66件中 41 - 50件表示
  • 中舘英二

    中舘英二から見たモチベーション

    ローカル開催での活躍が顕著である一方、重賞・GI級競走での勝利が、通算勝利数といった数字上の実績からは極端に少ないことも指摘される。これについて中舘は、「表舞台で重賞・クラシックに乗るか、それとも裏に回って数多く勝つか。ぼくは迷うことなく後者を選びました」と語っている。この背景には、2002年まで「1000勝騎手は調教師免許試験の第一次が免除される」という規定があったことが大きく関係しており、将来調教師を目指すに当たり「まさかその恩恵がなくなるとは思わなかったので」1000勝を達成するためにローカルを回るしかないと決意したという。大舞台を諦めてどのようにモチベーション保つのか、との問いに対しては、「確かにGIと未勝利戦での喜びの大きさは違うのかも知れないけど、どんなレースでもひとつ勝つと凄く嬉しいんです。乗り役は、1着でゴールを過ぎてから馬を止めるまでの間に、なんともいえない充実感にひたることができるんです」と語っている。中舘英二 フレッシュアイペディアより)

  • 中舘英二

    中舘英二から見た主戦騎手

    同年3月に初戦を迎え、5月6日にトドロキキングで初勝利を挙げる。しかし以後二度の騎乗停止処分を受けるなど精彩を欠き、初年度は7勝に終わった。しかし翌1985年は、加藤の後押しもあり39勝と躍進。さらに当年の秋から厩舎の期待馬であるアサヒエンペラーの主戦騎手を任された。しかし自身の騎乗ミスもあり皐月賞、東京優駿といった大競走でいずれも惜敗し、ファン・評論家などから批判を集める結果となった。のちに中舘は「あれがあったから、今もめげないで頑張れるんだと思います」と語っている。以後は騎乗数の少なさもあり、長らく年間20-30勝前後の成績で推移する中堅騎手として過ごした。中舘英二 フレッシュアイペディアより)

  • 中舘英二

    中舘英二から見た白井市

    1965年、東京都荒川区に生まれる。父は競馬関係者ではなかったが、競馬評論家・予想家の宮城昌康と親交があり、また母もパートタイムで中山競馬場内の馬券売り場に勤めるなど、競馬との繋がりを持つ家庭であった。中学校在学中に騎手を志し、その卒業後、中央競馬の騎手養成長期課程に第32期生として入所。この翌年から競馬会が千葉県白井市に競馬学校を開設したため、従来使用された東京都世田谷区の馬事公苑で養成された最後の世代となった。主な同期生には木幡初広、鹿戸雄一、出津孝一、谷中公一、坂本勝美らがいる。中舘英二 フレッシュアイペディアより)

  • 中舘英二

    中舘英二から見た福島記念

    オーバーザウォール(1998年 福島記念中舘英二 フレッシュアイペディアより)

  • 中舘英二

    中舘英二から見た福島競馬場

    2014年12月11日、JRAより2015年度新規調教師免許試験の合格が発表された。これに伴い、2015年1月25日を以って騎手を引退した(2015年の騎乗は、引退日の25日及び前日の24日のみであった)。25日には騎乗した中山競馬場で引退セレモニーが行われたが、後述する福島競馬場での功績が大きいことから、「福島競馬記者クラブ特別賞」を受賞することになり、引退後(調教師開業後)の2015年4月26日に授賞式が行われることになっている。中舘英二 フレッシュアイペディアより)

  • 中舘英二

    中舘英二から見たファルコンステークス

    カズサライン(2005年 ファルコンステークス中舘英二 フレッシュアイペディアより)

  • 中舘英二

    中舘英二から見た世田谷区

    1965年、東京都荒川区に生まれる。父は競馬関係者ではなかったが、競馬評論家・予想家の宮城昌康と親交があり、また母もパートタイムで中山競馬場内の馬券売り場に勤めるなど、競馬との繋がりを持つ家庭であった。中学校在学中に騎手を志し、その卒業後、中央競馬の騎手養成長期課程に第32期生として入所。この翌年から競馬会が千葉県白井市に競馬学校を開設したため、従来使用された東京都世田谷区の馬事公苑で養成された最後の世代となった。主な同期生には木幡初広、鹿戸雄一、出津孝一、谷中公一、坂本勝美らがいる。中舘英二 フレッシュアイペディアより)

  • 中舘英二

    中舘英二から見たツインターボ (競走馬)

    デビュー4年目の1987年に、年頭から4か月間未勝利を記録するスランプに陥った。このとき加藤から「追い込み馬でも構わないから、どの馬でもどのレースでもハナ行ってみろ」と助言され、以来逃げ戦法を得意としている。「逃げの中舘」とのイメージを完全に定着させたのは、大逃げで人気を博したツインターボとのコンビで、この頃には同じく逃げを得意とした2000勝騎手・増沢末夫になずらえ、「増沢二世」とも称された。また、増沢は福島を大の得意としていたが、やはり中舘も福島を得意としており、毎年福島開催の最多勝を獲得している。また、関西圏の中京・小倉での活動も増やしており、ローカルを主戦場として以降、勝利の半数以上は関西馬で挙げている。中舘英二 フレッシュアイペディアより)

  • 中舘英二

    中舘英二から見た阪神3歳牝馬ステークス

    ヒシアマゾン(1993年阪神3歳牝馬ステークス 1994年エリザベス女王杯など重賞9勝)中舘英二 フレッシュアイペディアより)

  • 中舘英二

    中舘英二から見た馬事公苑

    1965年、東京都荒川区に生まれる。父は競馬関係者ではなかったが、競馬評論家・予想家の宮城昌康と親交があり、また母もパートタイムで中山競馬場内の馬券売り場に勤めるなど、競馬との繋がりを持つ家庭であった。中学校在学中に騎手を志し、その卒業後、中央競馬の騎手養成長期課程に第32期生として入所。この翌年から競馬会が千葉県白井市に競馬学校を開設したため、従来使用された東京都世田谷区の馬事公苑で養成された最後の世代となった。主な同期生には木幡初広、鹿戸雄一、出津孝一、谷中公一、坂本勝美らがいる。中舘英二 フレッシュアイペディアより)

66件中 41 - 50件表示

「中舘英二」のニューストピックワード