158件中 41 - 50件表示
  • 妙音寺 (和歌山県有田川町)

    妙音寺 (和歌山県有田川町)から見た有田市有田市

    妙音寺は日蓮正宗の末寺である。現住職(代表役員)も日蓮正宗の僧侶(有田市の福生寺住職が兼務)である。また、総代(責任役員)も日蓮正宗の信徒(福生寺)であり、土地建物も妙音寺の所有するところである。ただし裁判所の元住職の地位保全の決定によって、存命中は妙音寺を占有することは認められているため、何らかの理由で退去しない限りは、日蓮正宗は妙音寺においては宗教活動をすることはできない状態である。妙音寺 (和歌山県有田川町) フレッシュアイペディアより)

  • 上村美揮

    上村美揮から見た有田市有田市

    上村 美揮(うえむら みき、1986年3月6日 - )は、日本の元体操選手。和歌山県有田市出身。朝日生命体操クラブ所属。藤村女子高等学校、立教女学院短期大学卒業。上村美揮 フレッシュアイペディアより)

  • 有田市立箕島中学校

    有田市立箕島中学校から見た有田市有田市

    有田市立箕島中学校(ありだしりつ みのしまちゅうがっこう)は、和歌山県有田市箕島にある公立中学校である。有田市立箕島中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 南紀

    南紀から見た有田市有田市

    南紀と似た地域呼称に紀南があり、両者はしばしば混同されるが、これら2つは同じものではない。紀伊国領の大部分を近代以降引き継ぐ和歌山県の地域区分には、紀北・紀南の二分法と紀北・紀中・紀南の三分法との2つが用いられる。したがって、紀南とは南紀に対し下位の概念である。紀北・紀南の二分法は、藩政期の口六郡・両熊野という地域区分をほぼ引き継いだものである。紀北とは紀州北部の略とされ、有田郡ないし日高郡以北を指す。それに対し、紀南とは狭義には西牟婁郡(田辺市を含む)および東牟婁郡(新宮市を含む)を指し、二分法を採る場合には日高郡以南とする。紀中とは、第二次世界大戦後に地域開発上の要請から生じた新しい概念で、紀北と紀南の境となる有田郡(有田市を含む)と日高郡(御坊市を含む)を指す。南紀 フレッシュアイペディアより)

  • 和歌山県道174号箕島停車場線

    和歌山県道174号箕島停車場線から見た有田市有田市

    和歌山県道174号箕島停車場線(わかやまけんどう174ごう みのしまていしゃじょうせん)は、箕島駅から和歌山県有田市箕島に至る一般県道である。和歌山県道174号箕島停車場線 フレッシュアイペディアより)

  • 和歌山県道173号有田港線

    和歌山県道173号有田港線から見た有田市有田市

    和歌山県道173号有田港線(わかやまけんどう173ごう ありだこうせん)は、有田港から和歌山県有田市箕島に至る一般県道である。和歌山県道173号有田港線 フレッシュアイペディアより)

  • 寺西貞弘

    寺西貞弘から見た有田市有田市

    大阪府摂津市生まれ。1978年関西大学文学部史学科(日本古代史)卒業、1983年同大学院博士課程後期課程満期退学、89年「古代天皇制史論 皇位継承と天武朝の皇室」で文学博士。1984年11月和歌山市立博物館学芸員。同館学芸課長、副館長、2002年館長、2015年有田市郷土資料館学芸員。寺西貞弘 フレッシュアイペディアより)

  • 海草郡

    海草郡から見た有田市有田市

    有田市の一部(初島町里・初島町浜)海草郡 フレッシュアイペディアより)

  • 湯浅簡易裁判所

    湯浅簡易裁判所から見た有田市有田市

    湯浅簡易裁判所(ゆあさかんいさいばんしょ)は、和歌山県有田郡にある日本の簡易裁判所の1つであり、有田市・有田郡の案件を処理する簡易裁判所である。湯浅簡裁(ゆあさかんさい)と略称されることもある。湯浅簡易裁判所 フレッシュアイペディアより)

  • 木下透

    木下透から見た有田市有田市

    1977年、和歌山県立田辺高等学校の3年の時、同校のエースとして第59回全国高等学校野球選手権大会の和歌山県予選に参加。決勝で同年春の第49回選抜高等学校野球大会を制した和歌山県立箕島高等学校と対戦する。この時、箕島のエース・東裕司は、初戦から連続無失点を記録していたが、大会直前に箕島高校のある有田市をコレラ渦が襲い、市内を消毒、不用意な外出を禁じられていたため、箕島は全体的に練習が不足していた。そのような事情もあったが、木下は箕島打線を9回まで零封、東もまた田辺を9回まで零封し連続無失点を42とした。しかし延長に入り10回表、3塁に走者を置いた田辺は東の暴投で均衡を破り、さらに1点を追加、木下がその裏も得点を許さず勝利した。木下に10回を5安打9三振に抑えられ、春夏連覇の夢が消えた箕島監督・尾藤公は「田辺の木下投手は完璧な投球をした。立派だった」と述べた。ただこの年は、奈良県と和歌山県の両県で1代表とする紀和大会があった最後の年で、奈良県を制した智弁学園高等学校と、代表の座を賭けて紀和大会に挑むことになった。智弁学園の山口哲治を攻め、1回表に1点を先制する。だが味方の4失策が響き逆転され、2回以降山口を打てず1-4で敗退し、甲子園出場はならなかった。木下は、同年秋のプロ野球ドラフト会議で読売ジャイアンツから2位指名を受け、翌年から入団することになった。木下透 フレッシュアイペディアより)

158件中 41 - 50件表示

「中紀のできごと」のニューストピックワード