138件中 71 - 80件表示
  • 杉本正 (野球)

    杉本正 (野球)から見た中畑清中畑清

    8月7日、後楽園球場で行われた対巨人戦に先発登板。この日は巨人の先発・槙原寛己と8回までゼロ行進の投手戦を繰り広げたが、9回裏、中畑清に90km/hのスローカーブ をサヨナラホームランされ敗戦投手となる。試合終了後、悔しさのあまりグラブをベンチに投げつけた。翌には巨人との開幕戦で開幕投手になるが、吉村禎章、駒田徳広にホームランを打たれ、敗戦投手になっている。杉本正 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 杉本大成

    杉本大成から見た中畑清中畑清

    2012年8月5日、横浜DeNAベイスターズ対読売ジャイアンツ戦で一塁塁審の杉本は5回表、先頭古城茂幸の遊撃へのゴロも一塁が微妙なタイミングでセーフ、その後長野久義の二ゴロを内村賢介が捕球し握り直して一塁に送球しこれもセーフに。立て続けの不可解な判定にDeNAの監督中畑清が杉本に抗議、中畑は「“私の目を信じてください”と言われたけど、信じられないから(抗議に)来てるんだ!」、GMの高田繁は「ジャッジはどうしようもない。下手なんだから、しようがない」、投手コーチの友利結は「1イニングに2つもミスジャッジがあったら勝てない」と発言した。杉本大成 フレッシュアイペディアより)

  • 土山剛弘

    土山剛弘から見た中畑清中畑清

    3回表、横浜0-0巨人、巨人の攻撃で一死一塁の場面にホールトンが送りバントを試みた。ホールトンは横浜先発の田中健二朗が投じた初球をバントできず、バットを引かずに見送った。土山球審はこれをボールと判定し、横浜監督の中畑清が強く抗議した。土山剛弘 フレッシュアイペディアより)

  • たちあがれ日本

    たちあがれ日本から見た中畑清中畑清

    2010年7月11日投開票の第22回参議院議員通常選挙に、結党メンバーで現職の中川義雄、前自民党参院議員で元総務大臣の片山虎之助、前衆議院議員の中山成彬、杉村太蔵、野球評論家の中畑清などを比例区で擁立した(各人の肩書きは選挙時のもの)。また、選挙区では青森、茨城、東京、神奈川の4選挙区で新人公認候補を擁立した。秋田、山梨、岐阜、岡山、熊本の5選挙区で自民党候補を、千葉、大阪の両選挙区で日本創新党候補をそれぞれ推薦した。たちあがれ日本 フレッシュアイペディアより)

  • 磯山 さやか

    磯山さやかから見た中畑清中畑清

    2003年頃から12球団対抗の正月特番、キャンプ取材、中畑清との対談など、野球関連の仕事が増え始める。磯山さやか フレッシュアイペディアより)

  • 実況パワフルプロ野球ポータブル4

    実況パワフルプロ野球ポータブル4から見た中畑清中畑清

    名前の由来は「四谷駅+中畑清か橋本清」。実況パワフルプロ野球ポータブル4 フレッシュアイペディアより)

  • 東京電力の原子力発電

    東京電力の原子力発電から見た中畑清中畑清

    各原子力発電所にサービスホールを設けて原子力広報を行った他、1984年には東京渋谷に電力館、1990年代には中畑清を起用しテレビコマーシャルにも積極的であった。2001年には電気の史料館を開館し原子力発電関係の展示にも電力館より専門的な内容のものが配された。東京電力の原子力発電 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本シリーズ

    2008年の日本シリーズから見た中畑清中畑清

    実況:村山喜彦 解説:中畑清、池谷公二郎 ゲスト解説:稲葉篤紀(日本ハム)2008年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 山本功児

    山本功児から見た中畑清中畑清

    三田学園高3年次に選抜大会に出場。1969年のドラフト会議で南海ホークスから3位指名(1位は佐藤道郎、2位は門田博光)を受けるも拒否し法政大学経営学部に進学。東京六大学リーグ通算86試合出場、282打数79安打、打率.280、3本塁打、44打点。ベストナイン2回。本田技研鈴鹿から1975年にドラフト5位で読売ジャイアンツに入団した。当時のチームは一塁手に王貞治を擁し、王の控えであった(1979年から1980年にかけ7試合4番打者を務めている)。王の引退後も中畑清・原辰徳の控えに回り出場機会にあまり恵まれず、1984年、三宅宗源とのトレードによりロッテオリオンズに移籍、レギュラーとして初めて規定打席に到達し、打率.301を記録。同年から2年連続でゴールデングラブ賞を受賞した。コーチ兼任となった1988年に現役を引退。山本功児 フレッシュアイペディアより)

  • 栗橋茂

    栗橋茂から見た中畑清中畑清

    帝京商工高等学校(現:帝京大学高等学校)3年生時、東京六大学からも勧誘があったが、「(左腕)投手転向を見越しての獲得を目指した六大学より、打者としての自分を評価してくれた」という理由で駒澤大学へ進学した。東都大学リーグ通算92試合出場、320打数98安打、打率.306、8本塁打、47打点。ベストナイン4度受賞。同期は木下富雄、2学年後輩に“駒大三羽烏”(中畑清、平田薫、二宮至)がいる。栗橋茂 フレッシュアイペディアより)

138件中 71 - 80件表示

「中畑清」のニューストピックワード