197件中 41 - 50件表示
  • 中畑清

    中畑清から見た西本聖

    初打点:1978年7月13日、対中日ドラゴンズ16回戦(ナゴヤ球場)、5回表に西本聖の代打として出場、松本幸行から同点適時打中畑清 フレッシュアイペディアより)

  • 中畑清

    中畑清から見た平沼赳夫

    2010年5月9日には、たちあがれ日本が同年7月に執行の第22回参議院議員通常選挙の立候補者として擁立する方針であると報じられ、5月11日にたちあがれ日本の代表である平沼赳夫、共同代表の与謝野馨が同席する中、正式に出馬表明記者会見を行った。7月11日の投開票の結果、111,597票を獲得し同党内で2位になるも同党が比例区で1議席(片山虎之助)しか獲得できなかったため落選。翌年の8月末に離党したが、後に「結果的に受からなくてよかった」と発言している。その真意を問われ、「(議員になっていれば、)震災の後に自由に支援に故郷を訪れることができなかっただろうから」と述べている。中畑清 フレッシュアイペディアより)

  • 中畑清

    中畑清から見た梨田昌孝

    1953年(昭和28年)度生まれのプロ野球選手(梨田昌孝、落合博満、真弓明信、吹石徳一など)による親睦会「プロ野球28会」(にっぱちかい)の会長を務めている。中畑清 フレッシュアイペディアより)

  • 中畑清

    中畑清から見た森繁和

    、守備走塁コーチの末次利光が最終戦で3割前後の選手の打率を1打席ごとに電卓で計算し、3割に乗ったところで交代させたため、打率は3割ジャストであった。この点を指摘された中畑は「3割だけは契約更改の席の印象が変わるので勘弁してほしい。その代わり、もし自分がタイトル争いをしたら絶対休まない」と返答した(実際に中畑は駒澤大学時代に最終戦まで出場して首位打者を逃した経験があった。プロでは1987年に篠塚、正田耕三、落合博満らと一時首位打者争いをしたが、結局タイトルは獲得できなかった)。同年の日本シリーズでは西武ライオンズに3勝4敗と敗れたもの、第3戦で森繁和からサヨナラヒット、第6戦で杉本正から一時は逆転となるタイムリー三塁打を放ち3打点をマークし優秀選手賞に選ばれた。中畑清 フレッシュアイペディアより)

  • 中畑清

    中畑清から見たBS11

    中畑清 熱血!スポーツ応援団(BS11)キャスター中畑清 フレッシュアイペディアより)

  • 中畑清

    中畑清から見たミズノ

    自称「元祖自打球王」。自打球避けのレガースを最初にミズノに発注したのは自分だったと言っている。中畑清 フレッシュアイペディアより)

  • 中畑清

    中畑清から見たカルピス

    カルピス 『アミールS』(2008年 - )中畑清 フレッシュアイペディアより)

  • 中畑清

    中畑清から見たディー・エヌ・エー

    DeNA モバゲー 『大熱狂!!プロ野球カード』(2012年3月 - )中畑清 フレッシュアイペディアより)

  • 中畑清

    中畑清から見たテレビ東京

    2016年以降は、日本テレビ解説者・スポーツニッポン評論家に復帰。さらに、TBSテレビやテレビ東京の野球中継にもゲスト解説者として出演している。同年12月、巨人OB会副会長に就任。中畑清 フレッシュアイペディアより)

  • 中畑清

    中畑清から見たゴールデングラブ賞

    一塁手として1982年から1988年まで7年連続でゴールデングラブ賞を受賞した。その一方で、江川卓の登板する試合に、よく守備で足を引っ張っていたので、江川から「150キロの牽制球」を投げられたこともあった。また、中畑を三塁から一塁へコンバートした藤田元司監督は、後年、中畑がサード向き、原はファースト向きの性格でありながら原をサードに、中畑をファーストにしたのは最大の失敗だったと語っている。中畑清 フレッシュアイペディアより)

197件中 41 - 50件表示

「中畑清」のニューストピックワード