21858件中 81 - 90件表示
  • 靖国神社

    靖国神社から見た中華人民共和国中華人民共和国

    国家神道の代表的施設であり、日本の内閣総理大臣や国務大臣の公式参拝が、しばしば中華人民共和国や大韓民国から非難され国際問題化する(靖国神社問題を参照)。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • ネパール

    ネパールから見た中華人民共和国中華人民共和国

    東、西、南の三方をインドに、北方を中国チベット自治区に接する西北から東南方向に細長い内陸国である。国土は世界最高地点エベレスト(サガルマータ)を含むヒマラヤ山脈および中央部丘陵地帯と、南部のタライ平原から成る。ヒマラヤ登山の玄関口としての役割を果たしている。面積は約14.7万km。多民族・多言語国家であり、民族とカーストが複雑に関係し合っている。また、宗教もヒンドゥー教(元国教)、仏教、アニミズム等とその習合が混在する。ネパール フレッシュアイペディアより)

  • 関西国際空港

    関西国際空港から見た中華人民共和国中華人民共和国

    その後、航空需要の拡大と着陸料の値下げなどの効果もあり、2005年度から国内線は増加に転じ、2007年度まで増加を続けた。2005年11月15日には、利用客の累計が2億人の大台を突破した。1994年9月の開港から4,091日目(約11年2か月)での達成で、約14年9か月を要した成田国際空港のみならず、日本国内のどの空港よりも速かった。また、1億人に到達したのは開港から1,961日目(約5年5か月)であり、これも国内最速である。ただし、関西国際空港は成田国際空港より20年近くあとに開港しており、国際化の進展や、1990年代後半以降の極端な円高や格安航空会社の登場による海外旅行の一般化、主要な利用者である中華人民共和国や大韓民国の経済発展などにより、成田空港が開港した当時より航空需要が旺盛である事には留意する必要がある。業績を見ると、2000年度をピークに一時は発着回数・利用者数共に減少していたが、2004年度以降は回復して2007年度まで増加を続けた。関西国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年

    2016年から見た中華人民共和国中華人民共和国

    2015年に続き、フロリダ銃乱射事件、ブリュッセル爆発、アタテュルク国際空港襲撃事件、仏ニーステロ事件など、欧米を中心に各国でISILによるテロ行為が頻発し地政学上のリスクが顕在化した。また長引くシリア内戦から波及したアレッポなど混乱した中東情勢をめぐる複数国の対立、一帯一路政策を進める中華人民共和国による南沙諸島の人工島開発、北朝鮮核問題(日本海へのミサイル発射、水爆実験)など、国際的な緊張が高まりG7による伊勢志摩サミットでの主な議題となった。2016年 フレッシュアイペディアより)

  • 中国語

    中国語から見た中華人民共和国中華人民共和国

    中華人民共和国・中華民国・シンガポールの公用語であるほか、世界各国にいる華僑・華人たちの間で話されている。中国語を母語とする人は約12億人、第二言語としても約2億人が使用しているといわれており、世界最大の母語話者人口を有する。国際連合における公用語の一つ。中国語 フレッシュアイペディアより)

  • プントランドにおける石油採掘

    プントランドにおける石油採掘から見た中華人民共和国中華人民共和国

    中国海洋石油総公司(中海石油、CNOOC):中華人民共和国の石油会社。プントランド油田と直接の関係は無いが、ソマリア暫定政府と石油に関する交渉を行っている。プントランドにおける石油採掘 フレッシュアイペディアより)

  • コーカン

    コーカンから見た中華人民共和国中華人民共和国

    シャン州の北部に位置し、西はサルウィン川、東は中華人民共和国雲南省に接する国境地帯である。コーカン フレッシュアイペディアより)

  • 海南島事件

    海南島事件から見た中華人民共和国中華人民共和国

    海南島事件(かいなんとうじけん、、)は、2001年に海南島付近の南シナ海上空でアメリカ合衆国と中国の軍用機が空中衝突した事件である。中国側の戦闘機は墜落しパイロットが行方不明になり、アメリカ側の電子偵察機も損傷し海南島に不時着したものの中国側に身柄を拘束された。この事件のため一時的に米中関係の軍事的緊張が高まることとなった。海南島事件 フレッシュアイペディアより)

  • 石附健一

    石附健一から見た中華人民共和国中華人民共和国

    石附 健一(いしづき けんいち、1958年12月3日 - )は、日本の篤農家。農業生産法人株式会社かも有機米代表取締役、特定非営利活動法人NPO雪椿の里代表。中国江西省に海外進出をしている。石附健一 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国と中華民国との間の平和条約

    日本国と中華民国との間の平和条約から見た中華人民共和国中華人民共和国

    一般に日華条約、日華平和条約として知られている。1952年8月5日に発効。1972年の日中共同声明の合意により、日本と中華人民共和国は国交を樹立し、日本は中華人民共和国を中国の唯一の合法政府と承認したため、効力を失った。日本国と中華民国との間の平和条約 フレッシュアイペディアより)

21858件中 81 - 90件表示

「中華人民共和国」のニューストピックワード