21858件中 71 - 80件表示
  • 北国の春

    北国の春から見た中華人民共和国中華人民共和国

    蒋大為(中華人民共和国・標準中国語) - 「北国之春」北国の春 フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦の影響

    第二次世界大戦の影響から見た中華人民共和国中華人民共和国

    ヤルタ体制の中で東欧諸国は否応なく、ウィンストン・チャーチルが名づけたところの「鉄のカーテン」の向こう側である共産主義体制に組み込まれることとなり、ドイツという共通の敵を失ったソビエトとアメリカ合衆国は、その同盟国を巻き込む形でその後1980年代の終わりまで半世紀近く冷戦という対立抗争を繰り広げた。また、フランスやイギリス、ソビエトなどの主要連合国はアメリカに倣い核兵器の開発・製造を急ぐこととなり、後に成立した中華人民共和国やインド、パキスタンなどがこれに続いた。第二次世界大戦の影響 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の気象・地象・天象

    2017年の気象・地象・天象から見た中華人民共和国中華人民共和国

    6月24日 - 中国四川省で大規模な土石流災害が発生した。10人が死亡し、93人が行方不明となった。2017年の気象・地象・天象 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年

    2013年から見た中華人民共和国中華人民共和国

    1月22日 - ロシアの小型衛星BLITSがスペースデブリに衝突。BLITSは衛星としての機能を喪失。当初は2007年1月11日に破壊された中国の気象衛星風雲1号Cの破片と思われていた。2013年 フレッシュアイペディアより)

  • 満州民族

    満州民族から見た中華人民共和国中華人民共和国

    満州民族(満洲民族、まんしゅうみんぞく、マンジュみんぞく)、満州族(満洲族、まんしゅうぞく、マンジュぞく、 、転写:manju uksura)は、満洲(中国東北部、沿海州など)に発祥したツングース系民族。古くは女真族といった。17世紀に現在の中国およびモンゴル国の全土を支配する清を興した。清朝では、民族全体が八つのグサ(=八旗)に組織され(=満洲八旗)、モンゴル人や漢人の八旗のメンバーとともに旗人とも呼ばれた。同系のツングース民族にオロチョン、ウィルタ、ナナイ、エヴェンキ、シベがある。中華人民共和国による民族識別工作では、蒙古八旗や漢軍八旗も含む「旗人の末裔」全体が「満族(まんぞく, マンズゥ)」に「識別」(=区分)され、「55の少数民族」のひとつとされた。2010年の中国の国勢調査では1,038万人とされ、「少数民族」としてはチワン族・回族に次ぐ人口である。満州民族 フレッシュアイペディアより)

  • 姉妹都市

    姉妹都市から見た中華人民共和国中華人民共和国

    神奈川県藤沢市と、中華人民共和国の昆明市 - 中国国歌作曲者聶耳の死没(海水浴中水死)地と生誕地姉妹都市 フレッシュアイペディアより)

  • 蓮舫

    蓮舫から見た中華人民共和国中華人民共和国

    行政刷新相を務めていた2010年9月14日、閣議後の記者会見で、尖閣諸島付近で起きた海上保安庁の巡視艇と中国籍の漁船の衝突事故に関連し、尖閣諸島について「領土問題であるから日本は毅然と対応する必要がある」と述べ、「東シナ海に領土問題は存在しない」とする政府の見解とは異なる見解を示したが、同日午後に「尖閣諸島は歴史的にも国際法上もわが国固有のものだ」と発言を修正した。蓮舫 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸物産

    神戸物産から見た中華人民共和国中華人民共和国

    1992年(平成4年)7月 - 中国の自社工場として大連福来休食品有限公司を中国遼寧省に設立神戸物産 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県

    沖縄県から見た中華人民共和国中華人民共和国

    尖閣諸島は同県石垣市に属しており日本が実効支配しているが、中華人民共和国および中華民国(台湾)は尖閣諸島(あるいは沖縄県全土)の領有権を主張している(参照1、参照2、および「尖閣諸島問題」、「中国人による沖縄県への認識」を参照)。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

  • 南京事件 (1937年)

    南京事件 (1937年)から見た中華人民共和国中華人民共和国

    しかし戦後、中華人民共和国では事件についてほとんど触れられることはなく、1982年の第一次教科書問題をきっかけに、人民日報が初めて「南京大虐殺」を解説したのは1982年8月であった。戦後の中華人民共和国刊行物での記載をみると、中共中央文献研究室編纂『毛沢東年譜』での1937年12月13日欄には、「南京失陥」(南京陥落)とあるだけで、全9冊で6000頁以上あるこの年譜では「南京大虐殺」に一言も触れていない。1957年の中学教科書(江蘇人民出版社)には南京大虐殺が書かれていたが、1958年版の『中学歴史教師指導要領』には「日本軍が南京を占領し、国民政府が重慶に遷都した」とあるのみで、60年版でも1975年版の教科書『新編中国史』の「歴史年表」にも虐殺について記載がない。遠藤誉によれば、毛沢東が虐殺について触れなかったのは、事件当時、中国共産党軍が日本軍とは、まともには戦わなかった事実や、国民党軍の奮闘と犠牲が強調されるのを避けたかったためという。南京事件 (1937年) フレッシュアイペディアより)

21858件中 71 - 80件表示

「中華人民共和国」のニューストピックワード