前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
148件中 1 - 10件表示
  • レッスルキングダム (プロレス興行)

    レッスルキングダム (プロレス興行)から見た中邑真輔中邑真輔

    (IWGPヘビー級三代目ベルト問題についてはIWGPヘビー級王座を参照)メインイベントは、中邑真輔(挑戦者)と、棚橋弘至(王者)のIWGPヘビー級王座選手権試合であった。このカードでの東京ドームの試合は、2005年1月4日の「闘魂祭り 〜WRESTLING WORLD 2005」のメインイベントIWGP・U-30無差別級選手権試合以来であった。新日本の将来を担う試合となり、中邑が自身2度目となるIWGPの載冠を果たした。レッスルキングダム (プロレス興行) フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見た中邑真輔中邑真輔

    また、年頭より中邑真輔、柴田勝頼らと共に将来を嘱望されている意味合いを込めて、新闘魂三銃士と会社から売り出されるようになったが、年齢やキャリア、性格も違う3人は三銃士という括りで縛られることに反発。10月1日後楽園大会にて初めてトリオを結成して試合に出場することになったが、最後は柴田がピンフォール負けを喫した。試合後、世代闘争を一時中断し、外敵撃退のため中邑と共に、上世代の天山、永田らと共闘を宣言。11月3日両国大会にて外敵・健介を相手にIWGPヘビー級王座を賭けたタイトルマッチに挑んだがノーザンライト・ボムに敗れた。12月11日大阪大会で中邑と共に健介 & 鈴木みのる組から勝利を収め、IWGPタッグ王座奪還に成功した。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • プロレス大賞

    プロレス大賞から見た中邑真輔中邑真輔

    年間最高試合賞(ベストバウト):オカダ・カズチカ×中邑真輔(8月10日/新日本・西武ドーム:G1 CLIMAX24 優勝決定戦)プロレス大賞 フレッシュアイペディアより)

  • CHAOS (プロレス)

    CHAOS (プロレス)から見た中邑真輔中邑真輔

    2009年4月5日、新日本プロレス両国国技館大会で行われた真壁刀義 vs 中邑真輔の試合中に矢野通が乱入し、同団体のヒール・ユニットであるG・B・Hに所属していた真壁と矢野だったが途中、矢野が真壁をイスで襲撃し中邑の勝利をアシスト。G・B・Hを離反し、中邑と結託した。CHAOS (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た中邑真輔中邑真輔

    2005年、G1公式リーグ戦2日目に対戦した対中邑真輔戦でアキレス腱断裂の重傷を負い長期欠場となった。この時期は新日本が最も低迷していた時期でもあり、真壁も一度は本気で引退を考えたが、友人の応援で現役を続行することを決める。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見た中邑真輔中邑真輔

    2016年3月27日のTAKAみちのく & タイチ戦で初公開。相手が片膝または膝立ちのときに放つヒップアタック。中邑真輔の滾りをオマージュした「ギタり」を経て繰り出していく。名前の由来も、中邑のフィニッシャーであるボマイェから。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 新日本プロレス

