46件中 31 - 40件表示
  • HGST

    HGSTから見たコンパクトフラッシュ

    Microdrive - 1インチ(コンパクトフラッシュサイズ)。生産は終了している。HGST フレッシュアイペディアより)

  • HGST

    HGSTから見たAdvanced Technology Attachment

    Deskstar - 3.5インチSATA。PATAモデルは流通在庫限りで終了。HGST フレッシュアイペディアより)

  • HGST

    HGSTから見たマイクロドライブ

    Microdrive - 1インチ(コンパクトフラッシュサイズ)。生産は終了している。HGST フレッシュアイペディアより)

  • HGST

    HGSTから見たハードディスク・レコーダー

    CinemaStar - 2.5/3.5インチSATA。超低騒音・低発熱・広範な動作温度範囲を特長とする。HDDレコーダや録画機能内蔵テレビ等のCE(コンシューマ エレクトロニクス)や、ビデオ監視装置などへの組込み用途向けに提供される製品であり、ランダムアクセス性能に比べシーケンシャルライト性能により重きを置いた設計となっている。徹底した省電力設計により、組込み先製品の消費電力削減に寄与する。省電力性とリードライト性能、静音性を高次元でバランスさせるべくディスク回転数を緻密に制御するCoolSpinテクノロジ、データストリーミング速度を最適化しながら同一システム内でのストリーミングアプリケーションとベストエフォートタスクを処理するSmoothStreamテクノロジなどの独自特長技術を搭載。HGST フレッシュアイペディアより)

  • HGST

    HGSTから見た藤沢市

    アメリカ合衆国カリフォルニア州サンノゼに本社機能を担う本部を構える。日本法人は株式会社HGSTジャパン(HGST Japan, Ltd.)で、神奈川県小田原市(本社)、藤沢市、川崎市中原区および大阪府大阪市中央区に拠点を置く。HGST フレッシュアイペディアより)

  • HGST

    HGSTから見たSerial Attached SCSI

    Ultrastar - SCSI/FC/SAS/SATA。ハイスペックワークステーション、各種サーバ、ディスクアレイシステム、ストレージシステム向け。HGST フレッシュアイペディアより)

  • HGST

    HGSTから見た社長

    しかし、一転して2011年3月7日、日立製作所は、同社100%出資のViviti Technologies Ltd.の全株式を、ウェスタン・デジタル(Western Digital Ireland, Ltd.)へ現金35億ドルおよびウェスタン・デジタル株2,500万株(7億5,000万ドル相当)で売却し、ウェスタン・デジタルの完全子会社とすることで合意、正式契約を締結したと発表した。ウェスタン・デジタルが日立GSTを統合した後は日立製作所からウェスタン・デジタルへ2名が取締役として就任し、また日立GSTの現社長兼最高経営責任者(President & CEO)のスティーブ・ミリガンは社長(President)としてウェスタン・デジタルの経営陣に加わり(ウェスタン・デジタルの現社長兼最高経営責任者のジョン・F・コインは最高経営責任者として就任し続ける)、さらに発行済株式総数の10%程度を保有することにより日立製作所がウェスタン・デジタルの筆頭株主となる予定。なお、この買収行為によって日立GSTがウェスタン・デジタルより取得したHDD用円板基材製造拠点は再びウェスタン・デジタルに帰属することとなった。ウェスタン・デジタルは過去にIBMに対し、一時的に技術支援を受けていたことがあり、GMRヘッドなどに代表されるIBMの技術の使用権を得て、同社の生産設備にもアクセスしていた。ウェスタン・デジタルは日立GST買収を通じ、かつて支援を仰いだ先のIBMから受け継がれてきた英知のすべてをもその手に収めることとなったのである。HGST フレッシュアイペディアより)

  • HGST

    HGSTから見たリテール

    個人顧客向けの販売形式には2パターンあり、RMA(製造会社による交換保障)が無いバルクパッケージ版製品と、HITACHIロゴ入りの化粧箱に梱包されRMA(3年間保証)が付加されたリテールパッケージ版製品とがある。HGST フレッシュアイペディアより)

  • HGST

    HGSTから見た巨大磁気抵抗効果

    しかし、一転して2011年3月7日、日立製作所は、同社100%出資のViviti Technologies Ltd.の全株式を、ウェスタン・デジタル(Western Digital Ireland, Ltd.)へ現金35億ドルおよびウェスタン・デジタル株2,500万株(7億5,000万ドル相当)で売却し、ウェスタン・デジタルの完全子会社とすることで合意、正式契約を締結したと発表した。ウェスタン・デジタルが日立GSTを統合した後は日立製作所からウェスタン・デジタルへ2名が取締役として就任し、また日立GSTの現社長兼最高経営責任者(President & CEO)のスティーブ・ミリガンは社長(President)としてウェスタン・デジタルの経営陣に加わり(ウェスタン・デジタルの現社長兼最高経営責任者のジョン・F・コインは最高経営責任者として就任し続ける)、さらに発行済株式総数の10%程度を保有することにより日立製作所がウェスタン・デジタルの筆頭株主となる予定。なお、この買収行為によって日立GSTがウェスタン・デジタルより取得したHDD用円板基材製造拠点は再びウェスタン・デジタルに帰属することとなった。ウェスタン・デジタルは過去にIBMに対し、一時的に技術支援を受けていたことがあり、GMRヘッドなどに代表されるIBMの技術の使用権を得て、同社の生産設備にもアクセスしていた。ウェスタン・デジタルは日立GST買収を通じ、かつて支援を仰いだ先のIBMから受け継がれてきた英知のすべてをもその手に収めることとなったのである。HGST フレッシュアイペディアより)

  • HGST

    HGSTから見た産経新聞

    会社発足後、数年間にわたり巨額の赤字を計上し続け、2007年12月30日には小型HDDの製造から撤退などの経営改善を行った結果、2008年3月27日に日立製作所の古川社長(当時)は産経新聞のインタビューで、HDD事業の黒字化の目処が立ったとし、事業売却や出資受け入れの必要はなく、単体での存続が可能となったとの見通しを示した。HGST フレッシュアイペディアより)

46件中 31 - 40件表示

「中西宏明」のニューストピックワード