前へ 1 次へ
10件中 1 - 10件表示
  • iVDR

    iVDRから見たHGSTHGST

    4月12日 日立GST、カートリッジHDDとアダプタ同梱製品「iS500AD」およびカートリッジHDD「iS500」単品について、同年4月後半からの販売開始を予定していると発表iVDR フレッシュアイペディアより)

  • 日立製作所

    日立製作所から見たHGSTHGST

    1月1日 - IBMのハードディスク事業部門を買収し、日立グローバルストレージテクノロジーズを設立日立製作所 フレッシュアイペディアより)

  • 相模野台地

    相模野台地から見たHGSTHGST

    相模野台地への大工場の進出は、上述の相模陸軍造兵廠や高座海軍工廠に始まる。戦後、これらの軍施設の一部が工場に転用され、あるいは新たに農地が買収されることによって大工場が相次いで進出した。また、相模原市などが積極的に工場誘致を進め工業団地の造成に努めたことから、戦後復興期から高度経済成長期を通じて大小多くの工場が相模野台地上に進出した。単独の大工場としては座間市の日産自動車(旧高座海軍工廠)や藤沢市のいすゞ自動車および荏原製作所など、また、相模原市緑区の大山工業団地(日本金属工業、セントラル自動車など。一部は中央区)や宮下(みやしも)地区(三菱電機など)、中央区の田名工業団地(三菱重工業、キャタピラージャパンなど)、南区の麻溝台工業団地(日産自動車など)、藤沢市の桐原工業団地(日本IBM,現・HGSTなど)が代表的である。その結果、相模原市や座間市は内陸工業都市として性格を併せ持つに至った。相模野台地 フレッシュアイペディアより)

  • シングル磁気記録方式

    シングル磁気記録方式から見たHGSTHGST

    2017年、HGSTはホストマネージ型のハードドライブのサンプル出荷を開始した。シングル磁気記録方式 フレッシュアイペディアより)

  • シーゲイト・テクノロジー

    シーゲイト・テクノロジーから見たHGSTHGST

    HGST(旧・日立グローバルストレージテクノロジーズ) - 日立のHDD事業とIBMのHDD事業を統合し設立。2012年、ウェスタンデジタルが買収し子会社化シーゲイト・テクノロジー フレッシュアイペディアより)

  • 東芝デバイス&ストレージ

    東芝デバイス&ストレージから見たHGSTHGST

    2012年(平成22年)にハードディスク全分野の製品の提供とストレージ事業のさらなる強化、またウェスタン・デジタルのHGST(旧・日立グローバルストレージテクノロジーズ、日立GST)買収(同年3月8日完了)に伴う寡占化対策としてウェスタン・デジタルからコンシューマ向け製品の一部の製造設備、知的財産とニアライン向け製品の一部の製造設備(HGSTの1TBプラッタの3.5インチドライブの製造設備及びウェスタン・デジタルの試験設備や知的財産の一部を取得し、東芝が取得するまでHGSTではその設備を用いた生産を継続)。それまで製造していた2.5インチ以下及びエンタープライズ向け3.5インチのハードディスクに加え、クライアント向け3.5インチのハードディスクの製造も開始した。東芝デバイス&ストレージ フレッシュアイペディアより)

  • ウェスタン・デジタル

    ウェスタン・デジタルから見たHGSTHGST

    2011年3月7日、日立グローバルストレージテクノロジーズ(日立GST・当時、現・HGST)の親会社であるヴィヴィティテクノロジーズ()の全株式を、その親会社である日立製作所より現金35億ドルおよびウェスタン・デジタル株2,500万株(7億5,000万ドル相当)で取得し、ウェスタン・デジタルの完全子会社とすることで合意、正式契約を締結したと発表した。なお、2009年10月14日にウエスタンデジタルはマレーシアサラワク州のHDD用円板基材(サブストレート)製造拠点を日立GSTに譲渡しており、近隣の日立GSTの製造拠点とともにウエスタンデジタルに回帰することとなった。また、日立GSTの前身はIBMのHDDハードディスク事業に日立の同事業を統合させたものであり、奇しくもかつて援助を求めたIBMの事業を手に入れることとなった。なお、日立GST統合後は日立製作所から2名が取締役として就任し、また日立GSTの現社長兼最高経営責任者(President & CEO)のスティーブ・ミリガンは社長(President)としてウエスタンデジタルの現社長兼最高経営責任者のジョン・F・コインは引き続き最高経営責任者として就任し続ける)、さらに日立製作所がウエスタンデジタルの発行済株式総数の10%ほどを保有することにより筆頭株主となる予定。ウェスタン・デジタル フレッシュアイペディアより)

  • 日立グループ

    日立グループから見たHGSTHGST

    日立グローバルストレージテクノロジーズ(現在のHGSTジャパン、関連会社の日立ストレージマニュファクチュアリングは日立グループである)日立グループ フレッシュアイペディアより)

  • 東芝

    東芝から見たHGSTHGST

    2012年(平成22年)にウェスタン・デジタルのHGST(旧・日立グローバルストレージテクノロジーズ、日立GST)買収(同年3月8日完了)に伴う寡占化対策としてウェスタン・デジタルからコンシューマ向け製品の一部の製造設備及び知的財産とニアライン向け製品の一部の製造設備(HGSTの1TBプラッタの3.5インチドライブの製造設備及びウェスタン・デジタルの試験設備や知的財産の一部、東芝が取得するまでHGSTではその設備を用いた生産を継続。)を取得し、それまで製造していた2.5インチ以下及びエンタープライズ向け3.5インチのハードディスクに加えクライアント向け3.5インチのハードディスクの製造も開始した。なお、ウェスタン・デジタルには東芝ストレージデバイス株式会社の子会社で2011年のタイにおける洪水で被災し休止している生産子会社の東芝ストレージデバイス・タイ社を譲渡(2009年に富士通より取得した製造拠点、ウェスタン・デジタルが取得した後の処遇は未定だが、人員はウェスタン・デジタルのタイにおける生産拠点に統合する予定。)した。前者の案件は「ハードディスク全分野の製品の提供」と「ストレージ事業のさらなる強化」のため、後者は「生産拠点の集約による効率化」のため、との発表を行った。東芝 フレッシュアイペディアより)

  • 富士通

    富士通から見たHGSTHGST

    不採算事業の為、2009年10月1日をもってドライブ事業は東芝へ、記憶媒体事業は昭和電工へ事業を譲渡した。なお、東芝に譲渡したタイの生産拠点(東芝ストレージデバイス・タイ社)がウェスタン・デジタル (WD)の日立グローバルストレージテクノロジーズ (現: HGST) の買収後にHGSTの3.5インチHDD製造設備等と引き換えにWDに譲渡されている。富士通 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 次へ
10件中 1 - 10件表示

「中西宏明」のニューストピックワード