    新日本プロレスから見た中邑真輔中邑真輔

    2001年10月18日、新日本プロレス東京ドーム大会に秋山準が参戦。2002年1月4日、新日本プロレス東京ドーム大会に秋山準が参戦。4月7日、プロレスリング・ノア有明コロシアム大会に中西学、吉江豊が参戦。5月2日、新日本プロレス東京ドーム大会に三沢光晴が参戦。8月29日、新日本プロレス日本武道館大会にKENTA、橋誠が参戦。8月29日、新日本プロレス日本武道館大会に金丸義信、菊池毅が参戦。9月23日、プロレスリング・ノア日本武道館大会にエル・サムライ、成瀬昌由が参戦。2003年1月26日、プロレスリング・ノア神戸ワールド記念ホール大会に獣神サンダー・ライガー、金本浩二が参戦。5月2日、新日本プロレス東京ドーム大会に小橋建太が参戦。6月10日、新日本プロレス大阪府立体育会館に丸藤正道、鈴木鼓太郎が参戦。9月12日、プロレスリング・ノア日本武道館大会に永田裕志が参戦。11月30日、プロレスリング・ノア北海道立総合体育センターに永田裕志、棚橋弘至が参戦。12月6日、プロレスリング・ノア横浜文化体育館大会に永田裕志、棚橋弘至が参戦。2004年1月4日、新日本プロレス東京ドーム大会に杉浦貴が参戦。1月10日、プロレスリング・ノア日本武道館大会に永田裕志、棚橋弘至が参戦。2月15日、プロレスリング・ノア両国国技館大会に獣神サンダー・ライガーが参戦。3月6日、プロレスリング・ノア日本武道館大会に獣神サンダー・ライガーが参戦。4月28日、広島県立総合体育館大会に獣神サンダー・ライガーが参戦。5月21日、宮城県スポーツセンター大会に獣神サンダー・ライガーが参戦。7月10日、プロレスリング・ノア東京ドーム大会に獣神サンダー・ライガーが参戦。2005年5月14日、新日本プロレス東京ドーム大会に三沢光晴が参戦。7月18日、プロレスリング・ノア東京ドーム大会に棚橋弘至が参戦。2006年、当時、新日本プロレス代表取締役社長のサイモン・ケリー猪木がテレビ朝日と日本テレビとの間で取り決められていたバーター契約を一方的に白紙化としてプロレスリング・ノアより絶縁宣言を受ける(後に当時、プロレスリング・ノア渉外部長の仲田龍がバーター契約の存在を否定)。当時、新日本プロレスの親会社「ユークス」はプロレスリング・ノアに関する版権を借りられなくなり、プロレスをモチーフにしたテレビゲーム「レッスルキングダム」に登場していたプロレスリング・ノアの選手は次回作のテレビゲーム「レッスルキングダム2 プロレスリング世界大戦」に登場しなかった。2008年9月27日、プロレスリング・ノア大阪府立体育会館大会に高橋裕二郎、内藤哲也が参戦。2009年1月4日、新日本プロレス東京ドーム大会に三沢光晴、秋山準、杉浦貴、佐野巧真が参戦。5月5日、新日本プロレス後楽園ホール大会に森嶋猛、杉浦貴、青木篤志が参戦。5月6日、プロレスリング・ノア日本武道館大会に天山広吉、獣神サンダー・ライガー、金本浩二、岡田かずちか、が参戦。6月13日、三沢光晴が試合中に急死した際に新日本プロレスの選手が葬儀に参列。6月20日、新日本プロレス大阪府立体育会館第1競技場大会に杉浦貴、潮崎豪が参戦。10月12日、新日本プロレス両国国技館大会に小橋建太と秋山準が参戦。2010年1月4日、新日本プロレス東京ドーム大会に杉浦貴、潮崎豪、モハメド・ヨネ、丸藤正道が参戦。1月30日、新日本プロレス後楽園ホール大会に丸藤正道が参戦。3月5日、新日本プロレス後楽園ホール大会に丸藤正道が参戦。4月4日、新日本プロレス後楽園ホール大会に丸藤正道が参戦。5月3日、新日本プロレス福岡国際センター大会に丸藤正道が参戦。5月8日、新日本プロレスJCBホール大会に丸藤正道が参戦。6月19日、新日本プロレス大阪府立体育会館第1競技場大会に丸藤正道が参戦。8月22日、プロレスリング・ノア有明コロシアム大会に金本浩二、タイガーマスク(4代目)が参戦。8月28日、プロレスリング・ノア後楽園ホール大会に金本浩二、タイガーマスク(4代目)が参戦。11月23日、プロレスリング・ノア後楽園ホール大会に金本浩二、タイガーマスク(4代目)が参戦。12月24日、プロレスリング・ノアディファ有明大会に金本浩二、タイガーマスク(4代目)が参戦。2011年1月4日、新日本プロレス東京ドーム大会に杉浦貴、潮崎豪が参戦。8月27日、日本武道館で新日本プロレス、全日本プロレス、プロレスリング・ノアによる合同興行「ALL TOGETHER 東日本大震災復興支援チャリティープロレス」を開催。8月30日、新日本プロレス後楽園ホール大会に秋山準が参戦。2012年1月4日、新日本プロレス東京ドーム大会に丸藤正道、杉浦貴、潮崎豪が参戦。