141件中 81 - 90件表示
  • 中畑清

    中畑清から見た北海道拓殖銀行

    「駒澤三羽ガラス」(「駒大トリオ」)と呼ばれた平田薫、二宮至とともに1975年のプロ野球ドラフト会議の目玉となる。巨人からの1位指名が有力視され駒澤大学の合宿所に報道陣が殺到したが、銚子商業の篠塚利夫が1位指名された。報道陣が帰って行くのを見て中畑は別室で将棋をしていたが、3位指名されたと聞き慌てて戻った。「高卒の人間に先に指名された」とがっかりした反面、ファイトが増したという。中畑は北海道拓殖銀行への就職が内定していたが、当時監督だった長嶋の存在などが後押しとなりプロ入りを決意。指名されなかった平田と二宮も一緒なら入団すると申し入れ、巨人もこれを受け入れた(2人はドラフト外で巨人に入団)。中畑清 フレッシュアイペディアより)

  • 中畑清

    中畑清から見たバンダイナムコゲームス

    ナムコ プレイステーション用ゲームソフト 『ワールドスタジアム3』(1999年)中畑清 フレッシュアイペディアより)

  • 中畑清

    中畑清から見た大阪近鉄バファローズ

    、監督復帰した藤田により三塁への再コンバートが試みられたが、シーズン序盤、甲子園での試合中に牽制球で一塁に戻った際に指を痛め、長期戦線を離脱。その間に三塁は一塁から岡崎郁が、また一塁も外野から駒田徳広が定着したこともあり、定位置を失った中畑はこの年終盤に早々と引退を表明した。リーグ優勝を決めた試合(大洋戦・横浜スタジアム)で二塁打を放った際に球場に起こったウェーブについて、自分が日本の球場で最初に起こしたもの、と発言している。現役最後の試合となった同年に行われた近鉄との日本シリーズ第7戦(藤井寺球場)では、吉井理人から本塁打(この後、もう1打席回ったが、最終打席は三塁フライに終わった)を放ち、有終の美を飾った。中畑清 フレッシュアイペディアより)

  • 中畑清

    中畑清から見たスポーツニッポン

    引退後は日本テレビ、ラジオ日本、スポーツニッポンの野球解説者、評論家を経て、から巨人の監督に復帰した長嶋監督の下で打撃コーチに就任。中畑清 フレッシュアイペディアより)

  • 中畑清

    中畑清から見たニッポン放送

    しかし、前年好調だった打撃陣が一転して1993年はチーム打率がリーグ最下位に終わり、駒田の横浜へのFA移籍にあたり中畑との確執が噂されたこともあってコーチとしての評価は高くないまま終わった。それでもには一塁ベースコーチを担当し、ムードメーカーの役割に徹して日本一に貢献した。同年オフに退団。その後は再び日本テレビ、ラジオ日本、スポーツニッポン野球解説者・評論家となり(ニッポン放送解説者を務めた時期もある)、日本テレビではスポーツニュースのキャスターも務めた。中畑清 フレッシュアイペディアより)

  • 中畑清

    中畑清から見たバップ

    十和田丸(1984年、バップ、VAP 10170-07) 作詞作曲は吉幾三。 b/w「酒、夜、時々…雨」中畑清 フレッシュアイペディアより)

  • 中畑清

    中畑清から見たアール・エフ・ラジオ日本

    引退後は日本テレビ、ラジオ日本、スポーツニッポンの野球解説者、評論家を経て、から巨人の監督に復帰した長嶋監督の下で打撃コーチに就任。中畑清 フレッシュアイペディアより)

  • 中畑清

    中畑清から見た横浜スタジアム

    、監督復帰した藤田により三塁への再コンバートが試みられたが、シーズン序盤、甲子園での試合中に牽制球で一塁に戻った際に指を痛め、長期戦線を離脱。その間に三塁は一塁から岡崎郁が、また一塁も外野から駒田徳広が定着したこともあり、定位置を失った中畑はこの年終盤に早々と引退を表明した。リーグ優勝を決めた試合(大洋戦・横浜スタジアム)で二塁打を放った際に球場に起こったウェーブについて、自分が日本の球場で最初に起こしたもの、と発言している。現役最後の試合となった同年に行われた近鉄との日本シリーズ第7戦(藤井寺球場)では、吉井理人から本塁打(この後、もう1打席回ったが、最終打席は三塁フライに終わった)を放ち、有終の美を飾った。中畑清 フレッシュアイペディアより)

  • 中畑清

    中畑清から見た横浜DeNAベイスターズ

    現役時代は巨人で活躍し、巨人軍第45代4番打者を務めた。日本プロ野球選手会初代会長。2004年アテネオリンピック野球日本代表監督。2012年より横浜DeNAベイスターズ監督。中畑清 フレッシュアイペディアより)

  • 中畑清

    中畑清から見た三塁手

    当時巨人は王貞治、張本勲、土井正三、高田繁らが現役で活躍し選手層が厚かったため、入団後3年間は1軍での出番に恵まれなかったが、3年目オフのに開催された日米野球第1戦のシンシナティ・レッズ対巨人戦で、高田に代わって途中出場してレッズのクローザー、マリオ・ソトから2ランホームランを放った。この日は試合前、コンタクトレンズをなくして何も見えない状態だったが、妻が後楽園球場まで届けた新品のおかげでよく見えるようになったという。レッズ監督のスパーキー・アンダーソンは、長嶋に「あの三塁手(中畑)はハッスルしてファイティング・スピリットに溢れているのがいい。バッティングは荒削りだけど、ぜひ使うべきだ」と進言している。日米野球での活躍がきっかけとなり、に一軍に定着。三塁手の高田が怪我で離脱した際に先発で起用され、高田の復帰後もレギュラーを守った。この年の新人王の資格もあったがシーズン終盤で骨折し、新人王はならなかった。中畑清 フレッシュアイペディアより)

141件中 81 - 90件表示

「中畑清」のニューストピックワード