45件中 31 - 40件表示
  • 第23回ワールドスーパージョッキーズシリーズ

    第23回ワールドスーパージョッキーズシリーズから見た中舘英二中舘英二

    横山典弘はこの年、通算2000勝を達成。また、悲願の東京優駿初制覇を成し遂げ、天皇賞(秋)も制覇。選考委員会で「顕著な活躍を認められた騎手」として特別枠より選出された。ただしこの年は特別枠選出による繰上げ出場騎手は関東3位の中舘英二ではなく関西3位の藤田伸二であった。第23回ワールドスーパージョッキーズシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • サクセスブロッケン

    サクセスブロッケンから見た中舘英二中舘英二

    2007年11月17日、第3回福島競馬9日目第2競走のサラブレッド系2歳新馬戦(ダート1700メートル)で、中舘英二が騎乗してデビューした。人気はクロフネ産駒のダンツファイナルに譲って2番人気だったものの、序盤から逃げの手に出て、2着以下に3秒1の大差をつける圧勝を見せた。サクセスブロッケン フレッシュアイペディアより)

  • 天間昭一

    天間昭一から見た中舘英二中舘英二

    1984年、3月に騎手免許を取得。同期には木幡初広、中舘英二、出津孝一、鹿戸雄一、谷中公一、坂本勝美各騎手らがいる。天間昭一 フレッシュアイペディアより)

  • レーヴディソール

    レーヴディソールから見た中舘英二中舘英二

    2010年9月11日のメイクデビュー札幌に中舘英二を鞍上に迎え、1番人気で出走。レースでは中団のインを追走し、最後の直線で先に抜け出したノーザンリバーを差し切って初勝利を挙げる。レーヴディソール フレッシュアイペディアより)

  • さんまのナンでもダービー

    さんまのナンでもダービーから見た中舘英二中舘英二

    また、森安騎手自身、JRAプロフィールの趣味の欄に「さんまのナンでもダービー準レギュラー」と書いており、思い入れは強かった。この他、当時若手騎手だった後藤浩輝、園田競馬場所属の若手ジョッキーだった木村健、ヒシアマゾンに騎乗してブレイクしていた中舘英二などがレースに参加したこともあった。さんまのナンでもダービー フレッシュアイペディアより)

  • グランリーオ

    グランリーオから見た中舘英二中舘英二

    初勝利は2003年2月2日、小倉競馬場での未勝利戦(ダート1700m)であった。前走から2戦連続で逃げの手に打って出たグランリーオは、中舘英二を背に4戦目で初勝利を挙げた。500万下への昇級後、同年3月30日の沈丁花賞(500万下、ダート1700m)を逃げて大敗して以降は、行きたがる気性を無理に抑え、控える競馬を続けていた。グランリーオ フレッシュアイペディアより)

  • 堺正幸

    堺正幸から見た中舘英二中舘英二

    日本ダービーやジャパンカップなどが行われる東京競馬場で、最後の直線を実況する際は「府中の直線500m!」というフレーズをよく使っていた。また、「騎手名+馬名」も彼オリジナルのフレーズといえる。例えば武豊がナリタブライアンに騎乗した時のレースでは「武ブライアン」、中舘英二がヒシアマゾンに騎乗した時のレースでは「中舘ヒシアマゾン」など。堺正幸 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦皇成

    三浦皇成から見た中舘英二中舘英二

    札幌競馬場の第2回開催において13勝をマークして開催リーディングを獲得。また福島競馬場第3回開催において14勝を挙げ中舘英二と勝利数で並んだが2着の差で上回り開催リーディングを獲得した。三浦皇成 フレッシュアイペディアより)

  • 谷中公一

    谷中公一から見た中舘英二中舘英二

    馬事公苑長期騎手課程第32期生であり中舘英二や坂本勝美、木幡初広、天間昭一、出津孝一、鹿戸雄一らとは同期。馬事公苑最後の卒業者であるが、デビューは1年遅れて1985年となった(原因は、急性アルコール中毒に掛かってしまい、入院をした為)。美浦の阿部新生厩舎に所属し騎手デビュー。初騎乗は1985年3月10日、中山第4競走のヤノホウリュウで9頭立ての8着。同年6月15日、福島第1競走でイチノスキーに騎乗し初勝利を挙げた。谷中公一 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本競馬

    2010年の日本競馬から見た中舘英二中舘英二

    11日 - 【JRA】 第1回中山競馬第4日第4競走で施行されたサラブレッド3歳新馬戦(ダート1800m、16頭立て)において、第4コーナー付近で三浦皇成騎乗のノボプロジェクトが外側へ斜行したため、フォルメン、オンワードオルデンなど合わせて9頭が相次いで落馬するアクシデントが発生した。これによりライラックパンチに騎乗していた内田博幸が左尺骨近位骨幹部骨折の負傷を負ったのを始め、蛯名正義、勝浦正樹、後藤浩輝、中舘英二、松岡正海の各騎手も落馬負傷し、その後のレースを他騎手に乗り代わることとなった(馬は9頭とも異常なし)。なおこのレースで落馬事故の原因を生じたとしてノボプロジェクトは第1位入線も失格となり、鞍上の三浦は開催日4日間の騎乗停止処分を受けた。9頭の落馬はJRA史上最多記録となった。→9頭落馬事故も参照。2010年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

45件中 31 - 40件表示

「中舘英二」のニューストピックワード