2月19日、仙台サンプラザホールで新日本プロレス、全日本プロレス、プロレスリング・ノアによる合同興行「ALL TOGETHE〜もう一回、ひとつになろうぜ〜」を開催。新日本プロレスG1 CLIMAX22に丸藤正道が参戦。9月9日、新日本プロレス東金アリーナ大会に秋山準が参戦。9月17日、プロレスリング・ノア大阪府立体育会館第1競技場大会に永田裕志が参戦。11月3日、プロレスリング・ノア後楽園ホール大会に天山広吉、小島聡が参戦。2013年1月19日、プロレスリング・ノア松山市総合コミュニティセンター大会に永田裕志、小島聡、渡辺高章が参戦。1月20日、プロレスリング・ノア博多スターレーン大会に永田裕志、小島聡、渡辺高章が参戦。1月22日、プロレスリング・ノア伊佐市体育センター大会に永田裕志、小島聡、渡辺高章が参戦。1月23日、プロレスリング・ノアサンアリーナせんだい大会に永田裕志、小島聡、渡辺高章が参戦。1月25日、プロレスリング・ノア宮崎市北部記念体育館大会に永田裕志、小島聡、渡辺高章が参戦。1月27日、プロレスリング・ノア大阪府立体育会館大会に永田裕志、小島聡、獣神サンダー・ライガー、タイガーマスク(4代目)、渡辺高章が参戦。2月9日、プロレスリング・ノア後楽園ホール大会に矢野通、飯塚高史、キャプテン・ニュージャパンが参戦。2月23日、プロレスリング・ノアディファ有明大会に矢野通、飯塚高史が参戦。2月24日、プロレスリング・ノアグリーンドーム前橋サブイベントエリア大会に矢野通、飯塚高史が参戦。3月10日、プロレスリング・ノア横浜文化体育館大会で矢野通&飯塚高史組が丸藤正道&杉浦貴組のGHCタッグ王座を獲得。4月14日、プロレスリング・ノア新潟市体育館大会に小島聡が参戦。5月12日、プロレスリング・ノア後楽園ホール大会に矢野通、飯塚高史が参戦。6月1日、プロレスリング・ノア広島産業会館西展示館大会に矢野通、飯塚高史、高橋裕二郎が参戦。6月2日、プロレスリング・ノア博多スターレーン大会に飯塚高史、高橋裕二郎が参戦。6月2日、プロレスリング・ノア博多スターレーン大会に矢野通が参戦。6月3日、プロレスリング・ノア大分イベントホール大会に矢野通、飯塚高史、高橋裕二郎が参戦。6月8日、プロレスリング・ノアナスキーホール・梅田大会に矢野通、飯塚高史が参戦。6月23日、プロレスリング・ノア三条市厚生福祉会館大会に永田裕志が参戦。6月30日、プロレスリング・ノア後楽園ホール大会に矢野通、飯塚高史、高橋裕二郎が参戦。7月7日、プロレスリング・ノア有明コロシアム大会に矢野通、飯塚高史が参戦。7月26日、プロレスリング・ノア新発田市カルチャーセンター大会に小島聡が参戦。7月28日、プロレスリング・ノア後楽園ホール大会で獣神サンダー・ライガー&タイガーマスク(4代目)組がGHCジュニアヘビー級タッグ王座を獲得。8月24日、プロレスリング・ノア後楽園ホール大会に中邑真輔、獣神サンダー・ライガー、タイガーマスク(4代目)が参戦。9月15日、プロレスリング・ノア佐世保市体育文化館大会に獣神サンダー・ライガー、タイガーマスク(4代目)が参戦。9月16日、プロレスリング・ノア博多スターレーン大会に獣神サンダー・ライガー、タイガーマスク(4代目)が参戦。9月22日、プロレスリング・ノア後楽園ホール大会に永田裕志、獣神サンダー・ライガー、タイガーマスク(4代目)、渡辺高章が参戦。10月5日、プロレスリング・ノア横浜文化体育館大会に中邑真輔、獣神サンダー・ライガー、タイガーマスク(4代目)、YOSHI-HASHIが参戦。11月8日、プロレスリング・ノア新潟市体育館大会に獣神サンダーライガー、タイガーマスク(4代目)が参戦。11月27日、プロレスリング・ノア後楽園ホール大会に永田裕志、獣神サンダーライガーが参戦。12月7日、プロレスリング・ノア有明コロシアム大会に永田裕志、獣神サンダー・ライガー、タイガーマスク(4代目)が参戦。2014年1月3日、新日本プロレスディファ有明大会に原田大輔、熊野準が参戦。1月19日、プロレスリング・ノア博多スターレーン大会に永田裕志、獣神サンダー・ライガーが参戦。1月20日、プロレスリング・ノアサンアリーナせんだい大会に永田裕志が参戦。1月22日、プロレスリング・ノア熊本市食品流通交流会館大会に永田裕志が参戦。プロレスリング・ノア大阪府立体育会館第2競技場大会に永田裕志、獣神サンダー・ライガーが参戦。2月8日、プロレスリング・ノア後楽園ホール大会に永田裕志が参戦。2月22日、プロレスリング・ノアディファ有明大会に永田裕志が参戦。3月8日、プロレスリング・ノア有明コロシアム大会に永田裕志、内藤哲也、矢野通、飯塚高史、YOSHI-HASHI、獣神サンダー・ライガーが参戦。3月21日、プロレスリング・ノア後楽園ホール大会に永田裕志、小島聡、獣神サンダー・ライガー、田中翔が参戦。