148件中 91 - 100件表示
  • 小橋建太

    小橋建太から見た中邑真輔中邑真輔

    『ひらめ筋GOLD』の「ハイパー騎馬戦チャンピオンズカップ」の出場要求を受けた時、秋山が出ないと聴くと、秋山の控え室に来て「準! お前出ろよ!」と言った。「その日は予定があるから」と秋山が断ると「準が出ないなら俺も出ないから!」と言い出した(秋山談)という。結局秋山も出ることになり、小橋、秋山、力皇、ムシキング・テリーというノア最強の布陣を組む。一試合目の新日本プロレス(天山広吉、タイガーマスク、棚橋弘至、中邑真輔)には勝利したが、次戦のWRESTLE-1(曙、プレデター、WRESTLEマスク1号、2号)には、曙の圧倒的な体格の前に押し切られ敗北した。この敗北に対し小橋は、「思った以上に悔しい」と語っている。小橋建太 フレッシュアイペディアより)

  • シェルトン・ベンジャミン

    シェルトン・ベンジャミンから見た中邑真輔中邑真輔

    2013年、ROHと再び再契約を交わす。4月にはハースとの一騎討ちを行う予定であったが、ハースが引退することを突如発表したため対戦は取り消しとなった。4月20日、新日本のRoad to レスリングどんたく 2013にて鈴木軍のTAKAみちのくが参戦を予告していたXとして登場、鈴木とタッグを組んで中邑真輔 & オカダ・カズチカ組と対戦し勝利した。以後、鈴木軍のメンバーとして活動を始め、5月3日には中邑が保持するIWGPインターコンチネンタル王座に挑戦するが敗北した。8月のG1 CLIMAXでは最終戦で中邑と対戦。ペイ・ダートで中邑から勝利を収めリベンジを果たし、9月29日神戸大会で再び中邑のIWGPインターコンチネンタル王座に挑戦するも、ボマイェでピンフォール負けを喫した。シェルトン・ベンジャミン フレッシュアイペディアより)

  • 峰山町

    峰山町から見た中邑真輔中邑真輔

    中邑真輔(プロレスラー)峰山町 フレッシュアイペディアより)

  • 丸藤正道

    丸藤正道から見た中邑真輔中邑真輔

    2012年1月4日、ANMUの潮崎とタッグを組み、東京ドーム大会「レッスルキングダム」に2年振りに出場。新日本プロレスの中邑真輔・矢野通組と対戦しこれに勝利する。丸藤正道 フレッシュアイペディアより)

  • バックブリーカー

    バックブリーカーから見た中邑真輔中邑真輔

    マット・ストライカーのオリジナル技。相手の背後から両肩に飛びつき両膝を相手の背中に押し当てて後方に倒れ込み、マットに打ちつけられた衝撃で相手の背中にダメージを与える技。CIMAのスーパードロルにも同型のバリエーションが存在する。カリート、アルベルト・デル・リオ、中邑真輔、プリンス・デヴィットなどが使用している。WWEなどではバックスタバーの名で使用する選手も多い。開発者であるストライカーは、ラングブロアーという名称で使用しており、プロレスリングZERO-ONE参戦時においては、ストライクと呼称されていた。バックブリーカー フレッシュアイペディアより)

  • ファレ・シミタイトコ

    ファレ・シミタイトコから見た中邑真輔中邑真輔

    3月、NEW JAPAN CUP(以下NJC)に初出場。15日、一回戦にて真壁と対戦しバッドラックフォールで真壁からピンフォール勝ちを収め、レッスルキングダム8のリベンジに成功する。その後、22日の二回戦で内藤哲也、23日の準決勝戦でシェルトン・X・ベンジャミンを破り決勝に進出し、同日行われた決勝戦で中邑真輔と対戦するも敗戦し準優勝に終わった。5月25日、BACK TO THE YOKOHAMA ARENAにて、内藤とシングルマッチで対戦し勝利する。そして同日行われたセミファイナルの試合終了後、ファレはIWGPインターコンチネンタル王座の防衛に成功した中邑の前に姿を現し、IC王座に挑戦の意思を示した。ファレ・シミタイトコ フレッシュアイペディアより)

