138件中 81 - 90件表示
  • 炭谷銀仁朗

    炭谷銀仁朗から見た中畑清中畑清

    、背番号を37から2に変更。これは師匠と仰ぐ城島健司と同じ番号を付けたいとする本人の希望によるものであった。同シーズンは細川のケガによる長期離脱もあって正捕手として起用され、自己最多の112試合に出場した。チーム最多の14犠打を決め、盗塁阻止率はリーグ2位の.333を記録した。課題とされる打撃についても打率.220と自己最高の成績を残したものの、代打を送られた回数は46回と両リーグ最多であった。同年オフには涌井と共に最優秀バッテリー賞に選ばれ、初のタイトルを受賞。選考会議においてはソフトバンクの杉内俊哉・田上秀則バッテリーを推す評議員も多く、決選投票でも3対3と意見が分かれたが、最後は選考委員会の司会であった中畑清の「投手との共同作業である盗塁阻止率(.462)を評価したい。若い銀仁朗の今後の活躍に期待して」という意見が決め手となり涌井・銀仁朗バッテリーが受賞することとなった。炭谷銀仁朗 フレッシュアイペディアより)

  • 川藤幸三

    川藤幸三から見た中畑清中畑清

    1987年、篠塚利夫・正田耕三・落合博満の首位打者争いの最中、規定打席不足ながらその3人を上回る打率をマークしていた中畑清が打席に立つと、テレビ解説をしていた川藤は、首位打者争いについてアナウンサーに訊かれた際に「わしゃ、規定打席に達したことがないからわからん」と、ある意味、川藤らしい返答をしている。川藤幸三 フレッシュアイペディアより)

  • 土井正三

    土井正三から見た中畑清中畑清

    引退後は巨人の守備走塁コーチ(1979年?1980年、1986年?1988年)を務めた。中畑清の代名詞「絶好調」の生みの親となった(詳しくは中畑の項を参照)。土井正三 フレッシュアイペディアより)

  • 1990年の日本シリーズ

    1990年の日本シリーズから見た中畑清中畑清

    日本テレビ 実況:吉田填一郎 解説:長嶋茂雄、中畑清 ゲスト解説:村田兆治(ロッテ、この年をもって引退)1990年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • がんばれ!!タブチくん!!

    がんばれ!!タブチくん!!から見た中畑清中畑清

    試合中ヤジを飛ばすことも多い(巨人のジョン・シピンが出てきたときに尿瓶呼ばわりする等)が、徹夜でおいちょかぶをやった次の日の試合時、間違えて相手チームのベンチに下がってしまい、自軍の選手にヤジを飛ばしてしまった(その時、自軍の選手を間抜け面ばかりとまで言っている)。投げると同時にバッターにヤジを飛ばして憤激させることでタイミングをずらし、ハリモトら巨人軍の名だたるバッターを次々三振に討ち取ったこともあるが、ナカハタら特徴をよく知らない新人選手を代打に出されて打ち込まれて交代させられた。がんばれ!!タブチくん!! フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の野球

    2004年の野球から見た中畑清中畑清

    8月2日 - アテネ五輪の野球日本代表監督の長嶋茂雄がアテネ行きを断念。ヘッドコーチの中畑清が指揮をとることになった。2004年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 伊東スタジアム

    伊東スタジアムから見た中畑清中畑清

    1979年(昭和54年)、シーズン5位に終わった巨人は、チーム立て直しを期す監督の長嶋茂雄の意向で、当時としては異例となる秋季キャンプを同年10月28日から11月21日まで行った。江川卓、西本聖、角三男、藤城和明、鹿取義隆、赤嶺賢勇、中畑清、淡口憲治、篠塚利夫、松本匡史、平田薫、山本功児、河埜和正、山倉和博、中井康之 笠間雄二、二宮至の17人が参加(二宮のみ志願参加)。「V9」を経験していない若手・中堅主体であり、若手選手の底上げや闘争心を植え付けることを目的として参加選手たちを徹底的に鍛え上げた。あまりの厳しさに見かねた臨時コーチの青田昇の提案により、キャンプ中の禁酒の禁を解いている。伊東スタジアムのみならず伊東駅周辺の環境をフルに活かしたキャンプでもあり、当時王貞治が本塁打を打ったら観戦客を伊東温泉にご招待というタイアップキャンペーンが行われていたが、周辺のホテルでは客に断りを入れるのに苦労したという。この伊東秋季キャンプは巨人軍球団史上にとっても戦前の分福球場(群馬県館林市)における「茂林寺の特訓」に並び称されている。なお、このキャンプを経験した選手らが中心になって1982年に「伊東会」を結成。年に1度長嶋家の別荘で食事会を開くなどして交流を深めている。なお、結成当初は、元監督のところへ集まることは現監督の体制批判とされかねないという理由から極秘扱いにされていた(1985年に週刊誌にすっぱ抜かれた)。伊東スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • Sports Graphic Number

    Sports Graphic Numberから見た中畑清中畑清

    発刊当初の1980年代は、日本のプロ野球・競馬・ラグビーが特集されることが多く、1980年代後半にはF1ブームの影響もあり、F1が多く特集されるようになった。1990年代に入ると、NBAやMLB等も特集されるようになり、1980年代から1990年代にかけて定期的に特集されていたプロレスに代わって、2000年代前半になると総合格闘技を中心とした格闘技特集が掲載されることが多くなったが、総合格闘技イベントPRIDEの大会停止により、2007年代以降は特集の回数が減っている。日本のプロ野球の記事は減少の傾向にあるが、現在も特集記事は組まれている。過去には西鉄ライオンズ、阪神タイガース、ヤクルトスワローズ、西武ライオンズ等、特定の球団の特集、長嶋茂雄・中畑清・マイケル・ジョーダン・中田英寿・野茂英雄等、特定の個人を特集することもあった。オリンピック開催時は夏冬とも通例的に特集される。2000年代後半頃からは、「愛読書」「メンタル」「思考法」などのスポーツジャンルにとらわれない特集テーマを設定し、それに関係の深い選手をあらゆる競技からピックアップすることも多くなった。Sports Graphic Number フレッシュアイペディアより)

  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見た中畑清中畑清

    2012年のドラフト会議(東浜巨の抽選)で、ちょっとハシャギ気味な横浜DeNA・中畑監督(華丸)と、封筒を落としても冷静だった福岡ソフトバンク・王会長(森本)博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

  • 城南建設

    城南建設から見た中畑清中畑清

    中畑清(現・プロ野球横浜DeNA監督)単独出演の他、島崎と共演のバージョンも有り城南建設 フレッシュアイペディアより)

138件中 81 - 90件表示

「中畑清」のニューストピックワード