4月20日、プロレスリング・ノア名古屋国際会議場大会に永田裕志が参戦。5月17日、プロレスリング・ノア後楽園ホール大会に永田裕志が参戦。6月13日、プロレスリング・ノア後楽園ホール大会に永田裕志が参戦。6月22日、プロレスリング・ノア大阪府立体育会館第2競技場大会に永田裕志、獣神サンダー・ライガーが参戦。7月5日、プロレスリング・ノア有明コロシアム大会に永田裕志が参戦。10月12日、プロレスリング・ノア横浜文化体育館大会に永田裕志、中西学、天山広吉、小島聡が参戦。11月24日、プロレスリング・ノア後楽園ホール大会に獣神サンダー・ライガー、タイガーマスク(4代目)が参戦。12月6日、プロレスリング・ノア有明コロシアム大会に天山広吉、小島聡、獣神サンダー・ライガー、タイガーマスク(4代目)が参戦。12月27日、プロレスリング・ノア後楽園ホール大会に永田裕志、天山広吉、小島聡が参戦。2015年1月4日、新日本プロレス東京ドーム大会に丸藤正道、シェイン・ヘイスト、マイキー・ニコルスが参戦。1月10日、プロレスリング・ノア後楽園ホール大会に小島聡が参戦。2月22日、プロレスリング・ノア後楽園ホール大会に中西学、天山広吉、小松洋平が参戦。3月15日、プロレスリング・ノア有明コロシアム大会に中西学、天山広吉が参戦。7月18日、プロレスリング・ノア後楽園ホール大会〜8月5日、プロレスリング・ノアディファ有明大会まで中西学が参戦。10月4日、プロレスリング・ノア名古屋国際会議場大会に永田裕志、田中翔が参戦。10月16日、プロレスリング・ノア後楽園ホール大会〜11月8日、プロレスリング・ノア後楽園ホール大会まで小島聡が参戦。2016年5月20日、プロレスリング・ノア後楽園ホール大会〜7月16日、プロレスリング・ノア後楽園ホール大会まで矢野通が参戦。新日本プロレスG1 CLIMAX26に丸藤正道、中嶋勝彦が参戦。8月12日、新日本プロレス両国国技館大会に小峠篤司が参戦。8月14日、新日本プロレス両国国技館大会に潮崎豪、マイバッハ谷口、マサ北宮が参戦。9月10日、プロレスリング・ノア後楽園ホール大会〜9月23日、プロレスリング・ノア後楽園ホール大会まで矢野通が参戦。10月8日、プロレスリング・ノア後楽園ホール大会で邪道&外道(28代目)組がGHCジュニアヘビー級タッグ王座を獲得。10月8日、プロレスリング・ノア後楽園ホール大会にオカダ・カズチカ、矢野通、YOSHI-HASHIが参戦。10月10日、新日本プロレス両国国技館大会に丸藤正道、潮崎豪、マイバッハ谷口、中嶋勝彦、マサ北宮が参戦。10月11日、プロレスリング・ノア千葉ポートアリーナ・サブアリーナ大会〜10月21日、プロレスリング・ノア銚子市体育館大会まで矢野通が参戦。新日本プロレス第5回SUPER Jr. TAG TOURNAMENTに石森太二が参戦。10月22日、プロレスリング・ノアディファ有明大会に柴田勝頼、真壁刀義、本間朋晃、ジュース・ロビンソン、矢野通、邪道、外道が参戦。10月23日、プロレスリング・ノア横浜文化体育館大会に柴田勝頼、真壁刀義、本間朋晃、矢野通、邪道、外道が参戦。11月3日、プロレスリング・ノア後楽園ホール大会〜11月23日、プロレスリング・ノア後楽園ホール大会まで矢野通が参戦。12月24日、プロレスリング・ノア後楽園ホール大会に邪道、外道が参戦。新日本プロレス フレッシュアイペディアより)

  • キンシャサの奇跡

    キンシャサの奇跡から見た中邑真輔中邑真輔

    猪木が創立した新日本プロレスに所属していた中邑真輔は、必殺技の飛び膝蹴りを「ボマイェ」と呼んでいたが、WWE移籍後は「キンシャサ・ニー・ストライク」に改めた。アメリカでは「ボマイェ(殺せ)」という言葉が放送禁止用語にあたると云われ、デビュー戦当日に自分で新しい名前を決めたという。キンシャサの奇跡 フレッシュアイペディアより)

  • ボディスラム

    ボディスラムから見た中邑真輔中邑真輔

    中邑真輔は相手の体が表裏逆向きのリバース・パワースラムを開発。ボディスラム フレッシュアイペディアより)

  • アルヴィン・バーク・ジュニア

    アルヴィン・バーク・ジュニアから見た中邑真輔中邑真輔

    8月、G1 CLIMAXに初出場。中邑真輔、後藤洋央紀に勝利する快挙を遂げるも、最終戦のカール・アンダーソンに敗れ、予選落ち。6勝3敗(勝ち点12点)という好成績をマークした。アルヴィン・バーク・ジュニア フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
148件中 1 - 10件表示

「中邑真輔」のニューストピックワード