141件中 71 - 80件表示
  • 中畑清

    中畑清から見た読売ジャイアンツ

    現役時代は巨人で活躍し、巨人軍第45代4番打者を務めた。日本プロ野球選手会初代会長。2004年アテネオリンピック野球日本代表監督。2012年より横浜DeNAベイスターズ監督。中畑清 フレッシュアイペディアより)

  • 中畑清

    中畑清から見たニュースキャスター

    しかし、前年好調だった打撃陣が一転して1993年はチーム打率がリーグ最下位に終わり、駒田の横浜へのFA移籍にあたり中畑との確執が噂されたこともあってコーチとしての評価は高くないまま終わった。それでもには一塁ベースコーチを担当し、ムードメーカーの役割に徹して日本一に貢献した。同年オフに退団。その後は再び日本テレビ、ラジオ日本、スポーツニッポン野球解説者・評論家となり(ニッポン放送解説者を務めた時期もある)、日本テレビではスポーツニュースのキャスターも務めた。中畑清 フレッシュアイペディアより)

  • 中畑清

    中畑清から見たファン

    若くあまり注目もされていなかった頃、当時の長嶋茂雄監督から「清、調子はどうだ?」と聞かれた際、「えぇ、まあまあです」と答えた。これを聞いていた土井正三コーチに「監督に調子を聞かれたら嘘でもいいから必ず絶好調と答えろ」と言われて(板東英二曰く、「何を聞かれても」)「絶好調!」と答えるようになり、その後中畑の代名詞として広く定着する。チームのムードメーカーで、その明るい性格からファンに人気があり、ヤッターマンの愛称でも親しまれた。中畑清 フレッシュアイペディアより)

  • 中畑清

    中畑清から見た東都大学野球連盟

    酪農を営む家に生まれ、子どもの頃から毎朝の乳搾りと野球の練習は欠かさなかったという。長嶋茂雄にあこがれ、進学した安積商業高校でも野球部に入部し三塁手、遊撃手、捕手を務める。その後、駒澤大学へ進学。駒大では偏光サングラスと一本足打法で注目を浴び、2年の春には東都大学リーグで首位打者争いをする。リーグ通算82試合出場、300打数92安打、打率.307、10本塁打、51打点。1973年秋季リーグ最高殊勲選手。ベストナイン4度受賞。2度の全日本入り。中畑清 フレッシュアイペディアより)

  • 中畑清

    中畑清から見た日本選手権シリーズ

    日本シリーズ優秀選手賞:1回 (1983年)中畑清 フレッシュアイペディアより)

  • 中畑清

    中畑清から見た広島市民球場 (初代)

    1000本安打:1986年9月2日、対広島東洋カープ22回戦(広島市民球場)、7回表に小林誠二から左前安打 ※史上146人目中畑清 フレッシュアイペディアより)

  • 中畑清

    中畑清から見たセガ

    セガ プレイステーション2用ゲームソフト 『プロ野球チームをつくろう!3』(2005年)中畑清 フレッシュアイペディアより)

  • 中畑清

    中畑清から見たベースボール・マガジン社

    これからも絶好調で(1990年6月、ベースボール・マガジン社)ISBN 4583028210中畑清 フレッシュアイペディアより)

  • 中畑清

    中畑清から見たポニーキャニオン

    ときめいて乾杯(1995年、ポニーキャニオン) 真木ことみとのデュエット。真木ことみのアルバム『演歌三昧』に初収録。中畑清 フレッシュアイペディアより)

  • 中畑清

    中畑清から見た東京ニュース通信社

    長谷川晶一『巨人の魂 ジャイアンツOBからの提言』(2006年、東京ニュース通信社)ISBN 492456656X中畑清 フレッシュアイペディアより)

141件中 71 - 80件表示

「中畑清」のニューストピックワード