中邑真輔 ニュース&Wiki etc.

中邑 真輔(なかむら しんすけ、1980年2月24日 - )は、日本のプロレスラー。京都府峰山町(現:京丹後市)出身。京都府立峰山高等学校、青山学院大学卒業。血液型A型。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「中邑真輔」のつながり調べ

  • ダニエル・ウィーラー

    ダニエル・ウィーラーから見た中邑真輔

    2017年4月3日、WWE・RAWにてドーソンと共に登場。ニュー・デイ(ビッグ・E & エグザビアー・ウッズ with コフィ・キングストン)と対戦。終盤にウッズを相手に手こずるがウッズがオーナー・ロールを仕掛けてきたところにカウンターでシャッター・マシーンを決めて勝利。試合後にはセコンドを務めていたコフィを襲撃した。同月14日、NXT Liveにてヒデオ・イタミ & 中邑真輔との対戦中に顎を負傷。長期欠場となる。(ダニエル・ウィーラー フレッシュアイペディアより)

  • 柴田勝頼

    柴田勝頼から見た中邑真輔

    中学時代は、バスケットボール部に所属。三重県立桑名工業高等学校時代は、「体を鍛えたい」という一心で、柔道かレスリングのどちらかを始めようとした結果、レスリング部に入部。このときに、後にプロレスラーとしてしのぎを削り、時には共闘することになる後藤洋央紀と初めて顔を合わせた。1997年全国高校生グレコローマン選手権81kg級に出場、2回戦で中邑真輔に敗れた。高校の恩師が永田裕志の後輩で、その恩師が四日市で新日本の試合がある時に石澤常光と一緒にレスリングの練習を見に来てくれるなど、プロレスラーと接触する機会があり、「これはかなわないな」と、ますますプロレスに傾倒。また、その頃のプロレス界はちょうど新日本とUWFインターの対抗戦が始まった頃であり、柴田は若手の闘いに魅力を感じた。(柴田勝頼 フレッシュアイペディアより)

「中邑真輔」のニューストピックワード