  • ラ・ソンブラ

    ラ・ソンブラから見た中邑真輔中邑真輔

    2013年1月、日本で行われた新日本プロレス & CMLLの共催のイベントであるFantastica Mania 2013に参戦。同月19日、中邑真輔が保持するIWGPインターコンチネンタル王座に挑戦。最後にボマイェを決められ敗戦。同月20日、NWA世界ヒストリックミドル級王座を保持するドラゴン・ロホ・ジュニアに挑戦。パワーボムを中心に試合を組み立てるドラゴン・ロホ・ジュニアに対しフォール技を敢行。最後にスクールボーイで何度もフォールを奪い最後にバックドロップを決めて勝利。ベルトを奪取。2月、レイエス・デル・アイレに出場。同月15日、決勝にてボラドール・ジュニアと対戦。レフェリーのカウントの遅さにより業を煮やす両者であったが終盤に憤怒したボラドール・ジュニアによりマスクを剥がされるがボラドール・ジュニアがレフェリーを言い寄っている隙を突いて丸め込み勝利。優勝を飾った。5月31日、CMLLに参戦していた中邑真輔と再びIWGPインターコンチネンタル王座戦を行う。一進一退の攻防が続く中で最後にスクールボーイスープレックスを決めて勝利。ベルトを奪取。第5代王者に輝いた。7月、新日本プロレスのKIZUNA ROAD 2013に参戦。同月20日、中邑真輔とIWGPインターコンチネンタル王座戦を行う。終盤にブリランテドライバーを決めるカウント3を奪えず、スワンダイブボディアタックで追撃を試みるが ジャンピングニーで迎撃されるとジャンピングボマイェ、ボマイェと連続で決められ敗戦。ベルトを奪還された。9月13日、CMLL創立記念興行80. Aniversarioにてボラドール・ジュニアとマスカラ・コントラ・マスカラを行う。お互いに死力を尽くし、最後にムーンサルトプレスでの決着を予告するもコーナー最上段へ登ったところを頭部にハイキックを受けるが持ち堪えてボラドール・ジュニアを捕まえると雪崩式ファルコンアローを決めて勝利。試合後、マスクを取る事に躊躇っていたボラドール・ジュニアであったが決意するとマイクで自身との試合を健闘できたと述べるとマスクを取り、抱擁を交わした。ラ・ソンブラ フレッシュアイペディアより)

  • てんこもり (TEMPURA KIDZのアルバム)

    てんこもり (TEMPURA KIDZのアルバム)から見た中邑真輔中邑真輔

    公式ミュージック・ビデオにはCharisma.comも出演し、80年代風のテレビ番組を再現した内容となっているが、2015年1月25日にプロレスラーの中邑真輔とのコラボレーションしたミュージック・ビデオがYoutubeに公開され、こちらも話題になった。てんこもり (TEMPURA KIDZのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • アレン・ジョーンズ

    アレン・ジョーンズから見た中邑真輔中邑真輔

    2016年1月4日、WRESTLE KINGDOM 10にてIWGPインターコンチネンタル王座を保持する中邑真輔に挑戦すると同時に初対決が実現。お互いが得意とする蹴り技での応酬となり、試合中盤には中邑のフィニッシャーであるボマイェを掟破りで決めるが仕留めきれず、終盤には飛びつき腕ひしぎ十字固めから三角絞めに切り替えた中邑にスタイルズクラッシュを強引に決め、ブラディ・サンデーからカカト落としから雪崩式スタイルズクラッシュを狙うも切り返されると雪崩式ランドスライドを喰らい、そして後頭部にボマイェから正調のボマイェへと繋げられ敗戦した。同月5日、NEW YEAR DASH !!にてケニー・オメガと組んで中邑 & YOSHI-HASHIと対戦。試合終盤にYOSHI-HASHIにブラディ・サンデーを決めてKOし、中邑を孤立させると最後にオーバーヘッドキックを見舞うとケニーがリバースフランケンシュタイナーから片翼の天使を決めて3カウントを奪い勝利。試合後、ケニーと四方のコーナーへ登り勝利をアピールしているところに突如ケニーより背後から襲撃されると片翼の天使を喰らい、バックステージからBULLET CLUBのメンバー全員が登場すると一方的に殴られ続けた。ケニーよりBULLET CLUBから追放を告げられて一人リングに残されて立ち去っていくと観客より「AJスタイルズ」コールで励まされて立ち上がり、四方の観客席に向かって頭を下げ退場した。アレン・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 柴田勝頼

    柴田勝頼から見た中邑真輔中邑真輔

    中学時代は、バスケットボール部に所属。三重県立桑名工業高等学校時代は、「体を鍛えたい」という一心で、柔道かレスリングのどちらかを始めようとした結果、レスリング部に入部。このときに、後にプロレスラーとしてしのぎを削り、時には共闘することになる後藤洋央紀と初めて顔を合わせた。1997年全国高校生グレコローマン選手権81kg級に出場、2回戦で中邑真輔に敗れた。高校の恩師が永田裕志の後輩で、その恩師が四日市で新日本の試合がある時に石澤常光と一緒にレスリングの練習を見に来てくれるなど、プロレスラーと接触する機会があり、「これはかなわないな」と、ますますプロレスに傾倒。また、その頃のプロレス界はちょうど新日本とUWFインターの対抗戦が始まった頃であり、柴田は若手の闘いに魅力を感じた。柴田勝頼 フレッシュアイペディアより)

148件中 91 - 100件表示

「中邑真輔」のニューストピックワード