21858件中 61 - 70件表示
  • 岡田克也

    岡田克也から見た中華人民共和国中華人民共和国

    日米同盟を基軸としながらも、中国重視の姿勢を見せている。2004年の党代表時代には国際貢献には積極的な姿勢をみせ、日本国憲法第9条を改正した上で国連を中心とした集団的安全保障への参加と武力行使を容認する姿勢を示した。これは前任の菅直人が提唱した穏健な国防・改憲議論とは一線を画すものであり、この路線は後任の前原体制にも引き継がれた。岡田克也 フレッシュアイペディアより)

  • フィリピン

    フィリピンから見た中華人民共和国中華人民共和国

    フィリピン共和国(フィリピンきょうわこく、、、) 通称フィリピンは、東南アジアに位置する共和制国家である。島国であり、フィリピン海を挟んで日本とパラオ、ルソン海峡を挟んで台湾、スールー海を挟んでマレーシア、セレベス海を挟んでインドネシア、南シナ海を挟んで中国およびベトナムと対する。フィリピンの東にはフィリピン海、西には南シナ海、南にはセレベス海が広がる。首都はマニラで、最大の都市はケソンである。国名のフィリピンは16世紀のスペイン皇太子フェリペからちなんでいる。フィリピン フレッシュアイペディアより)

  • バトルフィールド4

    バトルフィールド4から見た中華人民共和国中華人民共和国

    アゼルバイジャンで行われた作戦によって、アメリカ軍は亡命中のロシア軍人から、中国海軍の過激派?将軍が大規模クーデターを計画しており、その背後にはロシアの存在があるという情報を得る。時を同じくして、平和的発展を主張し中国の次期リーダーとして期待されていた人物、ジン・ジエが暗殺される。その背後には、アメリカの存在があったと疑われはじめたことで米中関係は急速に悪化、各地で混乱が発生する。バトルフィールド4 フレッシュアイペディアより)

  • 東芝

    東芝から見た中華人民共和国中華人民共和国

    6月30日 - 東芝ライフスタイルから映像事業を会社分割し、東芝映像ソリューション(前日に東芝メディア機器から商号変更)に承継すると同時に、白物家電事業を残した東芝ライフスタイル株式の80.1%を、約514億円で中国の美的集団(ミデアグループ)に譲渡。東芝 フレッシュアイペディアより)

  • 米中関係

    米中関係から見た中華人民共和国中華人民共和国

    米中関係(べいちゅうかんけい、中国語:中美?系)とは、アメリカ合衆国(アメリカ)と中華人民共和国(中国)の2国間の国際関係である。米中関係 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾

    台湾から見た中華人民共和国中華人民共和国

    これは、国共内戦を経て1949年に社会主義陣営の中国共産党率いる中華人民共和国が成立した後に発生した地域概念である。本来、「中国を統治する唯一の合法(正統)な国家」は中華民国のみであったが、中華人民共和国が成立したことにより、「中国を統治する唯一の合法(正統)な国家」を自称する2つの政治的存在が並立し、それぞれ台湾に対する権利を主張する事態となった。台湾 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山由紀夫

    鳩山由紀夫から見た中華人民共和国中華人民共和国

    鳩山 由紀夫(はとやま ゆきお、1947年(昭和22年)2月11日 - )は、日本の政治家。一般財団法人東アジア共同体研究所理事長、中国・西安交通大学名誉教授、アジアインフラ投資銀行国際諮問委員会委員、凱富能源集団名誉会長兼上席顧問。学位はPh.D.(スタンフォード大学・1976年)。鳩山由紀夫 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の国際関係

    日本の国際関係から見た中華人民共和国中華人民共和国

    近年において、政治家は、経済政策だけではなく安全保障政策において自衛隊の活動の場を広げることにおおむね意欲を示している。こうした状況は、ジョージ・H・W・ブッシュ米国大統領(当時)からの湾岸戦争への自衛隊派遣要請(自衛隊ペルシャ湾派遣)や1990年代(平成2年-平成11年)前半の自衛隊カンボジア派遣の成功が契機となった(詳しくは自衛隊海外派遣も参照)。こうした安全保障政策の転換は、国際関係の不安定要因(中華人民共和国(以下、中国)の台頭や朝鮮民主主義人民共和国(以下、北朝鮮)との政治的対立など)への反応によるものも一因であるということである。日本の国際関係 フレッシュアイペディアより)

  • 満州国・関東州の高等教育機関

    満州国・関東州の高等教育機関から見た中華人民共和国中華人民共和国

    1949年:中華人民共和国成立をうけ廃校となる。満州国・関東州の高等教育機関 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の政治

    2007年の政治から見た中華人民共和国中華人民共和国

    自由民主党元副総裁で、衆議院議員の山崎拓が中国と北朝鮮を訪問。事前に連絡が無かったことから与党・政権内からは批判の声が上がり、拉致問題に関しても進展は無かった。2007年の政治 フレッシュアイペディアより)

21858件中 61 - 70件表示