前へ 1 2 3 4 5
45件中 1 - 10件表示
  • 2011年の日本競馬

    2011年の日本競馬から見た中舘英二中舘英二

    5日 - 【JRA】 第1回中山競馬第1日目第7競走(サラ系4歳以上500万円以下指定混合、ダート1200m、15頭立て)で、レッドキャタピラー(牡7歳、栗東:森秀行厩舎)に騎乗した中舘英二がJRA史上4人目、現役では3人目の通算1万6000回騎乗を達成した(結果は12着)。2011年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • ヒシアマゾン

    ヒシアマゾンから見た中舘英二中舘英二

    主戦騎手は中舘英二。デビュー2戦目と最終レースの有馬記念のみ、江田照男と河内洋がそれぞれ騎乗した。ヒシアマゾン フレッシュアイペディアより)

  • 加藤修甫

    加藤修甫から見た中舘英二中舘英二

    以後重賞勝利から遠ざかりながらも毎年二桁以上の勝利数を保ち、2006年2月を以て定年により調教師を引退した。活動中、馬のみならず厩舎に所属する騎手に最大限の機会を与える姿勢を貫き、安田富男、中舘英二、南田雅昭といった騎手を育てている。加藤修甫 フレッシュアイペディアより)

  • 中館英二

    中館英二から見た中舘英二中舘英二

    中館英二 フレッシュアイペディアより)

  • アサヒエンペラー

    アサヒエンペラーから見た中舘英二中舘英二

    東京優駿出走時には症状がかなり悪化しており、調教の様子を見た松山吉三郎(同レースでアサヒエンペラーと対戦したダイナガリバーを管理していた)が「あの脚でダービーに出られるのか」と疑問に感じ、さらにレース前で騎乗した中舘英二が返し馬(本馬場入場後のウォーミングアップ)の時に慌てふためくほどのハ行(歩様の異常)を呈していた。アサヒエンペラー フレッシュアイペディアより)

  • 9頭落馬事故

    9頭落馬事故から見た中舘英二中舘英二

    中舘英二 - 顔面挫傷、頸椎捻挫9頭落馬事故 フレッシュアイペディアより)

  • 松山康久

    松山康久から見た中舘英二中舘英二

    中舘英二(2012年1月1日 - 、騎手)松山康久 フレッシュアイペディアより)

  • アストンマーチャン

    アストンマーチャンから見た中舘英二中舘英二

    その後、NHKマイルカップ・優駿牝馬(オークス)は回避し春シーズンは休養。サマースプリントシリーズの第3戦・北九州記念で復帰し騎手も岩田康誠に乗り替わった。しかし先行馬には厳しい展開となり圧倒的1番人気であったが、見せ場なく6着に敗れた。その後、中舘英二を鞍上に迎えた第41回スプリンターズステークスでは大雨降り頻る不良馬場の中、スタートから果敢に逃げるとそのまま逃げ粘り古馬を抑え初めてのGI制覇を飾り、10月3日に発表された重賞・オープン特別競走レーティングでは112の評価を得た。その後は10月27日のスワンステークスに出走、前走同様、果敢に逃げたが距離延長が響いたのか最後は失速して14着に敗れた。なお香港スプリントに予備登録を行っていたが、10月23日に馬インフルエンザの影響で検疫期間が当初1ヶ月かかることが見込まれたことで回避することが発表された。スワンステークス後は放牧に出され、12月21日に帰厩した。アストンマーチャン フレッシュアイペディアより)

  • 1965年のスポーツ

    1965年のスポーツから見た中舘英二中舘英二

    7月22日 - 中舘英二(東京都、競馬)1965年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 増沢末夫

    増沢末夫から見た中舘英二中舘英二

    中舘英二 - 1984年にデビューした騎手。逃げ得意、ローカル得意など増沢と同様の特徴から「増沢2世」と呼ばれた。増沢末夫 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
45件中 1 - 10件表示

「中舘英二」のニューストピックワード