前へ 1 2 3 4 5
46件中 1 - 10件表示
  • HGST

    HGSTから見た東芝

    2011年5月30日、欧州連合(EU)の欧州委員会(EC)が、ウェスタン・デジタルへの売却について徹底的な調査を開始すると発表した。この調査は本案件のほかに、韓サムスン電子が所有するHDD事業を米シーゲイト・テクノロジーに売却する案件についても実施された。これら一連の調査により、ウェスタン・デジタルへの売却時期は、当初予定されていた2011年9月から同年10月?12月期にずれ込むとされていたが、さらに2012年3月までに完了する見込みとさらにずれ込む見通しであることが発表された。また、ウェスタン・デジタルの事業規模拡大に伴って予想される3.5インチHDDの市場寡占化の懸念から、ウェスタン・デジタルは各国の独禁当局より設備の一部を売却するよう求められていた。これに対し、ウェスタン・デジタルは本買収案件の完了を前提に、自身の保有するコンシューマ向けHDDの製造設備の一部、および同HDD製品群に関わる知的財産、ならびにニアライン(エンタープライズ)向けHDDの製造設備の一部を東芝へ譲渡した上で、東芝より「東芝ストレージデバイス・タイ社」を取得する取引を行った。HDD事業においては専ら2.5インチ以下の製品を取り扱ってきた東芝は、この取引によって3.5インチ製品の新たなサプライヤーとなり、世界のHDD市場の全てに進出する足掛かりを整えた。最終的に日立GSTの売却は同年3月8日に完了し、「Hitachi Global Storage Technologies, Inc.」から「HGST, Inc.」に商号を変更、日本法人においても日本時間の同年5月7日、「株式会社日立グローバルストレージテクノロジーズ」から「株式会社HGSTジャパン」に商号を変更し、新会社として再スタートを切った。HGST フレッシュアイペディアより)

  • HGST

    HGSTから見た日立製作所

    かつては日立製作所傘下の企業で、社名は「日立グローバルストレージテクノロジーズ」(Hitachi Global Storage Technologies, Inc.)であったが、2012年5月にウェスタン・デジタルの傘下となってからは、同社の略称であった"HGST"を正式な社名として変更された。HGST フレッシュアイペディアより)

  • HGST

    HGSTから見たサムスン電子

    2011年5月30日、欧州連合(EU)の欧州委員会(EC)が、ウェスタン・デジタルへの売却について徹底的な調査を開始すると発表した。この調査は本案件のほかに、韓サムスン電子が所有するHDD事業を米シーゲイト・テクノロジーに売却する案件についても実施された。これら一連の調査により、ウェスタン・デジタルへの売却時期は、当初予定されていた2011年9月から同年10月?12月期にずれ込むとされていたが、さらに2012年3月までに完了する見込みとさらにずれ込む見通しであることが発表された。また、ウェスタン・デジタルの事業規模拡大に伴って予想される3.5インチHDDの市場寡占化の懸念から、ウェスタン・デジタルは各国の独禁当局より設備の一部を売却するよう求められていた。これに対し、ウェスタン・デジタルは本買収案件の完了を前提に、自身の保有するコンシューマ向けHDDの製造設備の一部、および同HDD製品群に関わる知的財産、ならびにニアライン(エンタープライズ)向けHDDの製造設備の一部を東芝へ譲渡した上で、東芝より「東芝ストレージデバイス・タイ社」を取得する取引を行った。HDD事業においては専ら2.5インチ以下の製品を取り扱ってきた東芝は、この取引によって3.5インチ製品の新たなサプライヤーとなり、世界のHDD市場の全てに進出する足掛かりを整えた。最終的に日立GSTの売却は同年3月8日に完了し、「Hitachi Global Storage Technologies, Inc.」から「HGST, Inc.」に商号を変更、日本法人においても日本時間の同年5月7日、「株式会社日立グローバルストレージテクノロジーズ」から「株式会社HGSTジャパン」に商号を変更し、新会社として再スタートを切った。HGST フレッシュアイペディアより)

