448件中 41 - 50件表示
  • 中華人民共和国

    中華人民共和国から見た劉暁波

    服役中である著名な民主活動家(著作家)である劉暁波は2010年のノーベル平和賞の最有力候補に挙げられ、中国政府は不快感を示していた。そしてついに、中国政府はノルウェー・ノーベル賞委員会に対し、「劉暁波に授与すれば中国とノルウェーの関係は悪化するだろう」と圧力をかけ続けていた。しかしノルウェー・ノーベル賞委員会は圧力に屈することなく、2010年10月8日に、劉暁波に対しての授与を決めた。これは、中国国籍を有する中国人として初のノーベル賞である。またノーベル平和賞受賞が決まった劉暁波氏が中国共産党一党独裁の廃止を求めて起草した「08憲章」の署名者の1人で劉暁波氏の釈放を呼び掛けている北京映画学院教授の崔衛平が中国公安当局に連行されていたことも明らかになり中国に自由はないことを中国の自治区香港が立証している。中華人民共和国 フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国

    中華人民共和国から見た熊十力

    儒教は共産主義や毛沢東思想に真っ向から敵対するものとして文化大革命時に徹底弾圧され、熊十力などの新儒家の名士が自殺に追い込まれるなど徹底的に迫害され宗教としては事実上絶滅した。しかし、孔子生誕2555周年となった2004年以降、毎年9月28日に孔子の生誕を祝う祝典「孔子祭」が国家行事として執り行われ、論語を積極的に学校授業に取り入れるようになるなど儒教の再評価が進んでいる。孔子の故郷の山東省の曲阜三孔(孔府、孔廟、孔林)の古建築群はユネスコの世界文化遺産に登録されている。文化大革命期に徹底的に破壊された儒教関連の史跡及び施設(夫子廟など)も近年になって修復作業が急ピッチで行われている。また、北京オリンピックの開会式では論語が取り上げられた。中華人民共和国 フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国

    中華人民共和国から見た周恩来

    民間信仰には、民衆道教、シャーマン・シャーマニズム的信仰、アニミズム的信仰がある。またいくつかの新興宗教が存在し、1999年7月には、新興気功集団「法輪功」に対し、中華人民共和国政府は「迷信や邪説を流布して民衆をだまし、騒ぎを起こして社会の安定を破壊した」と断定、違法組織と認定し、一切の活動を事実上禁止した。それには毛沢東、周恩来をはじめとした中国の要人と独自のパイプを持つとされる創価学会も例外ではなく中国国内では布教をはじめとした一切の活動を禁じられている。中華人民共和国 フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国

    中華人民共和国から見た王岐山

    王岐山 - 序列第6位 中国共産党中央規律検査委員会書記 中華人民共和国 フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国

    中華人民共和国から見たダルフール紛争

    中華人民共和国政府は、人権抑圧国家と言われているスーダン、ミャンマー、ジンバブエ、イラン、北朝鮮などの国々との関係を深めている。例えばスーダンのダルフール紛争の大量虐殺に対する国際介入に反対する動きをとっている。また、近年になりイスラム過激派テロ組織に武器・弾薬を横流ししている疑惑が暴かれた。さらに、2011年夏に北朝鮮に長距離弾道ミサイル運搬用特殊車両を輸出していた(これは国連安保理決議違反である)ことも判明した。こうしたことから欧米諸国の知識人やマスコミは、中華人民共和国政府を「自由と人権の敵」として批判することが多い(詳細は中国の人権問題を参照)。中華人民共和国 フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国

    中華人民共和国から見た国際連合安全保障理事会

    中華人民共和国の外交において特筆すべきことは、中華人民共和国政府が中華民国政府と同時に自らを「『中国』の正統な政府」であると主張している点である。中華人民共和国は、冷戦構造の下、建国当初は完全に東側陣営に組み込まれていた。しかし、スターリン死後の中ソ対立を経て、1970年代初頭からアメリカを始めとする西側との関係の回復を果たし(ニクソン大統領の中国訪問も参照)、同時に中華民国に代わって国連安保理の常任理事国となった。また、冷戦下における西側諸国とソ連との対立関係の微妙なバランスの中で、「中国を代表する正当な政府は、中華民国ではなく中華人民共和国である」という既成事実を西側諸国の多くに確認させる一つの中国政策も成功を収めた。中華人民共和国 フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国

    中華人民共和国から見たイラク戦争

    中華人民共和国は湾岸戦争、アフガニスタン戦争、イラク戦争などで、アメリカ合衆国軍の軍事兵器や軍事システムや戦闘スタイルの革新による軍事的成果に影響されて、軍事兵器や軍事システムや戦闘スタイルの革新に力を入れている。軍備近代化を印象付ける出来事として2007年1月18日、中華人民共和国が過去に打ち上げ廃棄処分となっていた人工衛星を弾道ミサイルによって破壊する実験を行い成功した。この実験に対しNASAは、宇宙開発への危険性は無いもののこの手の実験に関する懸念を表明した。2007年2月21日には国連の宇宙空間平和利用委員会では宇宙空間での人工衛星破壊を禁止する法案が採択された。中華人民共和国 フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国

    中華人民共和国から見たクラッキング (コンピューター用語)

    しかしながら、Googleはかつて中国中央政府の"要請"で検閲に協力していたが、2009年12月にGoogleのサービスである『Gmail』が中国国内からハッキング攻撃を受けたとして、態度を急速に硬化、インターネット上での"フィルタリングサービス"を一方的に『解除』を宣言、中央政府との関係が悪くなった結果、Googleは中国から"移動"し、香港にてGoogle谷歌のサーバーを"稼働"させ、中央政府支配地域から"撤退"した。中華人民共和国 フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国

    中華人民共和国から見た司法

    中華人民共和国の司法に関してはいくつかの問題が内外から指摘されている。中華人民共和国の警察などでは中華人民共和国政府(中国共産党政府)を非難する者に対しては動きが敏速ですぐに逮捕を行い、密かに拷問での自白強要を行っているとも言われている。司法も裁判所の制度も日欧米の諸外国と大きく異なっている。死刑の場合は判決後数日以内と、迅速に決行されるケースが多い。控訴する権利は与えられてはいるものの実際に控訴で逆転できるパターンはわずかである。(中国の人権問題も参照)中華人民共和国 フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国

    中華人民共和国から見たロシア連邦宇宙局

    神舟7号が旧ソ連のソユーズと類似した設計が多いため、中国の宇宙開発技術はロシアから買い取った技術をベースにしていると思われるが、2006年12月26日にロシア連邦宇宙局長官アナトーリー・ペルミノフは今後は競合相手として中国への技術供与を制限していると答えており、現在中国は自力で宇宙開発技術を向上させている。中華人民共和国 フレッシュアイペディアより)

448件中 41 - 50件表示

「中華人民共和国」のニューストピックワード