバートされる。また2月8日、中畑清監督より、チーム名を変更した新生・横浜DeNAベイスターズ初代主将に指名される。シーズン序盤は打率2割に満たない極度の不振に陥っていたが、6月ごろから徐々に調子を上げていった。しかし7月18日のヤクルト戦でファウルを打った際投球が右手を直撃し右手小指の骨折で登録を抹消される。8月下旬に復帰し、8月26日にはチームの事情によりプロに入って初めて外野(ライト)を守り好プレーも見せていたが、前日の8月25日の巨人戦でバントをした際に、今度は左手人差し指を骨折し再び登録を抹消された。契約更改では、700万円減となる5000万円でサインした。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 末次利光

    末次利光から見た中畑清中畑清

    現役引退後は、1978年から1980年まで二軍打撃コーチ、1981年から1986年まで一軍守備走塁コーチ、1987年から1991年まで再び二軍打撃コーチ、1992年から1994年まで二軍監督を務めた。二軍打撃コーチ時代には井上真二、福王昭仁、緒方耕一らを一軍に送りこみ、一軍においては中畑清、篠塚利夫、松本匡史ら主力選手を3割打者へと育て上げた。巨人に在籍していた呂明賜も、「末次さんの教え方は最高にうまい」と語っている。末次利光 フレッシュアイペディアより)

  • ドリーム☆アゲイン

    ドリーム☆アゲインから見た中畑清中畑清

    中畑清(日本テレビの野球解説者役)ドリーム☆アゲイン フレッシュアイペディアより)

  • 帝京安積高等学校

    帝京安積高等学校から見た中畑清中畑清

    中畑清(プロ野球選手) - 安積商業高等学校時代帝京安積高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中井正広のブラックバラエティの企画

    中井正広のブラックバラエティの企画から見た中畑清中畑清

    中井のモノマネの中でもインパクトがあった山本浩二と中畑清の2人を呼び、中居のモノマネを当ててもらう。中井正広のブラックバラエティの企画 フレッシュアイペディアより)

  • 高木豊

    高木豊から見た中畑清中畑清

    シーズンより、横浜DeNAベイスターズの一軍ヘッドコーチに就任。2012年9月15日、神宮球場で行われた対ヤクルト戦で監督の中畑清が当時3塁塁審だった深谷篤審判員に暴力行為を働いて退場処分を受けた事に伴い、試合終了まで監督代行を担当した。同年は最下位に低迷し、2013年からはチーフ兼打撃コーチに配置転換となった。高木豊 フレッシュアイペディアより)

  • 1987年の日本シリーズ

    1987年の日本シリーズから見た中畑清中畑清

    巨人の先発はこの年15勝を挙げ防御率1位と大躍進を果たした桑田真澄。西武はこれも15勝を挙げた東尾修。1回裏、先頭石毛宏典の強烈なピッチャー返しが桑田を直撃。桑田の焦った送球が高投となり、石毛は二塁まで進んだ。続く金森栄治のバントで桑田が野選、あっという間に無死1、3塁のピンチとなった。ここで秋山幸二がライト前にはじき返し、先制点。4番に入っていたブコビッチは三振に倒れ、1死1、2塁の場面で清原和博との日本シリーズで初めてのKK対決。ここで清原はレフトへクリーンヒット。当たりが鋭すぎて二塁走者の金森は三塁止まり。1死満塁となって、続く6番の安部理の三塁ゴロ併殺崩れの間に金森が生還して2点目を挙げた。一方の巨人は3回、駒田徳広が左中間二塁打。1死後、原辰徳、吉村禎章、篠塚利夫の三連打で同点。吉村が三盗失敗で2死となったが、7番中畑清がレフトポール際に2ランを叩き込み、逆転に成功した。その裏西武はヒット、四球で2死1、2塁とし、伊東勤のタイムリーヒットで1点を返した。桑田は3回もたずKO。しかしリリーフした加藤初、水野雄仁が完璧に西武の反撃を抑え込んだ。巨人は6回には代打岡崎郁のタイムリーと駒田の本塁打で追加点を挙げ、東尾をKO。8回には鴻野淳基のタイムリーヒットで追加点を挙げた。4点差だったが、巨人は手堅く9回から鹿取義隆を投入、危なげなく西武打線を抑え切り、巨人が先勝した。1987年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ランディ・ルイーズ

    ランディ・ルイーズから見た中畑清中畑清

    守備は一塁専門で、指名打者での起用が多い。優れた打力を持ちながらも、強打者揃いのポジションしかこなせないことがメジャー昇格を妨げてきた。メジャー時代には守備力の問題から、主に対左投手用の指名打者として起用されていた。横浜DeNA入団直後、一塁手は中村紀洋が好調であったことから、監督の中畑清は「外野ができれば」とコメント。実際にライトの守備練習をしたが、中畑に「外野守備は"?"がつく」とコメントされた。ランディ・ルイーズ フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロ野球選手会

    日本プロ野球選手会から見た中畑清中畑清

    初代会長:中畑清(昭和60年11月5日就任)日本プロ野球選手会 フレッシュアイペディアより)

  • 下園辰哉

    下園辰哉から見た中畑清中畑清

    中畑清新監督のもとでシーズンを通して一軍に在籍したものの、先発起用されるケースは少なく、代打での出場試合が過半数を占めた。同年オフ、同年限りで引退した新沼慎二の後任としてチームの選手会長に就任した。下園辰哉 フレッシュアイペディアより)

138件中 61 - 70件表示

「中畑清」のニューストピックワード