  • HGST

    HGSTから見たウェスタン・デジタル

    HGST(エイチ・ジー・エス・ティー)は、ウェスタン・デジタル(Western Digital Corporation)傘下のハードディスクドライブ(HDD)メーカーである。HGST フレッシュアイペディアより)

  • HGST

    HGSTから見た富士通

    富士通 - 2009年、東芝へハードディスク事業を売却HGST フレッシュアイペディアより)

  • HGST

    HGSTから見たLGエレクトロニクス

    日立LGデータストレージ - 日立系の光学ドライブ(Optical Disc Drive、ODD)メーカー、LGエレクトロニクスとの合弁。HGST フレッシュアイペディアより)

  • HGST

    HGSTから見た中西宏明

    2008年4月17日、再建中のHDD事業に関する説明会を開催、再建の現状と今後の見通しを明らかにした。中西宏明 取締役兼CEO(当時。現・日立製作所代表執行役 執行役社長)は冒頭、「昨年夏ころから事業売却の噂があった。しかし日立製作所と話し合った結果、我々は自力で経営を立て直すことを決定した」と宣言。自力での再建を継続する意向を示した。HGST フレッシュアイペディアより)

  • HGST

    HGSTから見た川崎市

    アメリカ合衆国カリフォルニア州サンノゼに本社機能を担う本部を構える。日本法人は株式会社HGSTジャパン(HGST Japan, Ltd.)で、神奈川県小田原市(本社)、藤沢市、川崎市中原区および大阪府大阪市中央区に拠点を置く。HGST フレッシュアイペディアより)

  • HGST

    HGSTから見た欧州委員会

    2011年5月30日、欧州連合(EU)の欧州委員会(EC)が、ウェスタン・デジタルへの売却について徹底的な調査を開始すると発表した。この調査は本案件のほかに、韓サムスン電子が所有するHDD事業を米シーゲイト・テクノロジーに売却する案件についても実施された。これら一連の調査により、ウェスタン・デジタルへの売却時期は、当初予定されていた2011年9月から同年10月?12月期にずれ込むとされていたが、さらに2012年3月までに完了する見込みとさらにずれ込む見通しであることが発表された。また、ウェスタン・デジタルの事業規模拡大に伴って予想される3.5インチHDDの市場寡占化の懸念から、ウェスタン・デジタルは各国の独禁当局より設備の一部を売却するよう求められていた。これに対し、ウェスタン・デジタルは本買収案件の完了を前提に、自身の保有するコンシューマ向けHDDの製造設備の一部、および同HDD製品群に関わる知的財産、ならびにニアライン(エンタープライズ)向けHDDの製造設備の一部を東芝へ譲渡した上で、東芝より「東芝ストレージデバイス・タイ社」を取得する取引を行った。HDD事業においては専ら2.5インチ以下の製品を取り扱ってきた東芝は、この取引によって3.5インチ製品の新たなサプライヤーとなり、世界のHDD市場の全てに進出する足掛かりを整えた。最終的に日立GSTの売却は同年3月8日に完了し、「Hitachi Global Storage Technologies, Inc.」から「HGST, Inc.」に商号を変更、日本法人においても日本時間の同年5月7日、「株式会社日立グローバルストレージテクノロジーズ」から「株式会社HGSTジャパン」に商号を変更し、新会社として再スタートを切った。HGST フレッシュアイペディアより)

  • HGST

    HGSTから見たNASDAQ

    その後、2008年内に営業黒字を達成、その後も好調が続き日立製作所の連結決算にも大いに貢献したことから、2010年11月2日に日立製作所は日立GSTのNASDAQ上場準備を行っていることを発表した。記者会見の席上で、三好副社長は「日立GSTの業績が改善したことや、大規模な投資が必要なことが上場の背景にある。経営スピード向上のためにも株式公開が必要と判断した」と説明した。HGST フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
46件中 1 - 10件表示

「中西宏明」のニューストピックワード