前へ 1 2 3 4 5 6 7
66件中 1 - 10件表示
  • 中舘英二

    中舘英二から見た調教師

    中舘 英二(なかだて えいじ、1965年7月22日 - )は日本中央競馬会(JRA)美浦トレーニングセンター所属の調教師、元騎手。騎手時代には3度の年度表彰を受賞したヒシアマゾンなどに騎乗し、GI級競走4勝、通算1869勝を挙げている。中舘英二 フレッシュアイペディアより)

  • 中舘英二

    中舘英二から見た岸朝子

    岸朝子 - 妻の叔母。料理評論家・記者。中舘英二 フレッシュアイペディアより)

  • 中舘英二

    中舘英二から見たエリザベス女王杯

    デビュー9年目を迎えた1992年、ブランドアートでフラワーカップを制し、重賞初勝利を挙げる。さらに翌1993年12月、ヒシアマゾンに騎乗して阪神3歳牝馬ステークスをレコードタイムで制し、GI競走初制覇を果たした。中舘と同馬のコンビは翌1994年にGI・エリザベス女王杯を含む重賞6連勝を達成。1995年には大きな獲得タイトルこそなかったものの、通年で戦線の中心を担う活躍を見せた。中舘英二 フレッシュアイペディアより)

  • 中舘英二

    中舘英二から見た増沢末夫

    デビュー4年目の1987年に、年頭から4か月間未勝利を記録するスランプに陥った。このとき加藤から「追い込み馬でも構わないから、どの馬でもどのレースでもハナ行ってみろ」と助言され、以来逃げ戦法を得意としている。「逃げの中舘」とのイメージを完全に定着させたのは、大逃げで人気を博したツインターボとのコンビで、この頃には同じく逃げを得意とした2000勝騎手・増沢末夫になずらえ、「増沢二世」とも称された。また、増沢は福島を大の得意としていたが、やはり中舘も福島を得意としており、毎年福島開催の最多勝を獲得している。また、関西圏の中京・小倉での活動も増やしており、ローカルを主戦場として以降、勝利の半数以上は関西馬で挙げている。中舘英二 フレッシュアイペディアより)

  • 中舘英二

    中舘英二から見た木幡初広

    1965年、東京都荒川区に生まれる。父は競馬関係者ではなかったが、競馬評論家・予想家の宮城昌康と親交があり、また母もパートタイムで中山競馬場内の馬券売り場に勤めるなど、競馬との繋がりを持つ家庭であった。中学校在学中に騎手を志し、その卒業後、中央競馬の騎手養成長期課程に第32期生として入所。この翌年から競馬会が千葉県白井市に競馬学校を開設したため、従来使用された東京都世田谷区の馬事公苑で養成された最後の世代となった。主な同期生には木幡初広、鹿戸雄一、出津孝一、谷中公一、坂本勝美らがいる。中舘英二 フレッシュアイペディアより)

  • 中舘英二

    中舘英二から見た鹿戸雄一

    1965年、東京都荒川区に生まれる。父は競馬関係者ではなかったが、競馬評論家・予想家の宮城昌康と親交があり、また母もパートタイムで中山競馬場内の馬券売り場に勤めるなど、競馬との繋がりを持つ家庭であった。中学校在学中に騎手を志し、その卒業後、中央競馬の騎手養成長期課程に第32期生として入所。この翌年から競馬会が千葉県白井市に競馬学校を開設したため、従来使用された東京都世田谷区の馬事公苑で養成された最後の世代となった。主な同期生には木幡初広、鹿戸雄一、出津孝一、谷中公一、坂本勝美らがいる。中舘英二 フレッシュアイペディアより)

  • 中舘英二

    中舘英二から見た出津孝一

    1965年、東京都荒川区に生まれる。父は競馬関係者ではなかったが、競馬評論家・予想家の宮城昌康と親交があり、また母もパートタイムで中山競馬場内の馬券売り場に勤めるなど、競馬との繋がりを持つ家庭であった。中学校在学中に騎手を志し、その卒業後、中央競馬の騎手養成長期課程に第32期生として入所。この翌年から競馬会が千葉県白井市に競馬学校を開設したため、従来使用された東京都世田谷区の馬事公苑で養成された最後の世代となった。主な同期生には木幡初広、鹿戸雄一、出津孝一、谷中公一、坂本勝美らがいる。中舘英二 フレッシュアイペディアより)

  • 中舘英二

    中舘英二から見た加藤修甫

    自身の回想によれば、養成所では「馬乗りが半端じゃなく下手で、超劣等生」であったが、当時の教官であった中俣修の叱咤激励を受けて努力を重ね、1984年に騎手免許を取得。2年次の厩舎実習を行った美浦トレーニングセンターの加藤修甫厩舎所属としてデビューを迎えた。中舘英二 フレッシュアイペディアより)

  • 中舘英二

    中舘英二から見た尚道子

    尚道子 - 妻の叔母。料理研究家。タコさんウインナーの発案者。中舘英二 フレッシュアイペディアより)

  • 中舘英二

    中舘英二から見た谷中公一

    1965年、東京都荒川区に生まれる。父は競馬関係者ではなかったが、競馬評論家・予想家の宮城昌康と親交があり、また母もパートタイムで中山競馬場内の馬券売り場に勤めるなど、競馬との繋がりを持つ家庭であった。中学校在学中に騎手を志し、その卒業後、中央競馬の騎手養成長期課程に第32期生として入所。この翌年から競馬会が千葉県白井市に競馬学校を開設したため、従来使用された東京都世田谷区の馬事公苑で養成された最後の世代となった。主な同期生には木幡初広、鹿戸雄一、出津孝一、谷中公一、坂本勝美らがいる。中舘英二 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
66件中 1 - 10件表示

「中舘英二」のニューストピックワード