46件中 21 - 30件表示
  • 大西直宏

    大西直宏から見た中舘英二中舘英二

    親交のある騎手は吉田豊と中舘英二。理由は、吉田はマージャン仲間だからで、中舘は「1年を通じて騎乗する競馬場がほとんど一緒だから」とのこと。大西直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 増沢末夫

    増沢末夫から見た中舘英二中舘英二

    中舘英二 - 1984年にデビューした騎手。逃げ得意、ローカル得意など増沢と同様の特徴から「増沢2世」と呼ばれた。増沢末夫 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本競馬

    2010年の日本競馬から見た中舘英二中舘英二

    11日 - 【JRA】中山競馬第4競走の第4コーナー付近で三浦皇成の騎乗馬が外側へ斜行した影響により、9頭が相次いで落馬するアクシデントが発生。これにより内田博幸が左尺骨近位骨幹部骨折の負傷を負ったのを始め、蛯名正義、勝浦正樹、後藤浩輝、中舘英二、松岡正海の各騎手も落馬負傷し以後のレースが騎手変更に(馬は9頭とも異常なし)。これにより馬は第1位入線も失格となり、三浦は開催日4日間の騎乗停止処分を受けた。9頭の落馬はJRA史上最多記録となった。2010年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿戸雄一

    鹿戸雄一から見た中舘英二中舘英二

    馬事公苑を卒業後、1984年に久保田金造厩舎所属で騎手デビュー。同期は坂本勝美、中舘英二、出津孝一、木幡初広、谷中公一(谷中はデビュー1年遅れ)らがいる。鹿戸雄一 フレッシュアイペディアより)

  • グランリーオ

    グランリーオから見た中舘英二中舘英二

    初勝利は2003年2月2日、小倉競馬場での未勝利戦(ダート1700m)であった。前走から2戦連続で逃げの手に打って出たグランリーオは、中舘英二を背に4戦目で初勝利を挙げた。500万下への昇級後、同年3月30日の沈丁花賞(500万下、ダート1700m)を逃げて大敗して以降は、行きたがる気性を無理に抑え、控える競馬を続けていた。グランリーオ フレッシュアイペディアより)

  • アストンマーチャン

    アストンマーチャンから見た中舘英二中舘英二

    その後、NHKマイルカップ・優駿牝馬(オークス)は回避し春シーズンは休養。サマースプリントシリーズの第3戦・北九州記念で復帰し騎手も岩田康誠に乗り替わった。しかし先行馬には厳しい展開となり、圧倒的1番人気であったが見せ場なく6着に敗れた。その後、中舘英二を鞍上に迎えた第41回スプリンターズステークスでは大雨降り頻る不良馬場の中、スタートから果敢に逃げるとそのまま逃げ粘り古馬を抑え初めてのGI制覇を飾り、10月3日に発表された重賞・オープン特別競走レーティングでは112の評価を得た。その後は10月27日のスワンステークスに出走、前走同様果敢に逃げたが距離延長が響いたのか、最後は失速して14着に敗れた。なお香港スプリントに予備登録を行っていたが、10月23日に馬インフルエンザの影響で検疫期間が当初1ヶ月かかることが想定されたことで回避することが発表された。スワンステークス後は放牧に出され、12月21日に帰厩した。アストンマーチャン フレッシュアイペディアより)

  • レーヴディソール

    レーヴディソールから見た中舘英二中舘英二

    2010年9月11日のメイクデビュー札幌に中舘英二を鞍上に迎え、1番人気で出走。レースでは中団のインを追走し、最後の直線で先に抜け出したノーザンリバーを差し切って初勝利を挙げる。レーヴディソール フレッシュアイペディアより)

  • サクセスブロッケン

    サクセスブロッケンから見た中舘英二中舘英二

    2007年11月17日、第3回福島競馬9日目第2競走のサラブレッド系2歳新馬戦(ダート1700メートル)で、中舘英二が騎乗してデビューした。人気はクロフネ産駒のダンツファイナルに譲って2番人気だったものの、序盤から逃げの手に出て、2着以下に3秒1の大差をつける圧勝を見せた。サクセスブロッケン フレッシュアイペディアより)

  • 谷中公一

    谷中公一から見た中舘英二中舘英二

    馬事公苑長期騎手課程第32期生であり中舘英二や坂本勝美、木幡初広、出津孝一、鹿戸雄一らとは同期。馬事公苑最後の卒業者であるが、デビューは1年遅れて1985年となった(原因は、急性アルコール中毒に掛かってしまい、入院をした為)。美浦の阿部新生厩舎に所属し騎手デビュー。初騎乗は1985年3月10日、中山第4競走のヤノホウリュウで9頭立ての8着。同年6月15日、福島第1競走でイチノスキーに騎乗し初勝利を挙げた。谷中公一 フレッシュアイペディアより)

  • ツインターボ (競走馬)

    ツインターボ (競走馬)から見た中舘英二中舘英二

    7月に入り、良績を挙げていた福島競馬場で行われる七夕賞に出走。従来見られたスタートの遅さを解消するため、本競走からスタート巧者であり、逃げ戦法を得意とする中舘英二が鞍上に迎えられた。中舘自身、新馬戦からツインターボの走りに注目し、「一度乗ってみたい」と考えていたという。当日は福島競馬場の入場人員記録となる47391人が集まり、この中で中舘ツインターボは前半1000メートルを57秒4というハイペースで大逃げを打った。そのままゴールまで失速することなく、2着アイルトンシンボリに4馬身差を付けて逃げ切り、約2年ぶりの勝利を挙げた。中舘はこのときのレース振りを「僕は掴まっていただけ。馬が勝手に鮮やかに勝っちゃった」と語っている。ツインターボ (競走馬) フレッシュアイペディアより)

46件中 21 - 30件表示

「中舘英二」のニューストピックワード