前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
141件中 1 - 10件表示
  • 中畑清

    中畑清から見た吉幾三

    カラオケが趣味で演歌を大変好み、テレビ番組のカラオケ大会ではよく山本譲二や北島三郎などの曲を歌う。また吉幾三の作詞作曲の『十和田丸』でデビューし演歌のシングルを2枚リリースしている。中畑清 フレッシュアイペディアより)

  • 中畑清

    中畑清から見た落合博満

    、守備走塁コーチの末次利光が最終戦で3割前後の選手の打率を1打席ごとに電卓で計算し、3割に乗ったところで交代させたため、打率は3割ジャストであった。この点を指摘された中畑は「3割だけは契約更改の席の印象が変わるので勘弁してほしい。その代わり、もし自分がタイトル争いをしたら絶対休まない」と返答した(実際に中畑は駒澤大学時代に最終戦まで出場して首位打者を逃した経験があった。プロでは1987年に篠塚、正田耕三、落合博満らと一時首位打者争いをしたが、結局タイトルは獲得できなかった)。中畑清 フレッシュアイペディアより)

  • 中畑清

    中畑清から見た土井正三

    当時巨人は王貞治、張本勲、土井正三、高田繁らが現役で活躍し選手層が厚かったため、入団後3年間は1軍での出番に恵まれなかったが、3年目オフのに開催された日米野球第1戦のシンシナティ・レッズ対巨人戦で、高田に代わって途中出場してレッズのクローザー、マリオ・ソトから2ランホームランを放った。この日は試合前、コンタクトレンズをなくして何も見えない状態だったが、妻が後楽園球場まで届けた新品のおかげでよく見えるようになったという。レッズ監督のスパーキー・アンダーソンは、長嶋に「あの三塁手(中畑)はハッスルしてファイティング・スピリットに溢れているのがいい。バッティングは荒削りだけど、ぜひ使うべきだ」と進言している。日米野球での活躍がきっかけとなり、に一軍に定着。三塁手の高田が怪我で離脱した際に先発で起用され、高田の復帰後もレギュラーを守った。この年の新人王の資格もあったがシーズン終盤で骨折し、新人王はならなかった。中畑清 フレッシュアイペディアより)

  • 中畑清

    中畑清から見た板東英二

    若くあまり注目もされていなかった頃、当時の長嶋茂雄監督から「清、調子はどうだ?」と聞かれた際、「えぇ、まあまあです」と答えた。これを聞いていた土井正三コーチに「監督に調子を聞かれたら嘘でもいいから必ず絶好調と答えろ」と言われて(板東英二曰く、「何を聞かれても」)「絶好調!」と答えるようになり、その後中畑の代名詞として広く定着する。チームのムードメーカーで、その明るい性格からファンに人気があり、ヤッターマンの愛称でも親しまれた。中畑清 フレッシュアイペディアより)

  • 中畑清

    中畑清から見たTOKIO

    TOKIOの松岡昌宏が中畑の大ファンであり、それを知って中畑は家族で大喜びしたという。中畑清 フレッシュアイペディアより)

  • 中畑清

    中畑清から見た西田敏行西田 敏行

    2011年には元同僚の篠塚やお笑いタレントの松村邦洋らと、3月11日の東日本大震災の爪跡残る故郷・福島を訪れてボランティア活動をしたり、後に同郷の西田敏行らともチャリティイベントを実施した。中畑清 フレッシュアイペディアより)

  • 中畑清

    中畑清から見た松岡昌宏

    TOKIOの松岡昌宏が中畑の大ファンであり、それを知って中畑は家族で大喜びしたという。中畑清 フレッシュアイペディアより)

  • 中畑清

    中畑清から見た江川卓 (野球)

    守備も巧みであり、一塁手で1982年から1988年まで7年連続でゴールデングラブ賞を受賞した。その頃、江川卓の登板する試合に、よく守備で足を引っ張っていたので、江川から「150キロの牽制球」を投げられたことがあった。また藤田監督は、中畑がサード向き、原はファースト向きの性格でありながら原をサードに、中畑をファーストにしたのは最大の失敗だったと語っている。中畑清 フレッシュアイペディアより)

  • 中畑清

    中畑清から見た真木ことみ

    ときめいて乾杯(1995年、ポニーキャニオン) 真木ことみとのデュエット。真木ことみのアルバム『演歌三昧』に初収録。中畑清 フレッシュアイペディアより)

  • 中畑清

    中畑清から見た篠塚和典

    「駒澤三羽ガラス」(「駒大トリオ」)と呼ばれた平田薫、二宮至とともに1975年のプロ野球ドラフト会議の目玉となる。巨人からの1位指名が有力視され駒澤大学の合宿所に報道陣が殺到したが、銚子商業の篠塚利夫が1位指名された。報道陣が帰って行くのを見て中畑は別室で将棋をしていたが、3位指名されたと聞き慌てて戻った。「高卒の人間に先に指名された」とがっかりした反面、ファイトが増したという。中畑は北海道拓殖銀行への就職が内定していたが、当時監督だった長嶋の存在などが後押しとなりプロ入りを決意。指名されなかった平田と二宮も一緒なら入団すると申し入れ、巨人もこれを受け入れた(2人はドラフト外で巨人に入団)。中畑清 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
141件中 1 - 10件表示

「中畑清」のニューストピックワード