63件中 11 - 20件表示
  • 中西 哲生

    中西哲生から見たWOWOW

    現在は、WOWOWスペインサッカーリーグ、CS放送などでのJリーグ中継解説を初め、TBSテレビ、日本テレビ、BS-i等に出演している。TBSラジオ「中西哲生のスポーツボンバー!」にも(2004年10月-2005年3月)司会者として出演した。中西哲生 フレッシュアイペディアより)

  • 中西 哲生

    中西哲生から見たサブウェイ

    2009年より日本サブウェイのサンドウィッチ親善大使に就任。2010年よりオリジナルサンドウィッチを期間限定販売している。なお、中西自身サブウェイのファンで、海外に行く際もサブウェイをわざわざ探したほどでもある。中西哲生 フレッシュアイペディアより)

  • 中西 哲生

    中西哲生から見た戸塚啓

    1997年には当時JFLからJリーグ昇格を目指した川崎フロンターレに移籍し、守備的な中盤(ボランチ)や後方(センターバック)にポジションを移して活躍。1998年のアビスパ福岡と戦ったJ1参入決定戦での敗退(J1参入決定予備戦)を経て、1999年には主将としてチームのJ2リーグ初優勝(=J1昇格)を果たす原動力になった。この年の暮れには、自身のホームページに連載していた日記を中心にまとめた『魂の叫び J2聖戦記』(金子達仁、戸塚啓と共著)を出版し、ベストセラーになった。中西哲生 フレッシュアイペディアより)

  • 中西 哲生

    中西哲生から見たアーセン・ベンゲル

    来歴でも記されるとおり、中西は年代を経るに従ってプレー位置を変えていった。名古屋時代は中盤、それも攻撃面で期待されており、ドラガン・ストイコビッチなどのアシストを受けてゴールを決める、あるいはサイドでの突破から逆に小倉隆史などによる攻撃を助けるなどの活躍を見せた。ただし、チーム内の競争が激しかったため、先発メンバーより後半途中から登場するスーパーサブという位置付けだった。また、当時から英会話の能力を持ち、アーセン・ベンゲル監督やストイコビッチなどの外国人スタッフとのコミュニケーションを行える存在だった。中西哲生 フレッシュアイペディアより)

  • 中西 哲生

    中西哲生から見たサンデーモーニング

    TBSテレビ「サンデーモーニング」ではコメンテーターとしてセミレギュラー出演しているが、「週刊御意見番」コーナーではサッカー関連の話題で、大沢啓二・張本勲に代わって「喝」と「あっぱれ」を入れることがあり、後述するホノルルマラソンで、「女性(久保田智子)に負けたという理由」で大沢と張本に「喝」を入れられたこともある。同番組では政治的な討論に参加する事もあり、「核を持たない抑止力を持つ事が重要」と語ったことがある。中西哲生 フレッシュアイペディアより)

  • 中西 哲生

    中西哲生から見た植田朝日

    植田朝日らと共同でClub Atletico Real Tokyo(クラブ・アトレチコ・レアル東京)の運営に携わり、監督兼任選手として活動している。中西哲生 フレッシュアイペディアより)

  • 中西 哲生

    中西哲生から見た西ヶ谷隆之

    自身のオフィシャルサイトでは、戸塚啓や名古屋時代の後輩である西ヶ谷隆之が日記を寄稿している。中西哲生 フレッシュアイペディアより)

  • 中西 哲生

    中西哲生から見た金子達仁

    1997年には当時JFLからJリーグ昇格を目指した川崎フロンターレに移籍し、守備的な中盤(ボランチ)や後方(センターバック)にポジションを移して活躍。1998年のアビスパ福岡と戦ったJ1参入決定戦での敗退(J1参入決定予備戦)を経て、1999年には主将としてチームのJ2リーグ初優勝(=J1昇格)を果たす原動力になった。この年の暮れには、自身のホームページに連載していた日記を中心にまとめた『魂の叫び J2聖戦記』(金子達仁、戸塚啓と共著)を出版し、ベストセラーになった。中西哲生 フレッシュアイペディアより)

  • 中西 哲生

    中西哲生から見たホノルルマラソン

    TBSテレビ「サンデーモーニング」ではコメンテーターとしてセミレギュラー出演しているが、「週刊御意見番」コーナーではサッカー関連の話題で、大沢啓二・張本勲に代わって「喝」と「あっぱれ」を入れることがあり、後述するホノルルマラソンで、「女性(久保田智子)に負けたという理由」で大沢と張本に「喝」を入れられたこともある。同番組では政治的な討論に参加する事もあり、「核を持たない抑止力を持つ事が重要」と語ったことがある。中西哲生 フレッシュアイペディアより)

  • 中西 哲生

    中西哲生から見たセレッソ大阪

    その後、2000年にはレギュラーの地位を失い、足の故障の悪化もあって、チームが1年でJ2に降格したのを動機に、一旦選手としての現役を引退。プロサッカー選手としての現役最終戦はセレッソ大阪のファーストステージ優勝を阻止した試合であった。中西哲生 フレッシュアイペディアより)

63件中 11 - 20件表示

「中西哲生」のニューストピックワード