46件中 31 - 40件表示
  • サクラバクシンオー

    サクラバクシンオーから見た中舘英二中舘英二

    『優駿』が2012年に行った「距離別最強馬」アンケートでは、全6つのカテゴリーの中で唯一過半数の得票率を記録し、「1200メートル」でバクシンオーが1位となった。合わせてホースマンを対象行われたアンケートでは、17人のうち池江泰郎、池江泰寿、河内洋、国枝栄、小島太、四位洋文、鹿戸雄一、清水英克、田中勝春、中舘英二、松田国英、三浦皇成、矢作芳人の13名が1200メートルでバクシンオーを選定し、ほかアナウンサーの杉本清、評論家の井崎脩五郎が同様の投票をした。このうち三浦と矢作は産駒に占めるスプリンターの多さにも言及している。産駒がデビューした1998年から、死の翌年である2012年7月までに産駒が中央競馬の1200メートル戦で挙げた勝利数は655に上り、同期間で2位のフジキセキ(312勝)に2倍以上の差を付けている。サクラバクシンオー フレッシュアイペディアより)

  • ジョーカプチーノ

    ジョーカプチーノから見た中舘英二中舘英二

    3歳となっての初戦は、1月11日に中京競馬場で行われた未勝利戦に中舘英二を新たに鞍上に迎えて単勝1.3倍の1番人気で出走した。レースではスタートから逃げて最後の直線で追い上げてきたローレルセラヴィを半馬身差で抑えて逃げ切り勝ちを収め、デビュー4戦目にして初勝利を挙げた。初勝利後は1月31日に東京競馬場で行われた初の芝戦となるクロッカスステークスに格上挑戦で出走した。鞍上は引き続き中舘が騎乗となり、不良馬場の中、馬体重をマイナス14kgと減らし7番人気での出走で7着という結果に終わった。ジョーカプチーノ フレッシュアイペディアより)

  • 出津孝一

    出津孝一から見た中舘英二中舘英二

    馬事公苑第32期生(最終年)を卒業後、1984年3月栗東・服部正利厩舎所属騎手としてデビュー、同期騎手に中舘英二、坂本勝美、木幡初広、鹿戸雄一、谷中公一などがいる。同年3月11日初勝利を記録、また1年目より障害競走にも騎乗し、2年目となる1985年1月に障害初勝利を挙げている。出津孝一 フレッシュアイペディアより)

  • 馬事公苑

    馬事公苑から見た中舘英二中舘英二

    32期生(最終年) 中舘英二、出津孝一、鹿戸雄一、木幡初広、谷中公一、坂本勝美 他馬事公苑 フレッシュアイペディアより)

  • 木幡初広

    木幡初広から見た中舘英二中舘英二

    1965年、競走馬の育成を兼業する農家の長男として生まれる。少年期から預託馬に跨って調教の手伝いをして過ごし、中学校卒業後、日本中央競馬会の馬事公苑騎手養成長期課程に第32期生として入所した。同期には坂本勝美、中舘英二、出津孝一、鹿戸雄一、谷中公一(谷中はデビュー1年遅れ)などがいる。この翌年には千葉県印旛郡白井町(現・白井市)に競馬学校が開校、馬事公苑で養成された最後の世代となった。木幡初広 フレッシュアイペディアより)

  • アサヒエンペラー

    アサヒエンペラーから見た中舘英二中舘英二

    東京優駿出走時には症状がかなり悪化しており、調教の様子を見た松山吉三郎(同レースでアサヒエンペラーと対戦したダイナガリバーを管理していた)が「あの脚でダービーに出られるのか」と疑問に感じ、さらにレース前で騎乗した中舘英二が返し馬(本馬場入場後のウォーミングアップ)の時に慌てふためくほどのハ行(歩様の異常)を呈していた。アサヒエンペラー フレッシュアイペディアより)

  • 騎手招待競走

    騎手招待競走から見た中舘英二中舘英二

    外国から5名、地元・韓国から5名の10名によって3競走のポイントの合計で競う。日本からは第1回の2005年は中舘英二が参加して2位、第2回の2006年は菊沢隆徳が参加して4位、第3回の2007年は渡辺薫彦が参加して9位、第4回の2008年は村田一誠が参加して4位となっている。騎手招待競走 フレッシュアイペディアより)

  • 中山競馬場

    中山競馬場から見た中舘英二中舘英二

    2015年までは皐月賞当日に行われていたが、当日は例年福島開催(1回福島)が行われており、多くの若手騎手が若手騎手限定競走参戦のため福島で騎乗しており、若手騎手やローカルでの騎乗を中心と決めている騎手(例: 中舘英二騎手(現: 調教師))が参加できない問題点があった。このイベントの運営に強く関わっている騎手が福島で騎乗する場合も、午前中で福島での騎乗を切り上げて参加せざるを得ないケースがあった。前述のとおり2016年からは、2012年以降第3場開催がない4回中山(オールカマー当日)での開催になるため、神戸新聞杯や障害競走(通常午前中に実施)などで阪神への参戦がない限りは、少なくとも関東所属の若手騎手やローカルで活躍する騎手も参加可能になった。このため、障害競走に騎乗する騎手の一部は、同様に午前中の障害競走が終了した時点で阪神での騎乗を切り上げて参加せざるを得ないケースがある。中山競馬場 フレッシュアイペディアより)

  • さんまのナンでもダービー

    さんまのナンでもダービーから見た中舘英二中舘英二

    また、森安騎手自身、JRAプロフィールの趣味の欄に「さんまのナンでもダービー準レギュラー」と書いており、思い入れは強かった。この他、当時若手騎手だった後藤浩輝、園田競馬場所属の若手ジョッキーだった木村健、ヒシアマゾンに騎乗してブレイクしていた中舘英二などがレースに参加したこともあった。さんまのナンでもダービー フレッシュアイペディアより)

  • クロフネ

    クロフネから見た中舘英二中舘英二

    ダートでは日本競馬史上の最強馬とも評される。日本中央競馬会の広報誌『優駿』が2012年に読者へ行った「カテゴリー別最強馬」のアンケートでは、ダート部門で2位ホクトベガに3倍以上の差を付ける532票を集め、第1位に据えられた。生産者、騎手、調教師にもあわせてアンケートがとられ、回答者17人のうち松田国英、池江泰郎、池江泰寿、岡田繁幸、国枝栄、小島茂之、四位洋文、中舘英二、松永幹夫の9人がクロフネをダートの最強馬として挙げた。岡田は「アメリカのダートでも勝負できたかもしれないと思わせるほど、能力が高かった」と添えている。松田は「普通、ダート馬は勝ち気で人の言うことをあまり聞かないようなタイプが多いが、クロフネは精神的に余裕があって、おっとりしていた。精神面だけでなく、肉体面も立派な馬だった。フレンチデピュティ産駒らしい顎の張った馬で、だから飼い葉食いも良く、筋肉の盛り上がった雄大な馬体をしていた。だからといって、決してパワータイプという感じではなかった。素晴らしいスピードがあって、芝でも通用するダート馬だったと思う」と評した。クロフネ フレッシュアイペディアより)

46件中 31 - 40件表示

「中舘英二」のニューストピックワード